スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛禽語録~女は3歳からオンナ~

「すごいねー、6歳で女優賞とか・・・」


中吊り広告ワイドショー的話題に対して


つぶやいたら友人(猛禽)からこのご意見


「演技くらいできるでしょ。女の子は3歳からはもうオンナなの!」


・妹が生まれたら、可愛くない色やデザインを押しつける。

・何か買ってもらえそうな状況下では泣いたり笑ったりを相手によって使い分ける




などなど、3歳過ぎたら、もう損得考えて女子として行動できているとのこと。

そうなんだぁ。。。

そうなんだぁ。。。


スポンサーサイト

すぐ効く言葉~おごられそうになったときに~

『1回おごってくれるのも嬉しいけど、
(今回の会計は)半分こして2回行きたいな☆』
と言える女子は、本当にモテる。



早くも今年一番が来てしまった・・・
言われた衝撃たるや大木をなぎ倒すほど。

つぶやいて、目が覚めたらさくっと200回程RTされてました。

すごいなー。この子。
狙って言った風には受け取れなかった。
本当にすごい。


※主な使い道は本命の相手に使えばいいんだけど、応用編として
 (下心を感じつつ)おごるから、と男子に言われたときの状況で
 「いいえ結構です(キリッ」とひらり可愛く断るときにも使える言葉ですね。


めも。

デートにおける猛禽の控えめ誘導、見抜かれた洞察力

とあるカフェにてメニューを見ながら・・・



えー!迷うなぁAにしようかな、やっぱりBがいいかもー☆


と、妹系猛禽な彼女は、迷いながらも



ねぇ、Aとかにしてみたら? (私はBにするつもりだし・・・)」とやんわり、ご提案。


ところが、


意に介さず、



「じゃあ、俺はCにするわ」





とか、いってのけるコンサルの彼
(たぶん、別のことを考えてて聞こえていない)





「うん・・・じゃあCでいいよ」





と妹猛禽が言った瞬間!




意識が揺り戻された!





「でいいよ?」



ああ、そうか。
ってことはつまり、
俺の頼んだものから一口もらえる前提で
悩み考えていたんだな、
なるほど・・・なるほど・・・
(それは気が回らなかった)




ほんのちょっとした、
否定的語尾の変化にも、
敏感に反応して解析し始める、コンサルの彼。 (→これは、たぶん職業病)



意図が解析されちゃってちょっと恥ずかしいけど
とにかく最後には我が意を得たからいっか☆
結果おーらいな、猛禽の控えめおねだり    (→これは、たぶん習慣/生存本能)





テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

猛禽】クラブで素敵なボスを取り巻く美女の生活感覚?

すみません、私は猛禽類に属する美女が大の苦手です。



※【猛禽(もうきん):己の強み(かわいらしさとか)を理解し的確に利用することで、狙った獲物は逃がさない、あるいは手のひらで転がすことを得意とする女子属性の総称、都心部に多く生息】



myBossがプライベートなライブをするんだ!
とかいう所用により、西麻布方面のクラブにいったんですよ。


※【クラブ:トランプのマークでもゴルフ用品でもなく、部活動でもない、ましてや蟹でもないらしいです】




まぁ、まず見た感じ概算して
一晩貸切100~200万円?
はするかと思しき場所に恐縮する私


そしたらそこにはキャバクラにお勤めと思しきお嬢様
(猛禽らしい猛禽=ライオンとかチーター)がたくさん
プライベートでいらしてたんですね。ああ…恐ろしい営業スマイル☆



私「今晩は空模様が心配ですね」



嬢A「えーわかんなかったー」


嬢B「駅から歩いてきたんですかー?」



私「え?…ああ、五分くらいでしたよ」


嬢A「すごーい!実は近いー」


嬢B「さすがー!あし速いんですねー」



なんですかあなたたち!もうっ!
打っても響かないこの会話





●さすがー
●しらなかったー
●すごーい



の基本技オンパレードwith営業スマイルで許されると思うなよー。


とかいったところでどうせ、
アッシー君(彼氏候補のone of them)のベンツやBMW
或いはタクシーで駆け付けてて、
地下鉄なんか乗らないんだろうなー…と生活感覚の格差を感じつつ(>_<)




ボスのライブを応援!
これ自体は楽しい☆
賑やかで華やか。


合間合間に知り合いの紹介とか、社交的に動く方も多く…


あ、某レコード会社の役員さん、
あれは某メディア関連の副社長だ。
→Oh...my Boss、何を考えているの?メジャーデビュー?


バリバリ価値出して働きながら、趣味の方でも本格派、こういう生き方、いいと思う◎



そして、この空気自体は嫌いじゃないかも…



でもね・・・


猛禽を甘やかさないで!




帰る際、出入口先の道路にはやはり仮説通りに、
タクシーorベンツBMWの送り迎えがたーくさん◎



それに慣れたお嬢様たちの常識感覚には辟易しました



まだ終電あるでしょう!!



はいはい、そんな愚問を抱くやつは西麻布なんかに行ってはいけませんよね。すみません。


あーあ、お金持ちそれ自体にいい人は多いんだけど、
彼らに甘やかされちゃってる一部属性の人々はまだまだ苦手だー。
いつか、わかりあえる日はくるのかな

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

猛禽】雪でも手袋しない、勝負時は。

昨日は雪降る寒い一日でしたね。
こんな日はふとあの猛禽(※)を思い出します。


注※
行く手阻むものは何もない恋の実力者。己の市場価値と需要を的確に読み、戦略的な言動を取れる女性のこと。




▼それは一年前の雪の日、
私はあるオトコ友達をその猛禽に紹介したのです。
おめめぱっちりかわいい一方で、
飲めるし宴会ノリにも耐性あるし面白い子◎


▼大手マスコミで働いてていたから鍛えられたのか、
そもそもそういう娘を採用しているのか…は知らないが

(→たぶん両方)

モテるだろうな~と
思ってたけど、仕事が忙しいからなかなかそうでもないんだって。
こういうプライベートな飲みもひさびさ~☆

とか言ってる






▼しかしやはり、猛禽類は爪を隠していた



いい雰囲気のお店で飲んだあとの駅までの帰り道、徐々に接近し…




改札をくぐった瞬間!







獲物の手をふっと握るのです





手袋をせずに。





やわらかいその手で






必殺の意思表示





雪の中横並びでやんややんや
「さむーい!」「ゆきだー☆」
とか話しながら歩いていたけれど、手袋をしていなかったのはこのためか!?





個と個に分断される一瞬が



改札時に訪れる



刹那のタイミングを見逃さない猛禽





ああ、神よ



抗えなかった彼を許したまえ (→イケメンもちろん彼女持ち)



▼あとはここ…無数に線路が交わる都内ですから



「私もここで乗り換えなんだ!またね◎」



と彼と同じ駅で降りるくらいなんてことない芸当なんです







みんな、猛禽に負けないで!

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

猛禽】高学歴わがまま就活生の秘めた強さ

ひさびさに猛禽類

適度なわがままぶりで周りを動かすかわいいお嬢様に会いました



やわらかい要求を次々と⇒

「これ…食べてもいいですか」
「揚げ物…とってほしいです」
「お茶…のみたいです」


とつぶやけば、周りがついつい動いてしまう

注意を引く手段は数多い⇒

構ってもらえずとも手近なもので一人遊び

風船あれば近くの人にぶつけてみたり。

コクコク…と、両手でグラスを持って飲んで空にしてみたり。

ふらー…と首をかしげてみたり。





▽…と、そんな彼女も高学歴かつ進路に真剣な就活生。
一見ちやほや甘やかされてきたように見えたが実は
話してて要領を得ない相手との会話はさくさく切る潔さ…と、ギャップがすごい(笑)


そして、聞いているうちに、やりたいことやりたくないことのハッキリしている子だと感じた。



これをわがままに感じる人もいるだろうが、
これだけ「自分を理解」して
「応募するシゴトのイメージとの相性」を
考えている人は…実際面接で強い。




例えば彼女は言う



「まず総合職バリバリはあわないんです、商社や金融の人と話してきて強く感じました」



じゃあ大手企業の一般職は?
事務系のシゴトを五時ピタで帰って…



「でも、いくらシゴトが楽でも、なんも特色のないOL一般職はいやなんです。なんていうか人間的に?話しててあんなに会社の待遇とテレビ旅行化粧品の話ばかりする方とは合わないなと感じて…」


(おお…そんなんおつぼねさんに消されるぞ笑 しかしその直感は大事だ)
好きな業種を見てみるとか?例えば化粧品とか


「嫌いじゃないけど、女性ばっかの環境下で埋もれて働きたくはないんです。」

なるほど…かといって男性と張り合う環境もいやだと

「そうなんです、でも女性としての強み弱みを理解しあえる環境でかつシゴトの難度が高くて…」

だとしたら…秘書職もいいかもね。プロフェッショナル意識が求められるし実力をつけて

邦銀一般職で入社
→秘書に社内異動
→外資系金融・コンサルの秘書
→投資ファンドのボスの秘書

のように職種でステップアップしていった人もいる

「あ…そういうかんじかもしれませんね。パパの友達の会社がそういうの募集してくれてたけど…」
さすがお嬢!(笑)

「私は自分の力で見つけたいんでみてみます」おお…なんと
就職氷河期だろうが怯まない心がけ◎
頑張って!あんたならいける!

これくらいハッキリ言えちゃうくらいの方が採用側も安心できるだろうね

新卒採用において面接官の様子伺いで

「なんでもできます!」とか言うやつは
「なんにもできません!」とほぼ同義


これは働いてからも同じ。
自分自身の理解すらできていない人に、いいシゴトはできない。

…自戒をこめて

*Today's Ranking*

猛禽】”天然?”なオンナノコの見分け方

猛禽(もうきん)【名】・・・自分の市場価値(かわいさポイント)を理解したうえで
「狙った獲物は逃がさない、そうでない獲物は”友達としてスキ”とか言って飼い殺す」
そんな愛され女子の一。様々な恋愛戦略を躊躇なく実行できるオンナノコ。
----------


キャンプに行ってきました。山々はもう紅葉ですね、高揚します。
こういう場所はあまり、猛禽がいないので、
ほとほと安心して自然と戯れられます
汚れるイメージあるし、宿舎は集団部屋だし、スカートやヒール履けないし
あまり興味が湧かないのでしょう(たぶん)
ところが、珍しいことに
恐ろしく天然なコがいました


天然(てんねん)【名】・・・いわゆる天然ボケなアクションを意識的あるいは無意識的に起こし、周囲の獲物を撃ち落す、愛され女子の一。しかし「意識的な天然ボケ≒演技」を獲物に見破られるようになってきており近年は絶滅危惧種となっているオンナノコ。

---------

天然なコというのは一般的に

・わりと常識なことをまったく知らない     (あるいはそのフリ)
・ふわふわした不思議発言がつい出てくる  (あるいはそのフリ)
・突然、ほっとけないような意外な行動をとる (あるいはそのフリ)

例えば、Paboのような「センスのいいおバカさん」といわれる方々を指しますが・・・


その演技を見破るポイントは意外とシンプルである


★主語に一人称が多い。「私は~/あたしは~/○○(自分の名前)は~」など

★天然な言動が起こるときはいつもだいたい、他人の見ている前


要は、かわいらしい自分に注目してほしい心理が働くからこそ・・・missが生じる
残念ながら
「天然を演じようとした瞬間、それは真の天然ではなくなる」・・・

--------

話を戻します。

キャンプに行ってきたんです、そこに、「天然」がいたんです

続きを読む »

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

猛禽】適齢期な彼女のウラオモテとイメージ戦略

「あたし、彼氏の前では絶対タバコ吸わないんですよー☆」

と、いつも言いながら火をつける友人がいる。
六本木のちょいとにぎやかなバーでのお話。

「それバレないんですか?僕だったら香りで気付きますよ」
「全然平気よー☆」

なにやら聞けば
灰皿とか一切家には置かない、そもそもカバンにタバコ入ってない、吸うときに買う、余っても持ち帰らない…彼氏帰る前にシャワー浴びるし…という用意周到ぶりではないか。




▼「大変でしょう?彼氏も許すだろうし、そこまで隠さなくてもいいんじゃない?」
「(小声で)…だってもう26だし、そろそろ産みたいじゃないですか☆」

なるほど、面倒でもイメージ戦略上重要なのだ。
吸いたいけど、吸っているコとして見られたくない。
さすが!今までモテてきた猛禽類は違う
かわいいだけじゃない、あるべき私イメージを習慣化できている。



▼「だとしたら、こんな時間まで飲んでるの、イメージ上まずくない?さすがに気付くと思いますよ。」



「大丈夫よ☆明日が最終発表で今晩は超絶に忙しいから」



うわー(>_<)



そう…彼氏(顔も名も知らないが)は
いわゆる外資系戦略コンサル…まぁ要は激務らしい。
いつもじゃないにせよ…今晩はそのピーク時だということですね、わかります。



▼しかしすごい。完璧なスケジュール把握…
「貴方の忙しさはわかってるよ☆」気遣い…。
そしてなにより、かわいい私のイメージを保つ創意工夫。


なんとも華麗な彼女のウラオモテ☆


まぁ浮気じゃないからいいんだけどさ。
忙しい彼氏、どこまで気付いているんだろう?
普段は小動物的にかわいい猛禽、我々以上に賢いです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋の駆け引きへ

続きを読む »

テーマ : どうしたらいいんだろう・・・・ - ジャンル : 恋愛

猛禽】社長秘書(美人)の気配りすごかった

社長秘書って…
飲みの場でさえ、見えない気配りがすごいです。
ちなみに論点は美人かどうかではありません(美人だけど)


-------
プロジェクトがひとつおわると、関わった全メンバー(お客様は除く)で打ち上げをします。

一見すると女王的な振る舞いを

下っ端A「やっぱビールいきたくならん?」下っ端B「いいですねー」

秘書「ビールなんてお子様の飲みものです☆」

ボス「そんなひそひそ小者な会議するなよ(笑)」

下っ端A「じゃあ何を飲まれますか?(ボスに対して)」

秘書「私、ワイン飲みたいなぁ…☆」

下っ端B「選びますよ、赤白どうされますか」

秘書「白で!甘くないの!」

AB「即答!?」
ボス「わははは」

秘書「赤は酔いやすいからダメなんです☆」

…以降、下っ端は白ワインを三本連続で注文。合図は

秘書「お酒なくなっちゃったー☆」

というかわいいアピール (むしろ通告/命令に近い)

-------
ここまでの流れでこの社長秘書をどう思うだろうか?

「美人はワガママ言っても゛可愛らしい゛と許されて得だなー」

とか?

表面的に見たらそう、たしかに

でも実は、

ボスのために先回り発言をしているとも読める

●「ビールなんてお子様の飲み物です☆」
「私、ワイン飲みたいなぁ…」
「白で!甘くないの!」→ボスの好み(ついでに彼女自身の好み)へのさりげない誘導

●「赤は酔いやすいから」→ボスは赤ワインを浴びるように飲んで酔いつぶれた経験あり。

●「お酒なくなっちゃったー☆」→下っ端の貴方たちがお酒を注いで回った方がイメージいいわよ

-------

いくら外資系でフラットな会社とはいえ社長クラスの人が
「若手が動いた方がいい」とか「俺は辛口の白ワインが好み」とか発言したら
メンバーを労うこの場ではふさわしくない、そこで

●ボスはヴァカ話に終始して、秘書が密かに場の空気をまとめる
●可愛らしいしゃべり方で「彼女のワガママ」と取れるくらいの自然体で
●しかも女王キャラで適度に笑いをとりつつ

高度すぎて唖然とした。正直・・・悔しい。




ちなみにこの秘書は転職してきてからの社歴は浅いが、日系の大手銀行での秘書キャリアが長い。

いつどこでそんな技を身に着けて来たのだろうか…

***就活生向けBlogランキング***
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。