スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略~×キャリア~の座談会(9/16〆)

新卒向け。来週、意外にも戦略コンサルと中央官庁の話がまとめて聞ける小人数セミナーがあるようで、私も中を覗いてきます~。

9/16月曜応募締からの抽選、20金曜に財務省内の赤絨毯の先にある講堂で開催。

●BCGやMckを超す新卒最難関の戦略系コンサルティングファーム(倍率2,000倍とアナウンサー級)→ドリームインキュベータ(DI)

●多彩な業務経験先と、予算・税制・国債・国際金融等における権限を持ち、官邸からの信頼も厚いスーパー省庁のひとつ(倍率100~200倍)→財務省

それぞれの採用担当同士の個人的繋がりとアイデアから生まれた期間限定セミナー

詳細は以下みたいな感じ。
http://www.mof.go.jp/about_mof/recruit/mof/briefing/index.htm

■ドリームインキュベータ(DI)&財務省合同セミナー
財務省と戦略コンサルティングファームのドリームインキュベータ(DI)が合同セミナーを開催します。
官民を問わず日本の経済成長・産業発展に貢献する財務省とDIの業務内容や日本経済への貢献についてお話しします。
職員と少人数でお話しいただける座談会も開催します。
・日 時:9月20日(金) 17時00分~19時30分
・内 容:DI業務説明・財務省業務説明・座談会
・会 場:財務省本省 4階講堂
・予 約:必要事項を記入の上、mofrecruit@mof.go.jpまでメールにてお申し込みください。(応募者多数の場合は抽選となります)
・予約締切:9月16日(月)20:00
・必要事項:(1) 氏名(ふりがな)        
      (2) 学校・学部・学年
      (3) Eメールアドレス
      (4) 緊急連絡先(携帯電話番号)
スポンサーサイト

no title

この手の仕事は苦手だ、あの人とは相性があわない

など好き嫌いの感情はあると思う

私もある

だけど

感情による『観察の遮断』が判断を誤らせる、思考が鈍る、結果同じ過ちが起きる。

南欧に共通して見られる”大家族セーフティーネット”

南欧に共通して見られる”大家族セーフティーネット”

親族に失業者がいると、皆で彼・彼女を支える傾向があると。

(若年層の高失業率 → 労働組合に守られて収入安定な中高年が親族内にいる、という背景もあるのでしょうけれど。)

(12/7)財務省の主力メンバーと話せるゼミ(予約不要・服装自由)

さてさて師走になりましたね、就職活動シーズンとなりましたが体調には気をつけて◎

財務省採用チームさんからご連絡いただきました。よければ気楽にどうぞ。


財務省採用チームです!
中央省庁の一大イベント、【霞ヶ関OPENゼミ】のご案内です。

■■霞ヶ関OPENゼミ■■
12月6日(木)、7日(金)に、霞ヶ関の中央省庁が大規模な説明会を開催します。
財務省は12月7日(金)に、入省後20年以上の経歴を持つ職員が担当し、
豊富な経験をもとに、財務省の政策、仕事の魅力をお伝えします。

国の根幹を担う仕事をしている方々の話を聞いていただけるまたとない機会ですので、
民間就活をメインで考えている方でも勉強になるはずです。是非お越し下さい!
------------------------------------------------------------------
日時:12月7日(金)
 第一回 10:15~11:45 主税局企画官 中村英正 (平成 3年入省)
 第二回 13:30~15:00 国際局次長  浅川雅嗣 (昭和56年入省)
 第三回 16:00~17:30 主計局主計官 神田眞人 (昭和62年入省)
 第四回 18:00~19:30 若手職員との座談会+省内見学ツアー
会場:財務省本省 講堂(4階)
※正門(東門・経済産業省側入り口)にて、学生証を提示してお入り下さい。
※予約不要、服装自由、途中入退室可
※参加回数に制限はありません。
------------------------------------------------------------------
職員の経歴等につきましては、こちら↓(財務省新卒採用Facebook)をご覧下さい。
http://www.facebook.com/mofrecruit.sougou
(「いいね」を押していただくと、今後も情報が
 皆様のタイムラインに表示されるようになります。)

また12月に入り、マイページを開設しました。
登録はこちら↓
https://mof.webentry.jp/
イベント、説明会情報等をお届けしていきます。

それでは、霞ヶ関OPENで皆様にお会いできるのを楽しみにしています♪

財務省大臣官房秘書課
採用担当
==========以上案内文==========

ケーキなら0%、ビスケットなら20%、お上とたたかう英国小売の話

四方山話ながらなかなか興味深い記事です

チョコを片面塗ったビスケットにしか見えないが…ケーキと言う判断をかけて、裁判で闘った某英国小売が、過払い税金を取り戻したという

一見へりくつですが、ロジックが通っていれば所轄官庁相手に裁判所相手に通せる、という好例


時間が経つとやわらかくなるのがビスケット
時間が経つとカタくなるのがケーキ
これはかたくなる、だからケーキである、見栄えが小さいだけ


引用元
毎日jp 発信箱:ケーキ? ビスケット?=福本容子(論説室)
http://mainichi.jp/opinion/news/20120427k0000m070134000c.html

めも。とらばーゆのとらねこさん。

おともだちのとらねこさんがいいこと言ってました。

以下、引用

彼氏ってさ、決してお互いに「何をしてくれない」「あれをしてくれない」と不満をぶつけ合う相手ではなくて、一緒にいて楽しかったり、それがまた仕事へのスパイスとなったり、そんな相乗効果を与え合える存在であるべきだと思わない? 

恋愛って、若い頃には駆け引きとかが面白かったりするけど、30代にもなってくると、その駆け引き自体が面倒臭くなる。もう、「信頼」と「愛」だけでいいって域に達するんだよね。
彼氏がいる人も彼氏がいない人も、いつでもアドバイスし合えるような素敵な人をパートナーに持ちなしゃんせ。

人間には男と女しかいないんだから、いい関係を築いてお互いに成長していくってのが、私たちの人生の中の一つのお仕事ってもんですよ。

(雑談)働いて自由になったはいいけど(お疲れ系社会人女子)

人は弱くなると自由を手放し誰かに隷属したくなる

『自由からの逃走』(エーリッヒ・フロム著)

一方で…、そんな心理が透けて見える女子ほど婚活が泥沼化しやすい


依存性の強い女子は、(めちゃ若くて遊ぶ分にはよいかもしれないが)わざわざ結婚して支えていくにはちょっと重いなぁ…(;´д`)=3


というオトコ心

彼が言うこと聞いてくれない…、その前に好かれる振る舞いを

Never explain - your friends do not need it, and your enemies will not you anyway
(説明は、しないこと、友達の間柄なら不必要だし、敵ならどうせ聞いて信じてくれないし)

以上、米国のとある作家より引用



ひとは好意的な人の話はよく聞くし、イマイチな人の話は聞き流すものですよね


論理的で明快な語り方は大事・前提なんだけど


好かれる(少なくとも嫌われない)振る舞いの大切さを


身にしみてわかること。

『この人の言うことなら…聞いてみるか、やってみるか♪( ´▽`)』

と思わせるのです


仕事で痛感する一方、恋愛でも…まだ十分に仲良くないのに/冷めはじめの関係なのに、
『わかってくれない(;´д`)=3』

→『私の正論』をこんこんと相手に説明
→双方うんざり、

の例をよく見ます


まずは日々の『好かれる振る舞い』から。遠回りのようできっと近道。そこまでする気が起きないのなら、別れを検討するのも一手です。

女の子が感情的にイライラ~怒ってしまったら肝に銘じたい3点

女の子のイライラを爆発させてしまったとき


付き合い長ければたまにはあるでしょう


もう聞く耳持たない状況、言い訳・説教で火に油!陥ることもあるでしょうが



とある右脳系保健カウンセラーとのディスカッションからは


『伝えたいことは伝えるべき、正しいタイミングを見ながら…』


1)生理日前後かを確認
(そのときは日をあらためる)


2)甘いものを口に入れてまずは落ち着けてから


3)それでも落ち着かないときは、寝て覚めて翌日に



論理的に(今後長くつきあうためにお互い気をつけたいことがある路線で)話しかけてあげよう。

優しさは大事、ただし相手の主張を全部鵜呑み…ばかりが方法の全てではない。


という感じで。寛容にね。

(書籍メモ)不動産評価の新しい潮流

投資ファンドが買収決定時迄におこなう際の

弁護士に頼む、法務DD
会計士に頼む、会計DD
自分たちもしくは戦略コンサルとともに行うビジネスDD(デューデリジェンス)
そして、不動産鑑定士に頼む、不動産鑑定評価

これの最新トピックが事例付きで載っててなかなかわかりやすい本です
読み物ではないので自腹で買うより経費で買うのに向いているかにゃあ

不動産評価の新しい潮流 改訂版

問い詰めちゃダメですにゃ

『なんで逃げるの?』…駅で問い詰める30代後半(推定)女子。



ああ…そのセリフ言ったらだめですにゃ…



なにがダメってオトコは(面倒だから)言わないけど、



あえていうなら、『自分の思い通りにならない理由や、自分の理解できない理由を、追及する姿勢』


それが生理的にダメなのだ。



大概そういうときは…



『話し合おうと言いながら、話し合う余地(感情的余裕)がない』お手上げ状態なことが多いから。




『なぜ?なぜ?なんで?』
徹底的に問い詰めて考え抜いて仕事になるのは戦略コンサルや理系研究職くらい?



恋愛においては、

問い詰めても問い詰めても、『自分の感情を落ち着かせる以外に対した効用がない』ことを肝に銘じよう。

プロボノとSocial ROI(稼げてなくても誰かの役に立っているよ)という考え方

『tapiokaさんですよね。blog読んでました!』
『私の世代の就活時期に複数の友人からこのblog薦められたんですよ』


もう4~5年も前だろうにこの拙いblog読者だった後輩に、偶然お会いして…有り難いお言葉をいただいた。


『tapioka先生、失礼しました(笑)』
『立派なプロボノじゃないですか(笑)』
周りの先輩にねぎらわれる(笑)



稼げてない仕事and/or趣味


であっても誰かの役に立ててるのかな♪ちょっとやるきでた( ´▽`)


さて【プロボノとは】

無償の社会貢献活動、みたいな意味で

例えばBCGやMckなどの戦略コンサルティング会社は、無償でグローバル大手の非営利団体(NPO/NGO)の経営支援プロジェクトをしたりする


(注1※これが案外、採用時のプラスイメージで、無償といいながら広告効果があったり…)

(注2※同業大手のBainはそんな2社を、お前ら有名どころばかりやり過ぎやと言ってみたり…)


大事なのは、支援やりっぱなしではなくて、ちゃんと結果がどうだったかの指標を持つこと

(この辺とりわけBainは力を入れているがそれはさておき)



例えば、寄付100ドルに対して現地に50ドルしか届かないNPOにコンサルして(オペレーション改善や間接コスト削減や)
結果、現地に75ドル届けられるような組織体制になりました、みたいな。



これが投資ファンド(企業買収するファンドやベンチャーキャピタルやヘッジファンドや…種類あるがまずは広い意味で)でも大事だよ


と業界の先輩は言う


純粋に収益を追い求めても、こういう情勢化で結果を出しにくい場合も多い。社会的に意義ある産業の支援であっても、それが

ROI(投資に対する収益・リターンの効率)と並行して

上記のプロボノみたいな社会的にこれだけ役に立ちましたよという指標を自分で持ち定点観測する、Social ROI(社会的な投資対効果)


という習慣を持つといいんじゃないかな

その結果、投資家からお金を(あるいは裕福な層から寄付を)引っ張り出すときの説得力にもなりやすい


仕事のみならず、なにかボランティア活動するときも、漫然とではなく、今日はこないだより効率アップした、今日はこないだより多く笑顔見れた



そんなSocial ROIを自分なりにもって接していけたらいいね、Blog頑張ってみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。