スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1/16】イケメンエリートの仕掛け(Think Act Summit 2011)

Think more,
Act more,
and Change more.

そんな熱い想いを抱え
日本の未来をより明るいものにしたいと願う20代-30代で多種多様な
(投資ファンド、IBD、経営戦略コンサルティング、大手法律・会計事務所、政府機関、事業会社等)
若手イケメンエリート達が立ち上がった非営利団体
Think Act Foundation

ここが来月年明け1/16日曜日に250人規模のサミットを行います。
私も参加します。興味ある方はぜひ一緒にいかがですか。
なんと参加者全体の属性・得意分野・教えて欲しい分野が可視化されてからの懇親会等・・・
不可思議な仕掛けがCEO講演以外のお楽しみであったりします。

秋から経緯を見てきましたが、本当にもてそうな男子ばかりが
女っ気はなくとも(笑) 土日に集って詰めてきたイベントです。

===

ThinkAct Summit 2011
Summit趣旨
日本の将来を担う若手人材に、明日のリーディングカンパニーとなるべく奔走している日本のスタートアップ企業の興奮や問題を肌で感じて頂く場をご提供致します。

日時
2011年1月16日(日) AM10:00~PM5:00
9:30開場 10:00開会

場所
六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール (地図)
・日比谷線/六本木駅・徒歩3分(コンコースにて直結)
・大江戸線/六本木駅・徒歩6分
・大江戸線/麻布十番駅・徒歩9分


対象
日本の将来を担う若手250名

内容
1.現在活躍中の起業家・経営者・及びベンチャーキャピタリストによる講演
2.参加者による懇親会


タイムテーブル 9:30- 開場
10:00- 開会のご挨拶
10:05- 起業家・経営者・及びベンチャーキャピタリストによるプレゼンテーション
12:15- ランチタイム(お弁当・お茶は当方でご用意させて頂きます)
13:30- 特別基調講演(20分プレゼン、5分Q&A)
14:00- 起業家・経営者・及びベンチャーキャピタリストによるプレゼンテーション
16:20- 懇親会
16:50- 閉会のご挨拶
17:00- 閉場


現在登壇が決定しているゲスト (五十音順)

井口 尊仁 氏(頓知・代表取締役社長)
 立命館大学文学部哲学科を卒業。演算星組、編集工学研究所、ジャストシステムなどを経て、1999年に国内CGM(Consumer Generated Media)の先駆けデジタオを創業。2008年に頓知・(トンチドット)を設立、独自開発したARサービス「セカイカメラ」を発表。

伊佐山 元 氏(DCM 日本共同代表 兼 パートナー)
 東京大学法学部を卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入社。 その後、スタンフォードにてMBAを取得。卒業後、全米ベンチャーキャピタル・ランキング「TOP10」に名を連ねるDCMに転じる。 現在は、同社のパートナー(共同経営者)として従事。

城口 洋平 氏(株式会社ミログ代表取締役社長 兼 CEO)
 東京大学に進学。2006年、「コンビニみたいに便利なクリニック」をコンセプトにした「コラボクリニック」を大学研究室と共同で創業。08年米シリコンバレーでの滞在を経て、東工大の高畠祐二氏と「ミログプロジェクト」始動。09年4月、株式会社ミログを創業。

砂川  大 氏(株式会社ロケーションバリュー代表取締役 )
 慶應義塾大学法学部を卒業後、三菱商事にて海外向け鉄道案件を手掛ける。2001年ハーバード・ビジネス・スクールに留学。2003年に米独立系VCのGlobespan Capital Partnersに入社、ディレクターとしてデューデリジェンスや投資先の事業開発に従事。2004年に同社日本事務所の開設を行い日本代表に就任。2005年3月にロケーションバリューを創業。

福吉  潤 氏(株式会社キャンサースキャン代表取締役)
 慶応義塾大学を卒業後、7年間P&Gに勤め、マーケティング本部でブランドマネージャを務めたマーケティングのスペシャリスト。 ハーバード・ビジネススクールへの留学を経て、キャンサースキャンを創業。

藤井 清孝 氏(ベタープレイス・ジャパン代表取締役社長兼アジア・パシフィック代表)
 東京大学法学部卒。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、86年HBS卒業。ファースト・ボストン投資銀行ニューヨーク本社のM&Aグループに勤務後、40歳でケイデンス・デザイン・システムズ日本法人社長就任。2000年SAPジャパン代表取締役社長就任。2006年ルイ・ヴィトン・ジャパンカンパニーCEO、LVJグループ代表取締役社長就任。2008年現職に就任。

南 壮一郎 氏(株式会社ビズリーチ代表取締役、株式会社ルクサ代表取締役)
 米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券投資銀行部においてM&Aアドバイザリー業務に従事。香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画し、日本・アジア・米国企業への投資を担当。2003年、株式会社S-1スポーツを設立。2004年に楽天イーグルスの創業メンバーとなり、球団事業では不可能とされていた初年度からの黒字化に貢献。2007年、株式会社ビズリーチを設立。本年8月割引クーポン共同購入サイト「LUXA(ルクサ)」を開始。

森  航介 氏(株式会社フィルモア・アドバイザリー代表取締役)
 東京大学法学部卒/米スタンフォード大にてMBA取得。みずほコーポレート銀行にてレバレッジド・ファイナンス業務、銀行統合プロジェクト等に従事。2006年に独立、フィルモア・アドバイザリーを設立。



会費 6000円(お弁当とお茶代込み)


お申込方法及びお支払い方法: ①下記リンク先フォームより必要事項をご記入の上、フォームでお申し込み下さい。
②その後、確認メールをお送りしますので、その後下記の銀行口座へ会費のお振り込みをお願い致します。

フォームでのお申し込み及びご入金が確認され次第、参加者IDを御送りします。
当日、ご入場の際には参加者IDが必要となります。
なお、当日は受付にてお名刺を2枚頂戴致しますので、お名刺をお持ち頂けると幸いです。

お申し込みフォーム

お振り込み先
---------------------------------------------
お支払先銀行 :みずほ銀行 虎ノ門支店 (店番号046)
口座番号:4113967
口座名義:シヤ)THINKACT FO
--------------------------------------------------------------- 
※お支払期限 : 1月11日(火)正午  
※お支払金額 : 6,000円
※当日のお支払いは受付けておりませんので、必ず期日までに上記口座にご入金頂き度く、宜しくお願いします。

スポンサーサイト

大手都市銀行一般職も大変だ?①

とある大手都市銀行(通称メガバンク)の
一般職ってば恐ろしい。。。
ある内情を知る女子から。。。

===

8:30頃には出社
~支店内/課内の上の方にお茶を出す
「おはよーございまーす、いい天気ですねー」

それから、机拭き、文房具の整理、
トイレで化粧直ししてきたら、もうランチだ。。。

ねー何処行くー?

昼休み60分をたっぷり使って帰ってきて
さらにトイレで化粧直しだ。。。

13:30頃~
送別会のおもいでアルバムつくりに精を出す
「きゃっきゃうふふ。この写真のとき楽しかったねー」

(※支店はとにかく異動が多いのだ、
規模にもよるが送別会なんて毎月2~3回あるイメージ、
総合職の人は本当に覚悟した方が良い)

・・・って、なぜその作業を!みんな3~4名女子でするの!?

(多少の来客お茶対応を合間に挟みつつもメインはコレ・・・)

17:00 定時が迫る前にはトイレで念入りに化粧直し

17:25 すぐ退社 (昭和の言葉で言うところの”ベルサッサ”です)

====


いやはや、平和ねー。。。
blog_ranking
【トップに戻る】

上司とのチーム戦、仕事のコツ(日々の気遣い)

日常気をつけるべき仕事のコツ
みたいなのありますか?
と聞かれて、ふと考えたんだけど、


自分が自らに課しているチェックポイントは、
(根回しじゃないですけど)



上司(Boss)を驚かせないこと

なんじゃないかと思います。


おいおいこんなのはじめて見たよ!
→受け入れ難いなー・・・
とならないために、


ちょっと突飛な提案とか、
顧客から言われた件に関しての回答


「I think ほぼほぼこの方針で行こうかなと!」
と事前に1分でも話しかけておくこと
デキル総合職女子→デキル男性上司の場合、特にこういう水面下の意思疎通がすくなかったりするんですけどね)

「じぶんひとりでできるんだ!」
肩肘張る前に、多くの仕事は、チーム戦なんだし、
大事だと思います。




「コレいきなり紙で見せられて、上司は驚かないかなー、説明ひとことしとこっかなー」



これもたぶん気遣いのひとつ。恋愛方面での気遣いを少しだけ、お仕事にも。

【No.150】外資系サバイバル術?~好きなシゴトをとってるか

夏真っ盛りですね。150回目の記事にして重要な提言。
みんな、だらけてませんか?
大丈夫ですか?本当に大丈夫ですか?・・・という備忘録。
いざ夏休み!という前に・・・振り返ろう

--------------

我々のオシゴト、なんというか日々の仕事は忙しい反面、
プロジェクトが終了し次のそれが決まるまでは猶予期間(休み)があったりします。
それは数日だったり、数週間だったり・・・
運次第ですが概して夏は比較的余裕があったりする、そんな人こそ要注意。


ご多分にもれず、私も暇に甘えていた時期がありました。


ところが…そこで
「最近なにやってんの?…本当に大丈夫か?シゴト取ってる?
と、メンター(相談相手)であるmy Bossは問うてきたのです。


この発言の真意がわからないと思う人は
絶対、以下のような本を読んでおくべきです



いわゆる外資系のイメージとして

・産休/育休は完備されている、社員は大事
・昇進に関する基準も公平である、実力主義
・実際問題、クビなんて切らない (金融は稀にあるけど・・・コンサルやメーカーは原則大丈夫)


これは事実だ・・・だが一方で
人事部のきれいなお姉様が教えてくれない(=知らない)
外資系ボスの思惑や真意
を、我々若手は知っておいてほうがいい
その意味においてこの本は、名著。

外資系キャリアの出世術外資系キャリアの出世術
(2008/02/29)
シンシア・シャピロ

商品詳細を見る



-------------------

さて、このとき幸運にもボスから
(この本でいうところの)真実めいた忠告をいただきました

続きを読む »

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル : 就職・お仕事

外資系でぶつかる新人の壁

六月です、新人はとりあえずの研修も終わり、壁にぶつかりまくる時期。

要はコンサルにしろ投資銀行にしろ、最初は細かい作業ベースのシゴトが多くて、

「私の職種…なんだっけ、これ私じゃなくてもできることばっかよね」と、
軽く鬱に思うことが多い時期

将来予測損益計算書とか
買収相乗効果がどうとかの分析…
いやそもそも記事検索など

細かくて苦手ゆえ時間がかかり、
でも全く付加価値出せていないので、
土曜日曜をつい使ってしまいがち(反省しよう)

シゴトのテーマ自体はいいんだけど、
作業内容が…ぶっちゃけ苦手。という新人は多い。
よく考えよう、先輩はこう思っている










●当たり前じゃん、無能な新人にいきなり重要かつ面白いシゴトは回せないよ

ただし、ツマラナイ作業に見えても極めて重要であることは忘れてはいけない。

例えば、買収の小競り合いにおいては細かい数字や算出ロジックがズレただけで100億単位で高い買い物になるかもしれない…

100億…YOUが10回死んでも責任は取り切れない(笑)

そう、数字に正確であることは、
新人がチーム内で信頼を勝ち取る大事
とはいえ、もう、時々…あれだ








エクセルごと叩き割ってもイイデスカ?
(←落ち着け、エクセルは固体じゃない)


という気持ちもよくわかる、わかるんだけどね。

gakusei blog ranking

この下に続く

続きを読む »

新人の心得~メガバンクは大変だった~

こーんな仕事をやっていると


新人なのに、どうしてこんなにキツイんだ!!
キツイというのは、仕事への要求水準とか、


と、ふつふつと湧き上がる思いがあったりするのですけど
そんな後輩たちへ
あるメガバンク出身の先輩は語ってくれた・・・



たしかに新卒でこの業界にくるって大変とは思うけど

仕事らしい仕事に集中できる環境ってすばらしいですよ

僕らが、メガバンクに入った頃って
新人のやることは

一日中、硬貨のビニール巻きだったり・・・
一日中、単一窓口対応だったり・・・
たとえばね

続きを読む »

某メーカー幹部採用組の苦悩~ご丁寧な研修~

あかん、この会社失敗やった!
仕事はヒマやといって誘われたのに、忙しい!



スナフキンは声を大にして、救援信号を送っている




そもそも、大卒数名採用、幹部候補しか採らない
と明言していた安定したあるメーカー
まぁたしかに・・・と予想していたはいたが
その内容はスナフキンの想像をはるかに凌駕していた


研修における


・名刺の渡し方
・報告書の書き方
・電話応対



はまぁわかる、基本だ
・・・がしかしさすがは幹部候補
研修内容が細かくご丁寧に
どこまでも当社仕様なのだ



・出世について、福利厚生について (→わが社に留まれよというメッセージ)
・工場のおじさんたちに嫌われない集団行動について
・工場のおじさんたちにナメられずに信頼を勝ち取る心得
・○○部長の経歴、出世街道  (※日経新聞の私の履歴書・・・的な?)




”そんなんまで座学で研修か!?”
”これは、半分洗脳だ・・・”
とつぶやく見方もあるが
(良いか悪いかは別にして)大きな組織内で
出世していくには必要不可欠な能力だとも思う
(ご参考)入社時に大切な・・・


そもそも大企業における処世術なんて
教えてもらうものではなく、体得していくもの(たぶん)
気付かない人は出世レースから脱落していくのが世の常なのに


わざわざ研修で教えるほどの時代になったか・・・
それとも幹部候補に争いがないからなのか・・・
このメーカーが元から丁寧な方針なだけなのか・・・
不思議である





社長を目指すにはうってつけの環境だとは思うが
マッタリ働きたいスナフキンには、合わない環境だろうなぁ・・・




そういえば、あの偉大なる先輩は、社長就任だそうですね◎



毎日新聞 2008年4月1日 19時56分
 週刊「モーニング」(講談社)の人気連載漫画「専務 島耕作」(弘兼憲史さん作)の主人公が社長に就任することが1日、分かった。
 シリーズは83年に「課長 島耕作」として始まり、大手家電メーカーに勤める団塊世代の生態を描いて人気を博した。以後、主人公の出世に合わせて漫画のタイトルも「部長」「常務」などと変遷してきたが、26年目にとうとう“社長人事”が発令されることになった。関係者によると、5月下旬発売の号から「社長 島耕作」に衣替えする。

(入社時に)意外に大切なこと

20080401024051
20080401024050
今春入社する方、おめでとうございます。契約社員的に働きはじめる内定者(投資銀行など)の方、ゆとりあるうちに頑張ってください。

四月一日、最初に大事なのは゛挨拶によるcharm゛であり、゛その相手は同期ではなく先輩゛であるべきだと、
自戒の意を込めてここに記します。



よくある例(メーカー、メガバンクなど)

●同期がたくさんいてかわいいコもいるから…ここはがんばらなきゃ!と、
同期に対してのプレゼンスをあげるべく頑張る


→落ち着こう
同期とはいずれ仲良くなる。&こんな場での異性アプローチは無駄。



最初に大事なのはとにかく先輩・上司

大企業で上に上がっていくには後ろ盾が必要。
「入社して自発的に挨拶しに来られて気分を悪くする人はいません。人は自分をいい気分にさせてくれる人をかわいがるものです。



●いやうちは少数精鋭の実力主義だ、早く貢献できるように、馴れ合いはほどほどにシゴトに邁進するぞー!

ちょっと待てっ

→シゴトができるようになるためには、先輩の手ほどきが必要。業務マニュアルだけに従えばいい単調作業ばかりじゃないでしょう?


実力主義だから社内で一匹狼でも大丈夫!なんて大きな勘違い!


社内にmy師匠を見つけて、
全力で学びとりにいく、技を盗みにいく。
そんときかわいがられる存在なら得られるものもなお大きい。


同期とはいずれ仲良くなる…忙しい職場なら特に!少数精鋭なら特に!


だからどうだって話だが、

入社して最初の一週間は第一印象をつくる大事な時間

自発的な挨拶を忘れずに。

とにかく先輩に覚えてもらえ。

そこがどんな職場であっても。



gakusei blog ranking

1年上のおじさま、3年上のお姉さま~多様な成長環境~

「見やすく…うーん、まだ・・・伝わりきらないか」


中途の先輩の思い描く
「どんなお客様に出しても通用するExcelシートの見やすさ
というのがイマイチ理解できていなかった…
「社内の議論時にはOKレベル」
しかつくってきていないからだ


必要最低限の研修であとはガンガンOJT(働きながら学べ)…
経験するプロジェクトの種類は人によりまちまち…という
高速成長プレッシャー環境ゆえに
゛やったことない作業がいまだに存在する゛…新卒の弱み。


そこで助け合うのがすぐ上の
テニュアの近い先輩たち。
すぐ上とは、1~3年上を意味するが
この業界において1年の差はひたすら大きい。


今日は、やさしいおじさまと、やさしいお姉様に助けられました。
私、ほろりときました。
このひとたちのためなら徹夜も厭わないわ・・・



gakusei blog ranking


(下部に続く)

続きを読む »

話の聞けないオトコは仕事がデキない (注意!)

【Fact :こんなことがあった】

このように推計しよう!と手順をリーダーが説明してくれた
懇切丁寧に説明をしてくれた

しかし作業しているうちに
うんうんうなってやってるうちに
"あ、こっちの方が簡単に出せるんじゃない?"

という思いつきと思い込みで別の推計でおこない、結果として、
"間違ってはいないがお客さんの納得できるものではないアウトプット"
を出してしまった

【So What? :だからなんなの】

間違ったことよりも、なによりも
話が聞けていないのが、やばい
無視したつもりはなくても・・・指示無視になっている
話が聞けていない、とは、仕事上でときに致命傷になりうる


●これがもし締切間際/全体に影響する重要な数字だったら?
  (プロジェクト運営がつまづくリスク)

●わざわざ時間を割いて説明してくれたリーダーの気持ちは?
  (チーム内コミュニケーションがつまづくリスク)


付加価値とは
文字通り依頼されたことに対する結果+αの内容だ
依頼された内容をさし置いて、付加価値もなにもない。
猛省すべし


※これは、どんな仕事をする上でも、非常に重要なスキルというか
英語が出来る、とか、excel得意、とか、会計に強い、とかの目立つスキルの
根幹に位置すると思っています



【For example:就職活動の場では】

面接練習も
グループディスカッション練習もしているのに
落ちるんです・・・

という悩みをよく聞きますが、
その子はたいてい
悩み相談というか、悩みを一方的に吐く

「でも、まわりにしゃべらないヤツばっかりだったんですよ!? だから私が軸になって進めて・・・同意してくれたヤツ(夏インターン獲った優秀なやつ!)もいたし、落ちるはず無いのに・・・(中略)・・・こう思うんですよ、間違っていますか?」

と、
自分の正当性を確かめたいかのような挑戦的な話し方
そして、
●自分は少なからず就活生の中で相対的に優秀な部類にいる、という自意識


これらの空気が、じわじわと会話から滲み出していて
周りの学生の意見を拾えていない、面接官の質問の意図を汲めていない
この学生採るのやめよっか・・・という判断に
つながることも、ままありうる


なんで、採るのやめよっか、と思うのか
それは前述のように
「話の聞けない人」は仕事でミスをするリスクが相対的に高いし
上司の言うこと(インプット)への聞き方が浅いと、成長の遅さにもつながるから。 



もしかしたら、無意識に自分の言動にそういうところがあったかもしれない・・・と
たまーに、振り返ってみよう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。