スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究者・大学教授になる困難さと、学生の甘さと・・・手短に。

こんな私でも研究者になれるかな?
そんな甘い若者にぶつけておきたい現実を3分で。


■東大石浦研のHPに真実に近い御言葉が刻まれていたのでご紹介
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/ishiura2008/becoming_a_researcher.html

・研究者(大学の先生を想定)にはどうやったらなれますか?

→最低5年かけて博士号をとってから、10人に1人くらいは助手のポストになれる(前提としてとても良い実績を出していないと難しいよ)

→これは京大でも同様でした。途中で方針転換してメーカーの研究職に進む方が多数。
→そもそも修士2年から博士課程にまで研究者としての覚悟を持ち進むのが10人に1~3人くらいでしたから。
→覚悟を持っていわゆる民間のメーカー就職の道を断って、時間も努力も費やして挑んで・・・からの1割です。



・研究者になれる素質とは?

→修士での研究を2年で英語論文に仕上げないと事実上無理でしょう。
→まさにおっしゃるとおり。修士1年で就職活動に精を出したり、週休2日は当たり前な学生生活をしているとなかなか難しい世界。修士2年になり気がついたときにはもはや・・・。

・研究者としての留学は・・・
→博士とってから行くのでないと、研究者としてのキャリアに(事実上)プラスとは言い難い。
→修士での共同研究で飛ぶレベルすらもまれにしか見ませんでしたが
→本当に優秀で努力家でタフな先輩が、米国の研究室に採用され職を得て飛んだときには
「天才とは、自信過剰に成らず、さぼらず・・・」
なのだと強く差を感じ入ったものです。
週7日ペースでラボに通い、鬼のような実績を修士博士時代に蓄え、いつのまにか英語も鍛え、
そして銃以外ではそうそう死なないカラダにも鍛え上げられておりました。



■さらに参考書籍で面白かったのがこちら。
日本人でありながら米国の大学での教授の座についた著者が
そもそも留学のスタートラインにたつまでから、地獄の試験勉強、研究論文との格闘、各大学への職を求めての活動、大学院生として保つべき精神衛生、などに包み隠さず厳しい現実を綴った、類書が少なく興味深い本です。

これを読んで奮起する方が若干、心が折れる方が多数出そうなので、一概にオススメは・・・。
本気で研究者志望の方はぜひ一度目を通してほしい一冊(なんなら差し上げます)

アメリカの大学院で成功する方法―留学準備から就職まで (中公新書)アメリカの大学院で成功する方法―留学準備から就職まで (中公新書)
(2004/01)
吉原 真里Mari Yoshihara

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ビール業界の海外提携話が最近多いような

ヒューガルデンホワイトってご存知ですか?
くちあたりがふわっとしてて、フルーティな香り、ひたすらまろやかなホワイトビール

 ※苦くてビールはダメーという人にも是非飲んでみていただきたい逸品
 ※ヒューガルデン好きの猛禽なお姉様はすぐ、「ヒューないの?ヒューは!?」と、ご所望になられる(笑)

私も大好きなベルギービール(でも国内ではなかなか見かけなかった・・・)が、
日本にもっと広まりそうです

※この鮮やかな本の表紙の右から3番目がヒューガルデン、見てるだけでも美しくて魅かれる~
ベルギービール大全ベルギービール大全
(2006/12)
三輪 一記石黒 謙吾

商品詳細を見る


このヒューガルデンホワイトをつくっている
世界最大手のビール会社インベブが、
日本での販売網を強化するためにアサヒとの提携を強くして、
アサヒの輸入ビールの品揃えにヒューガルデンホワイトが加わるようです。
いままで国内で飲める場所が限られていたヒューガルデンホワイト・・・が、もっと広まったらいいですね。

ちなみにこの飲料業界、どこも買収や提携が多くなってきていますね
どこも国内消費が頭打ちで、
今まで攻めていなかった地域へも売りに行かなきゃ!
でもイチからその国で販売網を築くのは困難・・・

だから現地の大手と組んでしまえ!
というアライアンス戦略

今までも
●昨年11月にキリンホールディングスが、オーストラリアの最大手飲料・乳製品メーカーを買収したり、
●今月もポカリスエットやカロリーメイトの大塚製薬が、フランスの大手飲料メーカーへ49%出資をしたり、

よく、新聞を読めといわれてもピンと来ないという声も聞きますが
こういうニュースって、身近なものからはじめていくと
理解しやすくていいなぁ、とか思いませんか

いざ蓄積しておくと、いざそのメーカーの人と話すときに
”XXXという話が出ていますが、それって理由はXXXだからですか?”
と自分なりの解釈を持っていると、なお議論が進んで面白くなったりしますよね
私は、飲料(特にお酒全般)大好きなので、それはもう・・・


出所:http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080528AT1D270AN27052008.html

(引用)~
アサヒビール、世界最大手のインベブと提携強化
 アサヒビールはビール世界最大手のインベブ(ベルギー)との提携を拡大する。9月をメドにインベブから輸入販売するビールの品目を現在の3から9に増やす。原材料の共同調達や海外での委託生産も検討する。インベブとの関係を深め、原材料高などへの対応や海外での拡販を目指す。

 現在、インベブのビール3品目を輸入販売しているが、9月からは「ヒューガルデン」「ステラ・アルトワ」など6品目を加える。世界2位の英SABミラーのビールも受託生産していたが、インベブ商品の拡販に備え3月末に終了した。インベブは国内ビール最大手のアサヒと組み日本での販売を伸ばす考え。(09:41)

(引用終了) 


本日の順位***Today's Ranking***

サントリーの飲料市場マーケティング戦略・・・なかなか

モルツじゃなくて飲料の方ね。



世の中にこういうマーケティングは教科書的な本は多いのだけど、

●企業やその狙う市場の背景の説明まであり
●実例に基づいて説明している

書籍はなかなかなかった!
まぁ本来は企業秘密ですからね。


実況LIVE マーケティング実践講座実況LIVE マーケティング実践講座
(2005/06/10)
須藤 実和

商品詳細を見る


著者は経営戦略コンサルティングファーム
べインアンドカンパニーのボス級の人

図や説明は当然本業の内部資料よりは簡潔にまとめられているのだが…コンサル的な見やすさはそのまま。

特にこの本のページにして3割 を占める
「サントリーのスポーツドリンク市場参入マーケティング戦略」が必見!
いったいどうやって、ポカリとアクエリで9割を占めるあの市場へ切り込んだのか…

***就活生向けBlogランキング***

飲料・消費財業界、コンサル業界、マーケティング系職種に
興味ある人はサクッと見てみよう
見やすさ分かりやすさに心を砕いている良書だと思います

ハーゲンダッツってよく考えたら外資系?

安西先生・・・
アイスが・・・アイスが食べたいです


さてさて
外資系で若いうちから成長したいけど、
しんどいのはちょっとなー
とか漠然と悩んでる就活生へ


***甘党じゃない方は普通の就活生向けBlogへ***



外資系食品メーカー
ハーゲンダッツジャパンなんてどう?
店舗スタッフやバイトじゃないよ、総合職の話だよ

【環境】
・毎年10名採用の少数精鋭
・研修はあるが受身じゃダメと明言
  ・まぁ本当はそこにいっても積極的であるのが理想
  ・新入社員だからって甘えずにいこう

【待遇】
・初年度の推定年収360万円(ボーナス込)
・福利厚生にアイスクリームギフト券支給、アイスクリーム社内販売はさすが!笑

【労働時間】
9時~17時+α、のわりに待遇いいんじゃないか?営業あるとはいえさすがはメーカー!
・少なくとも投資銀行や戦略コンサルのように忙しいことはないと思います

とはいっても、人数少ないから直接の知り合いはいなくて、
ドリームインキュベータでインターンのときに(←ビルが一緒だった☆)
ちょい見かけた、くらいなんですけどねー◎

詳細はこちら
http://www.haagen-dazs.co.jp/company/recruit/new/guide/index.html
締切は二月下旬っぽいぞ(要確認)



追記)
あの、ホワイトピーチとカシス&オレンジ味おいしかったー☆
あの開発もかなり若手の方が携わったそうですよ
食品業界としては、チャンスのある環境・・・なのかな。

外資系高級ブランドに潜り込む!?

ルイヴィトンなどで有名な
外資系高級消費財メーカーのグループLVMH
(個人的にはモエのシャンパンがもう大好き!)



ここの新卒採用エントリーが始まっています!
あんまり知られていないようですけどね・・・
職種はセールス、マーケティング、ファイナンスなどがメインです。
扱うものは、どれも高級ブランド
皮革製品(バック・財布とか)、洋酒(ワイン/シャンパン/ウイスキー)、時計ジュエリー
などなど、総じておフランス系が多いのかな


今回これらをおすすめする理由は大きく二つありまして


●中途採用/転職で入るのが非常に難しい


・転職条件には、大卒&高級消費財業界での3年以上の経験・・・みたいな
・フランスのMBAでは、ラグジュアリーブランド専門のMBAコースも存在し、そこの卒業生から多く採る


などなど・・・なんだよそのピンポイントな募集は!!
と、つっこみたくなるほどに、なかなか異業種から採らないところ。
グッチのマネージャーが翌年にはフェラガモに・・・など、
この業界での評判を身にまとった人はひっぱりだこ!
経験者優遇が甚だしい


経営戦略コンサルからの転職も、なくはないですが
ごく稀に引き抜きが散見される程度なので
実質、非常に狭き門といえるでしょうね


●非常に、希少価値の高いノウハウを得つつ働ける

こういった高級ブランド企業群は
必ずしも合理的に動いているわけではなくて
"売れるからつくろう" なんて発想は先行しない
(そういうイケイケドンドンな人は要らない)


たとえば、ルイヴィトンがスリッパを作ったとしたら・・・
飛ぶように売れるだろうけど
それは長い目で見たらブランドを傷つけるから、絶対にやらない!


「え?やってみなきゃわからないじゃん?」
「なぜ?ブランド価値が低減するっていう定量的な数値でもあるの?」


とか、おそらくそういう問題ではなくて
とにかく"ブランドを守る、ブランドを育てる"スピリットがとても強いから。


そのお家芸ともいえる、執念ともいえる、
高級ブランドマネジメントのノウハウは
実は、外にほとんど漏れていない

というわけで

というのが、(小賢しい見方ですが)これが二つ目の利点かなぁ、と
あと日本人でこの業界・・・ていう人も数が少ないですし。



あ、ラストにオマケの利点
高級ブランドのファミリーセールにご招待される☆

たとえば私が見たことある中では、フェラガモ・グッチなど
ブランド品が安く買える専用会場へのチケットが、
社員特権(福利厚生の一種?)で得られますよ
服、財布、カバン、おー!
いくら割引がすごくても、元の値段がヴァカ高いからなぁ・・・笑
でも好きな人にはたまらないはず!



・・・という、まだまだ謎の多い
外資系高級ブランドの世界ですが・・・
What du you think??
どなたか、興味ある方は、進んでみて内情おしえてくださいな◎


--------(追記、2008.6.22)

セオリー vol.3 (2008) (3) (セオリーMOOK)セオリー vol.3 (2008) (3) (セオリーMOOK)
(2008/05)
不明

商品詳細を見る


●各高級ブランドのポジショニングMAP
●正社員としてこれら高級消費財業界へ入ることのハードルの高さ(⇒言い換えれば同業他社での引き抜きあいの多いこと多いこと・・・)
●ブランドを買う顧客層の特徴分類

などについて言及されていて興味深い雑誌でしたよ。
ブランド初心者ですが一気に全体を俯瞰したい人におすすめの一冊◎

闘う!食品営業!~商社飛ばしという禁忌~

前述の営業マンが協和発酵に打診した新作の油脂の出来は上々で
彼らはさっそく自社メーカーへ直接納入させられるように、水面下で動いていた



営業「ありがとうございます!今まで使っていた油脂より製品開発に便利で価格が安い、絶対これは行けますよ!」

研究「ところであんたたち、この新しい油脂の名称はどうすればいいんだい?」

営業「おまかせします!せっかく作っていただいたのに、使われなきゃ何にもならないんで!社に掛け合ってきます!」

研究「あいつら…」



この件を担当していた営業職二人は
社内で壁にぶち当たっていた
そう・・・上司の猛反対


たしかに(原価の安い)新製品を、
直接納入できれば卸を通さないから間接コストも削減できるし、
食品メーカーにとって万々歳の正論に思える。

…しかし

…そうは問屋が卸さなかった



(再掲)食品メーカーに関わる流れ
-------
原産地
→A、商社(大規模輸入・販売)
→B、原材料卸業者(業務用に調整・販売)
→C、食品メーカー(開発・販売)
→D、小売店
-------


つまりこの食品メーカー(C)は
とある商社(A)&傘下の油脂卸業者(B)と蜜月な関係にあり、
マージン(中間コスト)がかかる一方で、
キックバック(うちを使ってくれてありがとう…御礼のお金)をもらっていたかどうかまでは知らないが、まあたぶんいろいろオトナの事情があって



…正論が通らないのだ



上司は当然、既存業者の味方
…闘った結果二人は左遷されてしまった。


他にも、三井物産系と取引するこのメーカーにおいて、
伊藤忠商事系と組んで取引先刷新を企てて、
結果左遷されてしまった者もいたという…




改革ってかくも難しいものか




時代が今のような時代だったら彼らの処遇は違っていただろうか?

は?コンサル?なにそれ?…といわれる黎明期
転職…そんなこと怖すぎる!
リクナビなんかなくて、大学生は電話ボックスから資料請求をしていた
…そんな昔々のお話でした。





※ちなみにこのときの商品は、
営業で提案してきた二人の名をとって「YKオイル」となったそうな…
その営業YとKは、後に某牛丼チェーンの上層部や、某レストランの上層部として
活躍なさっているそうな…☆



fin.

***応援!?ブログランキングへ***

闘う!食品営業!~研究職に直談判~

食品メーカーだと、当然原材料を仕入れなくてはならず、
そこで噛んでくるのが総合商社の中の
食品・食糧・生活産業などと呼ばれる部門


超おおまかな流れとしては、

海外
→A、商社(大規模輸入・販売)
→B、原材料卸業者(業務用に調整・販売)
→C、食品メーカー(開発・販売)
→D、小売店

という感じなのだが、だいたいCに位置する食品メーカーは、
Bの原材料調達先が一社独占になっている場合も少なくない…



当然、競争はないため、価格も上がってきます…

そこで立ち上がり
研究職を動かした営業マンのお話


彼は、油脂のコストが高いのはなぜか
→現在の仕入れ先一社独占のせい?
⇒このままでは改善が難しい?   と考えて

別の原材料開発メーカー(協和発酵工業)へ向かい
その研究職に掛け合った…



営業「食品用の油脂、コストの高い牛脂を混ぜずに豚脂100%で新しく作れないか」


研究「確かに可能だろうが、うちは今まで融点40度程度の普通のしか作ってないよ、カレールーとか融点35度あたりの微妙な油脂は…」


営業「いや!あんたたちの会社は28度前後で溶けるチョコレート用の油脂を作ってるじゃないか、できるはずだ!」


研究「なるほど、はは…あんたアツいね、やってみよう…」
「けどあんたの会社には、某商社と某油脂メーカーが納入してるじゃないか、うちのが入る余地はあるのかい?」


営業「難しい…だからそれを…直販でうちに納入してほしい」


研究「えええっ!」



それは今から30年ほど前の話…信じられない提案であった



続く

内定おめでとう【製薬・研究職2009】

いや~、友人の話なんですけどね、ひとまず第一志望おめでとう◎

修士一回生の11月か…なんにせよ早いよなぁ。
さすがは、製薬の研究職
他にこれだけ内定早いのは、


○10月早々に締切っている在京キー局のアナウンサー職や
○外資系消費財メーカー:夏インターンのファイナルステージ進出者で優秀だった人にこっそり…とか
○欧州系の投資銀行:夏インターン参加者で優秀だった人にこっそり…とか

くらいでしょうか。

○あ、戦略コンサルも早い人は12月中には…?


以上のような
少数精鋭なごく一部の業界は、とっくに水面下で動いていますよ、という話。
そしてこれらの業界は、人数を多く取らないので
リクナビ/マイナビなど就職活動支援サイトではお目にかかれないこともしばしば


売り手市場といわれても人気企業/業界は当然狭き門!
選考早いのが、いいのか悪いのかは別として、
事実、「早く動く学生ほど優秀である確率が高い」
という経験則に基づいて企業は動いている、
ちなみに官公庁も高学歴向け説明会は10月からじゃんじゃんやってる



人材の奪い合いは、景気によらずお馴染みの光景か…



リクナビ・マイナビ眺めて、
説明会顔出して「ああー」っていうのが
今の時期、一般的な就活なんですけどね


志望によっては、そういう「早い選考」が実質ありますよー
志望と違ってても、「面接の練習」として捉えて挑む人もいますよー

For Your Infomation...

美人の気苦労 (製薬業界の場合)

行きつけの医院に、よくエーザイ*のMR**の女の子が来ている、待たされている

* エーザイ・・・製薬業界の大企業の一、その営業力の強さなどから給与水準がトップと言われ、武田薬品工業(製薬最大手)を超えている

** MR・・・製薬企業のうち、病院・診療所相手に自社の薬を売る営業のような職種、とはいえ薬の説明など専門性が高いと言われている


MRの彼女の主なミッションは、この医院でエーザイの薬をたくさん末長く使ってもらうこと

MRのオシゴトはこの医院に限らず、
医療機関において何度か見聞きした光景だが・・・

この女の子はいわゆる美人だった
”いいわよねー美人はトクでさ” なんて声が聞こえてきそうだが、
明らかに得しているわけでもなんでもない様子

なぜなら・・・

”製薬会社の人と話すより診療に時間を割いたほうが儲かる”
”ぶっちゃけ、どこの企業の薬を使おうが、儲けにたいして大きな差は出ない(どちらにしろ儲かる)”

と認識しているため
専門性に長けている、説明が上手である、などのスキル以前に

交渉相手に気に入られる”ことが大きなウエイトを占めている場合が多い
しかし
直接の交渉相手がお医者さんではない (忙しい) 

だから事態はフクザツ・・・になる


●小規模な開業医の場合
直接の交渉相手がお医者さんではなくその妻(専業主婦)、である場合が多いために
”姑の嫁いびり”的な構図になっている、これは女同士の宿命か!?
新人のようであり至らない面があるようだが、
いろいろ突っ込まれる、ぞんざいに扱われる、待たされる

この間は、”よろしくお願いします”と上司も訪れていたが、もう一人で担当させられている 
個人の技量が結果に結びつきにくい状況下では、2人で攻めようが結果は同じ・・・合理的に考えたらそうなるのか
彼女の今後の苦労がしのばれる


●大病院相手の場合
これは、別件から愚痴を聞いた話だが
お医者さん相手ではなく、薬仕入れ担当の人相手(男の場合が多い)
仕入れる側である病院の立場が上であるために・・・やりにくい

また、大病院相手だと
製薬同業他社もエース級の人材を投入し競争が熾烈・・・

そしてMR同士、ともに足繁く通うため、
”このあと一杯どう?” 
”あそこの担当を攻略するにはね・・・”  誘われたり、絡まれたり・・・面倒くさい

ポジティブにとらえれば出会いがあるということじゃない?・・・元気付けてみるものの

”なんでシゴト以外で気をつかわにゃならんのだ!”

美人は気苦労を叫ぶ
しかし
”美人はいいわよねー”という無理解のプレッシャーはあとを断たない


***このシリーズ連載のために…BlogランキングもCheck***


つづく

サントリー技術系インターン2007応募開始!

毎年、「研究職に進むかどうかの試金石」とも言われる、このインターン


同じ所属からでも
私にはちょっと工場/研究所勤務は向いてないかも・・・と思ってコンサルなどに進んだ先輩と、その技術職の道に進むことを決めた先輩とに分かれたというから摩訶不思議


重ねて言いますが、
こういうインターンで知り合う友達は、就活においてとても重要☆
そんなに多大な時間をとられるわけではないし
ぜひ参加を検討
してみては??

さて、今年の書くべき内容は3点

・サントリーのインターンシップで試してみたい知識・経験・学んでみたいこと
・サントリーの生産研究部門でインターンシップを体験してみたい理由を書いてください。
・サントリーのインターンシップでやってみたいことは何ですか?



ES切られの頻発しそうなお題ですねー…


ビールの研究職と
飲料の研究職では、
やることも風土も、まったく違うので
本選考までにいろいろ話を聞いてよーく考えておきたい。


ビール「飲料のやつらなんて、香料・色・などなど混ぜては試飲の繰り返しじゃねーか」

飲料 「ビール部門の出す赤字を、俺ら稼ぎ頭の飲料部門が埋めていることをわかって言ってるのか?」

・・・と、言ったかどうかは知らないけど
風土として近しいものはある、とか
実際、某社員さんは、飲みながら、まぁ

テーマ : 転職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。