スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収2000万円の転職術+この一冊でわかる戦略コンサルティングの全て

年収2000万円の転職術
高学歴・中収入・低資産からの脱出法
・・・とサブタイトルにはありますが、その内容は期待してはいけないですよ
帯に短し襷に長し・・・という感じ。


ただし、そこは、その道のプロの方が書いた本
一応自分を高学歴と考える人×年収2000万ほしいそれ以上は要らない志向
を持つ方学生/社会人にはかなり役に立ちそうな本です
こういうレビューに興味アリ! 



年収2000万円の転職術 (ピンポイント選書) (ピンポイント選書)年収2000万円の転職術 (ピンポイント選書) (ピンポイント選書)
(2008/06/12)
神川貴実彦

商品詳細を見る


ただし、この一点においては納得、
この著者はコンサルティングファーム/投資銀行への転職を専門に扱うエージェント兼アドバイザリーなのだ
そのノウハウの一部が書かれている
I'm sure that this book's author is good at...
"How to enter Consulting Firms / Investment Banks"







一応、高学歴なサラリーマンという前提で
年収2000万円を得る転職とは?という漠然たる問いを抱いている人にフォーカスした
職実践例解説の本です
でもこの本の中で就職活動初期の学生さんにも役に立つかも・・・と思うのが下記2点


続きを読む »

スポンサーサイト

ブーズ・アレン・ハミルトンが変わっている・・・

外資系の戦略コンサルティング会社として
グローバル全体で最大手の人数を誇っていたブーズ・アレン・ハミルトンの名前が変わりました
ブーズ・アンド・カンパニー(Booz&Co.)です
***Today's Ranking***

とはいっても喧嘩別れなんかではなく
元々、米国国防省の案件が半数近い、など特殊な状況にあったブーズが
その業務の民間部門(=フツウの大手戦略コンサルと同じ業務内容部分)を
独立させたということです

グローバルで3300名とは・・・、
戦略コンサル部門を切り出しても
Mck,BCG,Bain,ATKとかとグローバルで伍する規模だということが
あらためて、明らかになりましたね


コンサルを受けている方々からは、とても評判が良いファームです
面接では
高飛車な態度でもなければ、
単に聞く姿勢に徹して突っ込み待ち、なこともなく
ズバズバ核心に切り込んでくると。

東京オフィスは今後どうなっていくのでしょうか
現状、あんまり大きく規模を変える動きは見られないようです
変わらない”人の良さ”であってほしいですね。
そのうちお話を伺いに行きたいものです


~(引用開始)~

ブーズ・アンド・カンパニー、大手の国際的経営コンサルティング会社として発足

2008年5月22日:ブーズ・アレン・ハミルトンの民間企業・国際事業部門の経営陣は、第一級の国際的な経営コンサルティング会社、ブーズ・アンド・カンパニーを、民間企業、政府官公庁、その他機関を対象とする会社として発足させました。民間企業・国際事業部門の前社長でロンドンに本拠とするシュミート・バナージ が、ブーズ・アンド・カンパニーの最高経営責任者(CEO)に選出され、中東を本拠とするジョー・サディが、17人から構成される取締役会の議長を務めます。

本日の新会社発足は、ブーズ・アレンの米国政府部門の持分の過半数を、プライベート・エクイティ会社が民間企業・国際事業部門の経営陣から買い取るという、最近発表された戦略的投資に続くものです。この結果、米国政府部門と民間企業・国際事業部門は法的に別会社となります。ブーズ・アンド・カンパニーは現在ブーズ・アレン・ハミルトンの子会社ですが、この戦略的組織改編が完了すると、法的に独立した会社になります。この組織改編は、2008年中盤から後半に完了する予定です。

続きを読む »

女性コンサルタントとして活躍・生き残るための・・・

戦略コンサルのパートナー(共同経営者)クラスに上った女性達の話を聞く機会があったんです

もちろん
結婚してたり、
子どもがいたり、
サバサバしてたり、
かわいらしかったり…賢いのは確かだろうけど、普通の女性。

どうしてそんなワークライフバランスが可能だったんですか?
というのが趣旨なんだが、
男性にも聞いていて参考になる点は多かった

例えば

●休みをとれば回復する

わかるー。意外と重要。休みはプロジェクトの合間にガッと取ってもいいし…。

出世を焦る業界ではないからね
(役員級ポストに人数枠がない、成長して結果出して条件を満たせばなれる)
いったん退社してもまた出戻りもよくある話だし (これは男性もよくやる)

長い目で見て長く活躍できることが大切じゃない?
周りと自分を比べて焦らない追い込まない。


●必要なサポート体制は望めば作れる

そもそもコンサル業界は新卒を採りはじめてまだ年数が浅い。
歴史のある大企業のように福利厚生が調えられてはいないが…それは軽視しているわけではなく、言えば作れる、風通しのよい業界だからその点は恵まれているよ。
人材が資産の大半を占める業界だしね、辞められたら打撃だから。

使うかどうかわからない社内託児所があるよりも
(→通勤ラッシュに子どもはしんどいよ)
育児補助一時金があるよりも
(→お金より時間じゃないかな)

産休育休を気兼ねなく取れたり、
時間短縮勤務ができる方が
私達のシゴトには数段あってるだろうし…そう伝えていまのように制度ができてきた

とか


●まだ女性が少ないのは受けてる母数が少ないから


例えば業界を志す母数で女子比率が2割なら、採用後の女子比率も2割…というように。

採用基準も昇進基準もガチで男女平等だからこそ、体制は調っても簡単に女性が増えるわけではない

だからこそこうして発信していって…

なるほど

というわけで、自分も発信してみました。
もし興味あったら…YOU!受けちゃいなよ!
サポートいたします◎

***就活生向けBlogランキング***
***ブログ村就活ランキング***

コンサル=すぐ辞める、という概念から離れてみよう

コンサル冬ジョブの選考は終了し、
インターン生がコンサル各社のオフィスを訪れて働く時期になりました

この子、優秀なのにな…と思うのに落ちてしまった学生に共通して(個人的に)思えたのは

●シゴト内容より労働時間を重視する傾向…が見られた人 →楽して稼ぎたい
●成長のステップにしたい、という意志が見られた人     →学んで辞めたい

やはり「コンサルはすぐ辞める人多いんですか?」とよく聞かれます
離職率が高いってイメージ先行があるけれど、実際は他の企業とそう大きくは変わらないようです(大手銀行や商社→コンサルに行った人から聞いた限りでは)

中途採用の人がシゴトのスピード感やプレッシャーが自分に合わなくて去る…のがたまに見られても、新卒採用が数年以内に辞める例は数少ないです

けどコンサルは、中途:新卒=1:1に近いファームが多いし、卒業後に活躍する人も多いので、”すぐ辞める”イメージが付きやすいのかもしれません。

さて

今日ふと見つけた一冊が、
就職ジャーナル 2008年 01月号 [雑誌]就職ジャーナル 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/01)
不明

商品詳細を見る


就職活動生向けの本だけど
この号は内定者やコンサル転職検討者が読んでも面白そう

メイン特集は、フジテレビ・住友商事の面接実録、ですが・・・

ひっそりとコンサルティングファーム特集があり、その中に

○代表的なプロジェクト(仕事)のチーム編成・期間の例
○各ポジションと昇進に要する平均年数


そんな内容が下記ファームについてざっくりとわかりやすくまとめられていました
これらはファームにより差が結構あるので興味深い

アーサーDリトル
IBMビジネスコンサルティングサービス
トーマツコンサルティング
野村総合研究所
フューチャーアーキテクト
べリングポイント
ボストンコンサルティンググループ
三菱UFJリサーチ&コンサルティング

あとは、コンサルを3~4年で辞めるなんてしんどいだけで損だよ、マネージャークラスまでやらなきゃ面白くないよ、という堀さんの言葉

「成功者だから言えるわな…」

というやっかみ半分、会社から投資してもらい育てられてる身分としては、
「たしかに。もっと貢献して恩を返したい…」

とも思うのです

平均的に、コンサル=すぐ辞めるわけではない!
新卒が続けやすい環境はどんどん整備されてきているので、
シゴト内容に興味ある人にはおすすめの業界ではないかなぁ・・・と

ケース面接がはじまる!対策どうする?【戦略コンサル冬の陣】

採用直結型の冬のインターンシップ(ジョブ)の倍率は
500倍~高いところでは3000倍にまでなる。


(参考)
日テレのアナウンサー職が倍率約2000倍 (昨年度)



その一次面接がじわじわ始まるよう(屮゜Д゜)屮
今週末から…
ここに至るまでで、エントリーシートと、濃密な筆記試験通過が必須
ここからは2~3回の面接が行われるが、
なかに【ケース面接】というコンサル特有のものがあります


「新幹線車内のコーヒー売上を倍に伸ばす方法は?」
とか聞かれちゃうかも・・・
まず売上を概算(単価×個数?)→それから戦略を考える問いや


あとはエントリーシートに関連した単純な概算問題
「いま日本に自転車は何台あると思う?」
「いま日本に電柱は何本あると思う?」


とか
なんのことやら?と思う方々にぜひ一度
読んでみてほしいオススメ本が
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
(2003/06)
ウィリアム パウンドストーン

商品詳細を見る



この中にはビルゲイツが入社試験で課す
難しい(でもセンスある人にはカンタン☆)面白い問題の数々が・・・・

ケース面接に役立つヒントがいっぱい
中でも秀逸なのは、
世界中にいるピアノの調律師の数は? 

という概算&検証の考え方
世の中には存在しない統計数字というのはごまんとあります

それでも、なんとか見当をつけて進めないと
企業の経営判断にゴーサインは出せない・・・

コンサル各社でケース面接が課せられるのは
そういったものの見方考え方が必要とされる特殊な業界だからなんです





これを考えるヒントになる…かもしれない数字として、汎用性が高いのは

続きを読む »

戦略コンサルの筆記試験対策は10月から

秋に入り、10月にはさっそく、戦略コンサル冬インターンの筆記試験が始まります!
ここで落ちると非常にもったいないので、不安な人はさくっと対策をしておきましょう!
もう明日に迫っているからいまさら間に合わないよ・・・と思う人でも
とにかく目を通すだけでも通してほしいのがこの2冊

上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”
(2001/10)
田辺 勉

商品詳細を見る
上・中級公務員標準数的推理―基礎から体系的に学べる“基本書”上・中級公務員標準数的推理―基礎から体系的に学べる“基本書”
(2001/10)
田辺 勉

商品詳細を見る


この国家公務員1種の問題集が相性が良いです
これは、判断推理を優先、数的推理もやっておくとベター

特に
ベインアンドカンパニー
ボストンコンサルティング
ATカーニー
の筆記試験
で活きます
(もちろんやったことはその他の企業を受ける際にも役立ちます)

こんな内容がマークシート方式で、
たとえば70問を60分!という時間感覚で解く必要アリ

私は東大生だから京大生だから・・・とか
なめていると痛い目見ますよー
意外と、半分くらいは落ちます
よっぽどの天才で無い限りは、一冊を軽く見ておくとよいかもです


とはいえみっちりやりこめというわけではなく具体的には2点


広く浅く見て全パターンに慣れる

一問40秒で解けるか!?を意識する


がポイントです、頑張ってみてください


ファームごとの難易度を感覚で言うと

BCG、ATK、ですね、難しいです
合格ラインは7割前後です (60問中42問~?)
学歴に不安のある方はもう少し高めの点を目指してがんばっておきましょう
わからんとこは飛ばしてとにかくスピード!
とはいえ見直す暇は原則ありませんので慎重に!

※コレ、できるやつは満点とかいうんですが・・・そういう


Bainはやや難度が下がりますが合格ラインが9割以上と、
ワンミスが命取りになってきます、すごいシビアな状況


RBも同様にやや難度は低いですが、
ケース課題の作文があり、そこが合否に大きな影響を与えます
例)少子化対策の打ち手について、40分で整理して書けみたいな・・・


ADLは、筆記がありません
その分エントリーシート切りがシビアな・・・
他社のコピペで出そうなんて思わないことです

Mck、Monitorは、
ハイレベルな英語の速読がメイン
になってきますので苦手な人は頑張れー
読んでて面白い文章ですよ



あとは忘れちゃいました



でも、ここで筆記対策しとけば他の業界受けるときにも役に立つのでぜひ!

外資系投資銀行も難易度はココまでではなかったですが、
Webテストなどでやや英語重視の傾向あり


総合商社の英語+SPI難、みたいな試験や、
多くのメーカーのSPI (テストセンター使用)は、
上記外資系の筆記試験を思えば楽なものです



てか、これらの本をみっちりやってる
公務員試験(キャリア)ってそもそも勉強大変だなーと思いますよ。
いわんやロースクールをや。




この程度で根をあげていては、彼ら相手に胸を張って働けない!?

テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

No.50】戦略コンサルGD例”ドリームインキュベータ選考概要”

おひさしぶりです。
京都方面ではもう始まってしまったかも…

エントリーシート通過後のお話。
以下は、グループディスカッションの一例として
最も倍率の高いドリームインキュベータ(DI)の例
を示しますが、

その他の戦略コンサル…たとえば
アーサー・D・リトル・ジャパン (ADL)
モニターグループ        (MG)
アクセンチュア戦略グループ   (ACN)

でも見ている点や内容はほぼ近いものと思ってください


●一次グループディスカッション

昨年は「海外への留学者数を二倍にするには?」というお題だったり

するとまず考えるべきは定義なのかな。
●誰がこのお題で依頼してるの?国?じゃあ国のできる範囲での対策になりそうだね
●いま現在どういう人々が留学しているのか?

高校生?
大学生?
社会人?

で、だいたいどれくらいの人数がいるのか…よくわからないので、
日本の人口12000万人を平均寿命80歳で割って一世代を約150万人とさせてください。

だから
高校生は150万×3で450万人
大学生は進学率50%×150万×四年間で約300万人

というように概算して考えていきますね。

※概算力もコンサル系の面接のポイントのひとつ

あとは留学者はそのうち何割くらいいるか考えてみてください。
それから、どのセグメントを狙えば全体で二倍になりそうか、をみんなで議論。

答えがあってるかはどうでもよい。ま、楽しくね◎
グループディスカッション通過者はその日のうちに


●グループ面接3対1に臨みます。

「簡単に一分以内に自己紹介してください」
そのあと、気になる人を中心にエントリーシートの内容を突っ込んでくる
「それはなんでですか?」
「それはなんでですか?」
「そう考えるに至ったあなたの価値観の根底にある経験って何だと思いますか?」

たとえば、こう三回突っ込まれても答えられるくらい考えておこう。
あなたの人間性を知ろうとかなり突っ込んできます
自分のことについても深く考えさせられる…厳しいですが、タメになる選考内容です


gakusei blog ranking

少数精鋭チーム戦~コンサルのon/off~

よっし!お休みだ!

ひとつのプロジェクトが終わると…
チームはいったん解散し
次のプロジェクトに入る前に
ちょい長めの休暇を取ったりする。

に出る人あり、産休をそこに合わせる人もあり

まぁチカラ足らずな新人は、ここぞとばかりに
自習をするわけだが、コアタイムもなく
出社の自由が効くのがすばらしい☆


あ、ちょっと待って

チームって何?

と言う話だが


戦略コンサルでは
経営者クラス(パートナーとかヴァイスプレジデントとか呼ばれる)
が一人あたり2~4つ?の
プロジェクトを抱えて
主にクライアントの企業とのやり取りを担当する。
営業はボスしかやれない
この世界のちょっと不思議なところ

彼らはそれぞれ得意の専門分野(プラクティスエリア)を持っているわけです。
practice area

(参考: A.T.カーニーのホームページより)


そして

続きを読む »

テーマ : 職場でのできごと - ジャンル : 就職・お仕事

外資系だと新人を育ててくれないと聞きますが?

これもよくある質問ですが・・・。



タイトルのような質問をそのまますると・・・

「ちょっと待て、『育てる』の定義って何?」

と突っ込まれるので注意が必要です(笑)


---------------

ところで

動物園のライオン野生のライオンの違いって考えたことありますか?

子ライオンはどうやって育てられているでしょうか??


▼動物園の子ライオンは、

「オリを出ない」「ヒトを噛まない」など制約の中で
最初から用意された肉が与えられ・・・

もぐもぐ・・・


一方、


▽野生の子ライオンは

走る親の背中から肉の取り方を学びつつ
(日頃から走れるようにしておく、牙を磨いておく・・・etc)

めきめき・・・


------------------


肉を与えられても育つし、
肉の取り方を教えられても育つ


けれど成長の度合はまるで違います


『子ライオン』が『新人』

『肉』が『おシゴト』


多くの外資系企業が「成長が早い」と言われるのには
その差があるのではないでしょうか
とりわけ戦略コンサルや投資銀行ではそれを実感します

また

全ての日系企業が「動物園方式」だと言うつもりは毛頭ありませんが、自ら考えて動かなければ
「与えられた仕事を回すだけ」の
ツマラナイ人生になってしまう可能性もあります。


これから就活をするヒトも
内定してるヒト、
仕事に詰まっているヒトも


ちょっと気にしてみてくださいね


自分はシゴトを取っているのか、与えられているのかを◎






テーマ : 就活 - ジャンル : 就職・お仕事

ボスコン(BCG)が提唱した”外へ向けた”戦略

時代はずっと遅れること1963年・・・


ADLでコンサルティング業務に従事してきた
ブルースヘンダーソンという男が
ボストンに小さな事務所を開いた、それが

ボストン コンサルティング グループ

既に、管理会計のブーズアレンや組織戦略のマッキンゼーが
大きく力をつけていた時代の新規参入。
同じことをやっていては勝てない。

彼が気付いたのは
いままでの戦略コンサルで中心だったのは
企業内部の問題をどうするかという視点が強かった。
Boozの管理会計しかり、Mckの組織戦略しかり。


けれどどの企業にも、
その市場での競合企業など
外的な問題はたくさんあるワケ
そこを解決してはじめて真の戦略ではないだろうか1?


そして有名なフレームワーク

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)
経験曲線
BCGダイヤモンド


などが生まれたんだそうな。

斬新な考えができるように、
ただ優秀なやつではなく、
ヘンなやつも意識して採用していた・・・

その彼の方針が
コンサル的なフレームワークの使い回しを是とせず
全力で考え抜き新しいアウトプットを捻り出す姿勢に
影響したとも言われている。


一方で個性豊かなメンバーが集まることで

分裂の問題も起こる


ボストンの小さな事務所も繁盛して
一階と二階に分かれるほど規模が大きくなったある日のこと・・・
創業者ブルースヘンダーソンが
オフィスの半分を面倒見ていたが・・・

なんと

もう半分を担当していた
パートナー(共同経営者)のジムベインが・・・
ぞろっと引き連れて独立してしまったんだそうな
それが後のベイン・アンド・カンパニー
おっと!いきなり戦力半分



ほかには
BCGを卒業して
ドイツで主に自動車産業相手メインに起こったコンサルが
ローランド・ベルガー


同様にBCGを卒業して
”クライアントは一業種一社に絞れよ!ライバル企業を両方自分たちで見るなんて・・・”
で起こった、マーケに強めな、おフランス系
マース・アンド・コー



・・・というように
分裂の歴史が多く見られます。



1966年設立の
BCG 日本オフィスからは、


日本初の純粋戦略コンサル
パートナー別採用で個人の裁量も大きく。クライアントの幅も広い
コーポレイトディレクション
が独立していますし


その後には2000年に
戦略コンサル+投資+ベンチャーインキュベーションの
ドリームインキュベータが独立しています
ここも極めて変わった×優秀な人たちがいます
※現在、新卒採用においては業界最高倍率を誇る


これは
当時のBCG日本オフィスの代表(要は社長!)
がシニアなパートナー(要は実力のある重役クラス)
をごっそり連れていった大規模な独立劇


BCGが受けた衝撃は小さくなかったに違いない・・・


変わった人を集めるというのは、大変な一面もあるのだろう



***その他の就活支援系ブログへ***




テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

なぜマッキンゼーは強いのか~戦略コンサル世界史②~

戦前からあったわけですが、

特に戦後にめきめきとチカラを伸ばしたのが
組織戦略コンサルティングの
マッキンゼー・アンド・カンパニー

第二次世界大戦後、日本は当然として、欧州列強も国力が疲弊していた時代、アメリカの企業(特に工業を中心に)は積極的に海外展開をしていった。多角化をして複合企業(コングロマリット)も増えた。

すると、例えばいままで米国内で数千人を見ていた経営者が、数万人の面倒を見なくてはいけなくなったりする。どうすればいいの?

組織戦略とは、たとえるならそういうこと

この分野は、比較的

「一社で成功した事例を他社に当てはめやすい」

※コンサルでは (通称:ヨコ展開) と呼ばれる
当然今はこんなんで食っていける時代ではない


この時期に一気にマッキンゼーを伸ばし、
確固たる地位を築く立役者となったのが、
マービン・バウアー
創業者のジェームズ・O・マッキンゼーより有名かもしれない・・・


その創業者が亡くなってしまった際に分裂が起こり

ニューヨーク事務所はマッキンゼーとして残り

シカゴ事務所は、今の

A.T.カーニー となったそうな


続く 戦略コンサル世界史③(NEW)

テーマ : 転職 - ジャンル : 就職・お仕事

戦略コンサルはその起源により少しづつ性格が違う~世界史①~

それは19世紀後半にまで遡る・・・

アーサー・D・リトル
というMITの博士が起こした
経営コンサルティングファーム(同名)が、
世界でイチバン最初に始まった戦略コンサルだったといわれている。

当時から・・・かはちょっとよく知らないのだが
「製造業に強い」のはいまでも健在。
経営陣は、(工場とか)コストを減らせ!と思う一方
現場は、なにゆうてんねん、と開きがあったのを
解決していくトコから・・・

※日本へは1978年に参入




むにゃむにゃ



時は流れ、1930年、戦前のお話

ブーズアレンアンドハミルトン

という管理会計コンサルティングファームができた。

管理会計ってなんだ??

すごいザックリとした話だが

「財務諸表とかさ、ちゃんとなってんのに、数字上は大丈夫なのに、なんでウチの工場は売上わるいんだ?」

という社長さんのギモンに対して

小難しい専門としての会計知識を振り回すんじゃなくて、
「現場の謎がわかる、ビジネスで使える会計を!」
というのが管理会計

※要は工場でサボってる人がいた、とか数字では見えない現場のほにゃららも解決できたらなぁ・・・と、実際これは工場から持ち上がってきた概念なのだとか


こんなんばっか今でもやっているわけではないが
要は、設立後すぐは、こういうネタで
企業のトップに食い込んでいき
そのほかの様々な経営のお悩みを幅広く聞いていくようになっていったわけだ


☆blogランキング☆
応援お願いします


続く? (戦略コンサル世界史②)

テーマ : どんな仕事をしているのだろう - ジャンル : 就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。