スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛にS・M・A・R・Tを忘れるなかれ

恋愛にSmartさを忘れるなかれ。

S・M・A・R・T!



●Specific

→あなたの何が(相手にとって)特別なポイントなのかを考えていますか?

→これを忘れると例えば、単に若いかわいい女、単にイケメンな男に競り負けます。


●Measurable

→あなたは恋が上手くいった理由ダメな理由に真摯に向き合い、測り、把握していますか?

→例えば、ダメ男との恋愛は惰性でいくら回数を重ねても成長しません。

おそらく毎日のメールで”返信がない、寂しい”と訴える頻度が駄目な理由だったかも?と仮説を立てたならば、
(次回は半分くらいは我慢して、褒めて誘導してみようかな)
と対策も考えられるはず。


●Action Oriented

→あなたは自ら行動を起こしていますか?

→例えば、出会いの場(勉強会、セミナー、経営者の集い、結婚式二次会、必ずしも合コンを意味しない)に顔を出し、御礼メールと次のアポイントをひと月以内にとっていますか




●Realistic

→あなたの選択眼には現実的な妥当性がありますか?

→例えば、結婚に最低限求める条件をまず3つ程度に絞れない人は苦労します。

『優しければいい』とかあまり考えてないのもよくないし、
絶対芸能人の◎◎みたいな人じゃなきゃイヤだ!とか贅沢すぎるのも…
年収600万円以上がいい、と言いますが20代でそれは3%前後
それに見合う何か強みがあるかな


●Time Oriented

→アナタの恋に時間感覚はありますか

→例えば、29歳までに産みたいのであれば、
→十月十日さかのぼり、仕込みに半年と仮定すると、
→結婚式はいついつに決まり(冬は寒いしね)、
→どう急いでも式への準備や挨拶に半年は見ると(できちゃった婚は別だけど)、
→付き合ってプロポーズされるまでにまた最低半年とか仮定すると
→彼氏をつくるべきは27歳のこの春、5月くらいまで!
Just now!


というようなタイムラインを引いて、
いつまでに何をしておくべきかゴールから逆算しておく
のも、大事です。



まとめます
『恋愛にSmartさを忘れるなかれ。S・M・A・R・T!』
だからなんだって話ですけどね。
雑談の中でも織り交ぜお伝えしていきますよ。
スポンサーサイト

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

男子必見】いま、時代は草食男子かつ鹿系男子。

鹿(シカ)系男子。決して馬鹿というわけではないですよ。



1、賢く


2、かわいげがあり(なつく感じ、つぶらな瞳とか)


3、優しく(ファクトはともかくイメージだけでOK)


4、細身ながら筋肉質で


5、脚も締まって細い


6、(ついでに)実は仲良く近づくと凶暴にもなる。




うんうん。I think so.


blog_ranking
【トップに戻る】

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

忙しいMEN'S結婚観~激務経験のある女子

結局、お互いを“完全に“理解しあうのは難しいわけだが、


●激務経験のある女子はその点よいね。という話はよく出ます。




学生時代からのカップルで、外資系に勤めはじめると、結婚に持ち込まない限りまず一年ほどで別れてしまう。


『こんなに私と会えないほど忙しい仕事が世の中あるわけがないわ!』
→『よって浮気をしているに違いない(泣)』



(彼女的には)極めてロジカルに、、結論づけられる悲劇。


一方、中途採用で前職時代に『一般職の女の子』と結婚している場合も、同様の猜疑をかけられ苦労する。

続に言う『炎上』である。仕事ではプロジェクトが炎上し、家庭では嫁が炎上。






なんとか持つのは、彼女もそれなりの激務経験がある場合(=相手の苦労を理解できる素地がある)


(例)理系のトップレベル研究室経験ありand/or勤務経験→外資系(金融・コンサル・メーカー)、マスコミ、商社(総合職)、国家公務員、医者弁護士会計士、看護師、システム開発系、リクルートなどの営業系。

具体的には

終電連続とか、7連勤とか、
たまにでも起こりうるところ。


愛する相手の気持ちを理解する。
それはとても大変なことだが、その理解する素地は、
育ってきた環境や働いてきた環境にもわりと左右されたり



続くかも



blog_ranking
【トップに戻る】

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

働く女子の結婚に(最低限)必要な3要素

自分の人生を邪魔しない
(→仕事と俺とどちらが大事かとか愚問を呈するやつは論外。男子は普通にこういう視点を持つが、女子は案外見落としがちなのよ)



自分を好きでいてくれる
(→共同で暮らせば多数の衝突事項があるものだが、惚れててくれれば大概のことはなんとかなるものよ)




いいなと思うとこが半分くらいはある
(→完璧を求めない、自分も完璧じゃないんだから、相手の欠点も半分くらいまでは目をつむりなさい。)




だそうだ。
私より30歳分くらい年上のお姉様のお言葉。→備忘録。

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

結婚価値観を先に見分けたい、軽く刺したい質問2つ

「結婚における価値観」とは

もちろんいろいろありますが、その中でも普遍的でわかりやすい事柄について。
誤解を恐れずに、例えを使わせてもらうと、、、


専業主婦志向か、キャリア両立志向か、みたいな話です。


私は、どちらもいいと思います。

ただひとつ、大事なのは

"その値観を理解できる人と一緒になること”

"その価値観を理解できるか否かは、
ここまでの育ち方に大きく左右される&天的に変わることは稀だ"


ということです。


母親が専業主婦で家庭第一という方針だった家の生まれの方は、
男子女子問わず、職業が総合職か一般職か問わず、条件を突き詰めて聞いていくと
「私は(妻には)専業主婦でありたい(あってほしい)」
という声が出てくるし、

母親が働いていた(共働きorシングル)場合はその逆で、
どのように両立すべきか、という問いが論点に上がってくる。


今まで20~25年間、、、の生活感はそうそう変わらない。

たとえば、
家事をしたことなかった男子に、家事をさせるのは難しく。
9時~17時以上働いたことのない女子に、共働きを求めるのも難しい。
(よっぽど惚れさせない限り、、、→ここを過信して踏み切るなかれ)



だから、結婚を考えるのであればあるほど
恋愛の初期段階において
以下のような質問を投げておき
ある程度の検討をつけることを勧めたい。
男子にも女子にも



1.貴方のお母さんは働いてた?

2.ねぇ一人暮らしってしたことある?



blog_ranking
【トップに戻る】

テーマ : どうしたらいいんだろう・・・・ - ジャンル : 恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。