スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙への夢を文部科学省で

先輩が夢を貫いて進路を決めた

科学の方面の中の
それも宇宙関連の…

「ええっ!省庁に入るだけならまだしも、そんな狭い範囲にピンポイントに決まるか~?」

ご存じの方は多いだろうが、省庁のお仕事はとにかく幅が広く希望が通らないことが多い。

しかしそれを決めるだけの熱意が先輩にはあった

宇宙への夢というと、
大学受験の時点で航空宇宙工学系(東大・東工大・東北大・名古屋大・九州大など)を目指す…就職活動の時点で三菱重工業などを目指す…
というイメージが根深く、その道中で高倍率ゆえにあきらめてしまう人も多い

けれど

~重工業のようにロケットをつくる人もいれば、つくらせる人(→NASAみたいなポジション)だっている!

東大に進み、航空宇宙工学ではないし理学の宇宙物理系でもない…全く別のとある研究室から→日本のJAXAとの共同研究へ自分をねじ込み→省庁の希望部門へのピンポイント内定…

前例の無さ(NASA)や高倍率にも物怖じせず、切り開いた道、というか熱意。

…感銘を受けました



さらに話は続く

「これからは宇宙資源の時代が来る、アメリカだけじゃない、フランスも中国もロシアも、技術を磨いて虎視眈々狙っている」
「日本は遅れをとっているし、予算を削るのもナンセンス」


「なんで?」


「宇宙関連予算は大きそうに見えて年1800億円(JAXAの年間予算規模)程度しかない、アメリカNASAの10分の1規模!」


「日本に金がないから…?…違うかな」


「違う、予算を決める国の上層部に理解がない。たとえばJR東海のリニアプロジェクトは一兆円規模、他には…(以下略)」


「ええ!じゃあもっと宇宙関連事業にも回せるはずじゃん」


「そう、宇宙関連は金喰い虫かもしれないが、感情論で予算削ろうではなく数字で考えてほしい、重要なんだ…(中略)…俺はやる」


カッコいい…また働き出したら絶対話聞きに行かなきゃ◎

--------------

以下、ご参考までに
今週末に行なわれる宇宙関連のイベントです
http://scienceagora.stxst.com/
スポンサーサイト

テーマ : どうしたらいいんだろう・・・・ - ジャンル : 日記

外務省勤務は雑務が多いと聞くけど

大使閣下の料理人 (1) (講談社漫画文庫) 大使閣下の料理人 (1) (講談社漫画文庫)
西村 ミツル、かわすみ ひろし 他 (2004/09)
講談社
この商品の詳細を見る


この漫画、好きなんですよ☆
基本的に、料理漫画は好きなんですが

主人公・サブのキャラクターが魅力的
外交における歴史問題なども、重くない程度に含んでいる
で、その問題を料理を通して解決する

ただ美味しそうなだけでなく
読んでて、ちょっと役に立つ情報もありつつ
貧しいながらの家族愛とかハートウォーミングな話もありつつ・・・
ほんのわずかに恋の香りも・・・

------------

ところで読んでて気付いたんだけど
この1巻(コミックスで言うと2巻に相当)に

外交官がいかに雑務に振り回されているかの具体例があって、興味深かった。

・東南アジア視察時の(大臣がしゃべる)原稿作り
・空調調節、部屋割り調整、から
・現地にない日本のうどんを作れ!
・選挙区支持者へのハガキをおまえが書け!


などの雑務

なぜやるかと言われたら前例がそうなっているから
前例に背く、前例から外れると、出世に響くから

あー、そういえば・・・外務省の人が言ってた
”もちろん海外には頻繁に行くけど、雑務も多い”という言葉が腑に落ちた感じです

別に薦めてないわけじゃない
官僚は最近、薄給だし激務だし世間の風あたり強いし…
などの理由で人気が下がり気味みたいですが

うーん
たしかに激務は事実なんだけど
各種手当いろいろつくし
出世レースに敗れても、たいがいの省庁なら天下り先があるし

※普通は各省庁とも40代で残る人去る人が決まるのだけど、外務省は50代まで現役外交官だから働ける期間も長いとか
だから、長い目で見たら、損はないし、
そもそも直接国の役に立つ仕事じゃないか!


と思うのだ。


で、そんなん抜きにこの漫画は面白い、と思うのだ。
早く全部読みたい・・・


テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

経済産業省のエース、コンサルタントのエース

それはまだ経済産業省が通産省と呼ばれていた頃の話…
とかく入省一年目は不条理なことが多かった…


割り振られる仕事の8割が「組織維持のためのもの」


「はいこれ○○な様式に書き替えてコピー50部取ってきて」

「そのまま使える内容じゃないですか、なんで書き直すんですか」

「あの上司がそういうの望むんだよね…」

「説得してきてください!」

青年は闘った

他には…

財務省への予算請求…
人事院への人員請求…


できる仕事の幅は増えていった、けど…So What?
これが国民のためになるのか?通産省のための仕事ばかりじゃないか?どうなんだ?

続く自問自答

百歩譲ってそこは我慢しても、耐え切れなかった不条理…

それは


●自分よりできない上司が帰るまで帰れないこと


自分の仕事は終わっているのに…

上司の雑務、
みんなの夜食の手配(お金を取りっぱぐれることもしばしば…)
最後の人が帰るタクシー券の準備を終えると朝日が昇っている…

みんながみんなそうじゃない。優秀な人は上の上にいる。
けれど出来ない上司がいた、ついには課長をすっとばして局長に直訴した青年がいた…

その青年が今の私のボス
いわく
「お前なぁ…恵まれてる環境なんだよ、まっとうな仕事をまかされて、出来ない上司はいなくて、一切の雑務が降ってこない。純粋に実力で勝負できる環境じゃないか」

はい…だからこそ言い訳が効かないんですけどね

できなくて、すいません。

多くの反省を抱えて…
プロジェクト、中休みに入る。

キレイな競馬場と国家公務員Ⅰ種

200706091853022
20070609185302
ギモン。国営ギャンブルは「庶民から金を巻き上げる」意図があるの??

●競馬場が無駄にキレイなのに入場料200円
●省庁の縦割り運営
●海外の事例(参考)

今日はじめて行ってきたんだけど、東京競馬場がキレイすぎる!

巨大な観客席と芝生、五階立てのビル、華やかなレストラン街やシアターや、ディズニーランドのような雰囲気、すごくない?
しかも駅から1kmの雨に濡れない遊歩道まで

これつくるのは、何千億円とかかるな。まさか入場料収入のはずがない。

JRA儲かってるんだねー

出入口受付嬢が過剰にいるよ。
切符を「受けとるだけ」なのに、1ダースいる。

JRA儲かってるんだねー

場内のファーストフードがが外界より高い、場所代か…

JRA儲かってるんだねー

そんなに庶民から巻き上げてどうするのさ。明るくキレイな競馬場、女子供もいらっしゃい、テレビCMには有名俳優を…

ちなみに競馬場は、農林水産省の管轄です。

競艇は、国土交通省

競輪やオートレースが、経済産業省

だったかな??


とにかく縦割りなのだ
ギャンブル監督を各々が囲っているのも
儲かっているからなんだろうな。

せめてギャンブルの管轄省庁をまとめて
利益を戦略的に使うことはできないだろうか?

ドバイでは、石油に頼れなくなったときに備えて
金持ち向け観光業に注力
カジノの儲けもうまく使っているとか

使い道をきちんと考えた上で
庶民から巻き上げるのではなく
金持ちから巻き上げる方式にならないだろうか

イギリスでは入場料1万円近い競馬場があるとな
紳士のスポーツ?掛け金凄そうだ(笑)

でも税金で取られるよかマシな気がするよ

で、利益は国民のために還元!

とかね

上記に挙げたような省庁(国家公務員一種)
受けるんだったら、そんな夢持って受けるくらいが
面接でウケがよいですよ◎

OB訪問した肌感覚として、思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。