スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州系~2012卒 初心者向けサマーインターン【6/18〆】

高倍率かつハイレベルなことを聞かれる外資金融サマーインターン選考の中でも
比較的初心者にやさしく1day等を取り入れて門戸を開いているのが
州系クレディスイス証券。
この夏のインターン枠取り初戦に使えるセミナー@京都

ここでざっくり自分の無知っぷりに気付かされ、
本気で狙うのなら急ぎ動き出さないと・・・と、試金石のようなところです。
非常に珍しく大学回生からの参加も可能とのこと☆
以下詳細

【6/27・クレディ・スイス証券共催】

世界の中のアジア ~グローバル金融の役割とは~
---------------------------------------------

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : キャリアを考える - ジャンル : 就職・お仕事

三菱UFJと手を組んだモルガン・スタンレーの余裕?

外資系投資銀行は大変だ
日本のメガ金融グループに救済されたのか?
と見る向きもあるけれど
私の見方ではモルガン・スタンレーはまだまだ丈夫。


株安の影響もあって企業買収はむしろしやすい方向にあり
本当に、リアルに明け方まで
ピッチ(提案書みたいなもの)を書き続けたり・・・
とりわけ投資銀行部門のお仕事は順調すぎるほどに忙しい


しかもクビ切り
1~3割は軽く飛んでいる同業他社と比べてほとんどない
100~200人の部署に対して数人(一桁レベル)に留まっている
これはすごい安定感。

なのに・・・


以下引用
-------------
三菱UFJと米モルガン・スタンレー、証券子会社を統合


米モルガン・スタンレーとの証券子会社統合を発表した三菱UFJの畔柳社長ら=26日

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)と米モルガン・スタンレーは26日、傘下の証券子会社を来年3月末までに統合すると正式発表した。国内2位の大和証券グループ本社に肉薄する3位の証券会社が誕生する。三菱UFJは有力投資銀行のノウハウを取り入れて、早期に国内2位への浮上を目指す。ただ企業文化の融合には時間がかかりそうだ。

 統合するのは両グループ傘下の三菱UFJ証券とモルガン・スタンレー証券。三菱UFJは昨秋にモルガンに90億ドル(約9000億円)を出資し、証券子会社の統合は第一弾の業務提携策となる。記者会見した三菱UFJの畔柳信雄社長は「金融危機下でも国境をまたいだ資金調達や事業再編が増えている。統合でモルガンの海外ネットワークがフルに活用できる」と狙いを説明した。

 統合新会社には三菱UFJが6割、モルガンが4割出資する。社名や人事、具体的な統合スキームは今後詰める。会長はモルガン、社長兼最高経営責任者(CEO)は三菱UFJが出すことで合意しており、三菱UFJが経営権を握る形になる。(22:39)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20090326AS2C2601L26032009.html


---------引用終わり



自分に余力があっても
モルガンスタンレーからは会長職。
社長職は三菱UFJ側で実権はそちらへ・・・と
一見、屈した形で今回の合併話はまとまったが



体裁気にしすぎず、実利を取りにいく姿勢が
モルガンスタンレーの社風※1らしいなぁと思う


自分が主導権を握れないなら金は出さん!
というプライドの高い三菱※2



ですから、自分が折れないと
話が進まなかったのかもしれませんけどね。
さてさて統合後はどうなるのやら☆



※1
投資銀行 モルガン・スタンレーの社風

華族?のようにすら感じるこの余裕は、
結構いいとこの生まれの人が多いから。
ぶっちゃけ貴方働かなくても食っていけるでしょ?て人が多い。
(稼ぎの割に、いいとこ住みすぎてたり、お友達紹介されたらセレブ・・・)
東大が幅を利かせるこの業界において、慶應比率、海外大比率も高め。
高学歴×外資系はもてにくいけど
そこを上手に隠してやれる女子が比較的多いのも特徴、てか、猛禽・・・。



対して
自他共に認めるアルファな投資銀行 ゴールドマン・サックスは
士族のようなかんじ?
実力に裏付けられた誇り高い人が集う
ていうか自信満々。男子のイケイケ度合とモテ方はすごい勢いだが
女子はその分、相手が引いてしまって割を食っているなぁ、もったいない

実際、採用方針でも
英語力どうこうでうだうだ言わず
ナンバーワンの人材を狙ってよく採っている傾向
高学歴×No.1アビリティ(個人スポーツの全国一位、モデル級の美女、数学オリンピック、米国での実績ある研究者、麻雀の神、最高峰制覇の登山家などなど・・・)×裏打ちされた圧倒的な自信






※2
三菱(銀行)のプライド

前回の9000億円をモルガンスタンレーに出資したときにも
”それはお金張りすぎだろう”  という声があった一方で
”20%とって持分法適用は最低でも・・・”
”出資させてもらったというイメージではなく、それなりの権利をとれる比率で・・・”
と内部で、世間的な体裁もかなり気にされていたとか


※そんな経営トップ層に限らずとも
身内に不祥事(数年前、採用過程でのセクハラ疑惑)が起きたときも
”あ・れ・は、UFJのやつだから一緒にしないで” と言いきるのが三菱の気位。
新卒中堅クラスでもそれだけのマインドが持てるのだからたいした社風だなぁと感じます


※数年前のMUFG入社式の日
みんな解散した後に、幹部候補だけをその式場に呼び戻し
「さっき、お前らの周りにいた、あいつらはソルジャーである、君たちはがんばるように!」
と檄を飛ばしたのは今でも健在なのでしょうか・・・



金融機関は交渉上手がお仕事だから?
話し込むほどにウラオモテがあり興味深い方々です




banner

11/1】若手昼食会”金融編”

学士会の若手昼食会ってご存知ですか

これ結構楽しいし、(料理も)かなり美味しいんですけど
ついに金融業界で集うときが来たので、ご連絡

東大・京大・東北大・九州大・北海道大・大阪大・名古屋大の
7大学の学部卒あるいは院卒が集う組織で(年会費3000円?くらい)
創立122年の同窓会と歴史は古いんだが、
いかんせん若手の間での知名度がいまいちで改革断行中
そして始まったのがこの企画

要は、1000円で美味しいランチ(中華や和食)をいただきながら
20人くらいの中から気の合いそうな人と、雑談をする会ですよ◎
過去には、意外と会社が近くてランチ友達に発展したりもありました

今回、筆者は、
話題の”外資系投資銀行”から、
合併・再編荒れ狂う”クレジットカード”業界
官製不況の甚だしい”消費者金融”業界まで
幅広いトピックを用意していく予定です

よければ、ご参加アレ!

banner


以下、詳細です

※締切過ぎたが参加してみたい・・・という方は
 筆者が紹介してねじ込みますので
 メールフォームよりコンタクトください笑


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■若手昼食会開催のお知らせ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“ 金融業界 ”

携わっている方 または ご興味のある方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご案内■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.日 時:平成20年11月1日(土) 12:00~15:00

2.場 所:学士会館神田本館 1F 【二色】(和食)

3.人 数:会場の都合により、定員になり次第締め切らせていただきます

4.費 用:食事代 ¥ 0-(学士会が全額負担いたします!)
参加費 ¥1,000-

5.申 込:wakate.lunch@gakushikai.or.jp
件名「若手昼食会 参加希望」でご返信ください

6.締 切:平成20年10月29日(水)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■次回の予定■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月15日(土):「女性限定の会」
※内容を一部変更する場合がございます

┏━━◆お問い合わせ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

◆社団法人 学士会 企画課
◆電話番号:03-3292-5955(平日9時~17時)
◆Mail :wakate.lunch@gakushikai.or.jp
◆HP :http://www.gakushikai.or.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

テーマ : 異業種交流会 - ジャンル : ビジネス

外資金融の将来?~2010年新卒、こんな時期だからこそ外銀おもろくない?~

就職活動シーズンがはじまりました・・・が
リーマンショック・・・世界同時株安・・・


採用枠は減少傾向なのを実感するね 10月のリクナビオープン前の営業状況では・・・もう (R社 リクナビ担当営業の声より)


そしてまた実感するのが
外資金融の学生人気の凋落

やはりそう?
まぁでも見方によっては
まだまだ捨てたもんじゃないよ・・・というエントリーを
このあとちょいちょいしていきます


1.今まで大人気だった 証券/投資銀行(セルサイド)

2.加えて存在感の高まってきた 資産運用(バイサイド)

3.今後要注目の    外資系生命保険


--------------------
1.投資銀行バブルの崩壊・・・

リーマンブラザーズの破綻
メリルリンチの合併
モルスタ・ゴールドマンの持ち株会社化

外資系証券って就職先としてどうなの?
とよく聞かれます。


でも、あれで投資銀行業界は全滅状態か?と聞かれたら
市況に左右されにくい
投資銀行のM&Aアドバイザリーとかさ
わりと元気な部門もあるわけですよ


なぜつぶれたリーマンのあの部門を野村證券が買ったのか
なぜモルスタに三菱UFJがあんなに出資したのか

・・・という理由のひとつがそれ
見込みがナイものにお金を払うほど
彼らは馬鹿じゃない、むしろ、賢い。


ひるまず受けていったらいいんじゃないか
そもそも会社に頼らずとも渡り歩いていけるだけの実力を
若くしてつけるっていうキャリアじゃあないさ


むしろ、
”市況が悪くなって、理不尽な上司のクビが飛び始め
⇒ 部下としての働く環境はむしろ向上する傾向にある”
(某大手外資系投資銀行)


そう、(誤解を恐れずに言えば)
稼いでさえいれば何でもありだったあの業界が
変革期にある・・・おもしろい時期じゃないですか?


たとえば、リクルート出身の起業家が多いというが
彼らの多くは”リクルート事件”の会社が大きくへこまされた時代を経験しているという・・・
そう、変革期には、だからこその、魅力もある




--------------

2.資産運用会社

ゴールドマンサックスアセットマネジメント
JPモルガンアセットマネジメント みたいな外資から

野村アセットマネジメント
ニッセイアセットマネジメント  などの日系まで
実はこういったバイサイドで新卒から学べることは大きい



”将来ファンドマネージャーになってバリバリ稼ぐんだ!というステップにもおすすめ
意外と投資銀行マンや戦略コンサル卒の人たちは多いけど・・・
彼らの理詰めの運用が必ずしもうまくいくもんではない、ひらたくいうと、カンがない


(某日系資産運用会社アナリストの声より)



--------------

3.ほどほどな働きで高給な外資系生保
タイプの違う2つの例を軸に紹介していきます

プルデンシャル生命保険

アイエヌジー生命

(某外資系生保 総合職の声より)

-------------
banner
就活系学生ブログランキング

お楽しみに

リーマン破綻】 でも外資系投資銀行のクビ切りって普段は?

米国4大証券の一角、リーマンブラザースが経営破綻しましたhttp://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=USN0927996520080916&channelName=newsOne#a=28

その日本法人も約1,300人以上の従業員を抱え
六本木ヒルズにオフィスを構える大企業でしたが同様に・・・
http://www.lehman.co.jp/MYJ/JP/PUB/20079/JPS/B/6/5/J/JPPage.html

なぜ破綻したのか
なぜ国は助けなかったのか
(※五番手の大手証券ベアースターンズは助けられたばかり)

・・・という議論は専門家に譲るとして


1,000人以上がいきなり職を失うなんて、外資は危ない



とかそういう単調なものの見方は控えて落ち着いてみましょう
問題はもっと根が深いですし
一方でじゃあ就職するにはやばいんだ!
と学生が即断してしまうのももったいない、と思うからです

一応、こういう経営破たんでもない限り
外資系証券(投資銀行)も
社員の首を切るということはそう多くはないもんですよ
特に新卒学生にとっては。


・新卒は最低1年は守られる”育てる時期だから”
”夏に海外研修から帰って来たばかりの新卒を切るなんて逆に損する”

・仮に業績がやや低迷、首を切らざるを得ないときでも中堅社員・管理職層から切る場合が多い
”コスト1,000万円のよく働く若者3人より、3000万円の管理職を・・・というイメージ”

・ボーナスや首切りにつながるといわれる評価も結構フェア
”360度評価は一人の意見が全体を左右しないよう工夫されている”(G社若手)
”360度評価は上司も部下も辛辣なことを言わない雰囲気だからか、実害はない”(M社若手)




2009年度卒の学生はサブプライム問題などを聞きかじって、
危なそうなイメージのある外資系金融を敬遠して
その分、メガバンクや総合商社に流れたと聞きます


しかし、実際その中で働く若手から聞くと
”理不尽な上司から順にいなくなるため、社内が極めてComfortableになってきている”
 →稼いでいる間は露呈しなかった上司の人間性などがチェックされはじめた

”同様の理由で、目立つ仕事をとりやすい、成長の機会は多くなった印象”


とのことで、まんざら悪くもなさそう


投資銀行ってどうなん?というイメージをつけたい人には
こちらの本がお勧め!

投資銀行青春白書投資銀行青春白書
(2006/09/14)
保田 隆明

商品詳細を見る


新卒のいく海外研修、基本業務の泣き笑い、などなど小説形式ですんなり読めます
著者はリーマンブラザーズやJPモルガンを経て独立された有名な人
この人のブログは金融初心者にもとてもわかりやすい



とはいえ景気は悪くなる一方で・・・
”MBA卒などコストのかかる転職組には厳しい時期”(欧州系大手、管理職階級)

なのは事実みたいですが、
新卒の学生は働いて最初の”大幅に成長できる”大事な時期を
こういったフィールドで果敢にチャレンジしてみるのも悪くなさそうです



気が向いたらお付き合いください⇒*Today's Ranking*

政府系ファンドについてやさしく学んでみる

アブダビ投資庁とかさ、よくしらないけど
石油持ってるお金持ちの国がなんかやってるんでしょ・・・
ニュースでは聞くけど、いまいち理解が及んでない人へ(…私もです!)


とてもわかりやすい本に出会いました
最近、五月に出たばっかの新書


国富ファンド・ウォーズ―「彼ら」は日本で何をしようとしているのか国富ファンド・ウォーズ―「彼ら」は日本で何をしようとしているのか
(2008/04)
小森 正彦

商品詳細を見る



ポイントは第一章で
各国のファンドがどれくらいの資金を持っているか、などわかりやすく説明しようとしてたり
どのような考えで、海外投資をしているのか、を分析しようとトライしている点が面白い


●既知のものと比較でレベル感を出している点
資金量でいったら、日本最大級の
JPモルガンアセット、ゴールドマンサックスアセットでも
340億ドル前後だが、これと比較すると
国富ファンドの数千億ドルは桁違いに・・・など


●国富ファンドの投資している銘柄から彼らの思考を分析
日本のブランド銘柄がお好き
東証一部上場の有名銘柄ばかり
ただし、絶対に投資ポートフォリオには組み入れていない業界がある
それは・・・


●日本はなぜそれ(国富ファンド)ができないのか、やればいいじゃん!

いや、それにはできない理由がある・・・なぜなら
という議論めいたことから


●情報公開度合と、資金量、などなどの指標から優秀なのはノルウェー!などの
個別分析まであるので
後半は資産運用に興味ある人/投資銀行やファンドの内定者には面白く感じるかも
とりあえず前半をさらっと読むのがおすすめ

***就活生向けブログランキング***

極限状況下での優秀さを試される投資銀行

友人が、某外資系投資銀行のウインタージョブで優勝した


チーム戦とはいうものの、
メンバーの処理能力
">…(excelでの分析力、英語や会計資料の適格な読み込み、Powerpointなど)…
が劣っていて過負担だったという彼は、間違いなくスカウトされるだろう。

ちなみにやることはまあ、
どこどこ会社の利益を○年で○倍にしろとかいう
コンサルちっくなお題だったりするんですが、アプローチが全然違う。

コンサルのウインタージョブのように、
社員との議論や社外インタビューからきっかけをつかみ、
ロジックが大事、そもそもこの仕事を楽しんでやれるかが大事、という話ではなく、



おまえはちゃんと賢いのか?(緻密な数字の強さ、処理能力の高さ)
そしてお前は丈夫なのか?(メンタルタフネスと体力)


誤解を恐れずにいえばそんな気がする

激務な社員さんがあまり構ってくれないのでなおのこと、
事前の仕込み&実力勝負になりがち…(ここらへんコンサルとかなり違う)

→気になる人は金融勉強会ShareProjectとかで検索かけてみよう、あそこのテキストはわかりやすい


▼さて、その同じ外資系投資銀行のサマーインターンで苦しんだ経験のある自分としては、一番気になったのは睡眠時間だが…「あいつ大丈夫かな?」

彼いわく

五日間で九時間しか寝れてない

そうな。

やっぱり!

▼知識はあとからいくらでも(嫌でも)つく、体力&精神面での強さが大事。

それも立派な資質なのだ。

▼豪勢なランチやディナーのときも睡魔にだけは負けてはいけない、常に試されていると心がけるべし

それも立派な資質なのだ。

▼お金が好きです、と明言できるか?

それも立派な資質なのだ。



さはいえども
日本で会社員として働くナカでは最も高給取りな世界。
マスコミもコンサルも比較にならない世界
興味のある方はぜひ

テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

グループディスカッション事例”外資系投資銀行の場合”

相変わらず忙しいですが・・・
大学生も前期試験が近いから忙しい時期なのだろうけれど

夏のインターンの
エントリーシートが順調に通った後輩たちは
ぼちぼちグループディスカッションに呼ばれてるみたいだ



外資系投資銀行のGDは、その答えを重視しないで
キャラを見抜くために用いられる場合が多い
というのも
人数多くて・・・次の面接に通すやつを決めるための足きりに使われることが多いから。

※他の業界とはGDのお題や見ているポイントが違ってくる


【お題】

成功とは何か、キャリアとは何か…ゴールドマンサックス

少子化問題を解決するには…ドイツ銀行

女性がはたらきやすい環境をつくるには…モルガンスタンレー


とか。まぁとにかく答えはなんでもいい。
時間は10分とかだし、
ディスカッションにするにはそもそも短すぎる。
発言数を稼いで、

○ああこいつなんとなくまとめてるな、自信みなぎってるな、あと自分勝手に暴走もしてないな、と思わせる
○俺様状態で暴走している人がいたらグループみんなを率いて落ち着かせましょう
○面接官と会話を意識!終了間際に逆質問など、できるだけ印象付ける、


自分の名前と印象を覚えさせる



あとは、面接官との空き時間会話対策として

●お金好きっす、なぜなら…

●大学時代に打ち込んだことは…

●誰にも負けない自分の長所や実績は…

というような問いに当てはめられそうな
具体的エピソードを話せるよう用意しとく


くらいかなぁ

まずはGDで足きりされませんように・・・
皆様の健闘を祈りつつ・・・


テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

ゴールドマンサックス 夏インターン選考プロセス

言わずと知れた日本で最も稼げる投資銀行業界のドン
ゴールドマンサックスがインターン募集を開始したみたいですよ。

基本、必要十分な賢さや高学歴を前提に、
強烈な強み
(やれ、株で+300%の成果を上げたとか、闘技日本トップレベルだとか、雀無敗、学オリンピック、雑誌デル、and so on)
・・・を持つ学生がこぞって応募する(そして散る)
人気の夏インターン選考・・・厳しいですが、
その分吸収するものも多く、チャレンジする甲斐はあるでしょう

↓続きは以下

続きを読む »

Up or Out ~昇進かクビかってどんなもんよ~

おおまか~に、周りの
外資系投資銀行、戦略コンサルの若手に聞いてみた/見回してみた雑感です



●しんどいから辞める/クビ宣告、はほとんどない、が努力必須。
●6年目くらい先に・・・大きな転機。



※あくまで聞いた話がベース、肌感覚でつらつら書いているだけです、会社により部署により個人により千差万別ですし、なにより守秘義務がありますので。

----------------

○コンサル新卒・・・ウワサほど辞めてません(やはり噂には尾ひれがつくものか)、離職率も日系大手企業と変わらないし、「3年で辞める」といわれるのはあまりないみたいです。
戦略コンサル各社は人数拡大中だし研修や育てる制度も整ってきているようで環境はよくなってきているのかな、と感じます。
スピードを上げて仕事をして結果を出すこと重視という空気が合わない人はしんどいかも

日系大手どの業界にも負けない程度らしいですが、守秘義務の厳しいコンサルの方々に年棒金額を聞くのはNG
モチベーションで「お金」問いいう方は少なく「仕事が楽しく感じられるうちはいる」「成長できる」というのが多いみたい


○投資銀行新卒・・・

すぐに辞めるとすれば「お金って素晴らしい」の価値観に合わず、激務へのモチベーションを見出せずに・・・というくらいでしょうか。
基本的に価値観のあうひとを採用するので、すぐ辞める人はほとんどいません
ましてや一年目はニューヨークやロンドンでの海外長期研修が楽しいですし
そもそも大手G社のように、”とにかく入社一年目は保護する” 策を明言しているファームもあります


次の壁は、6年目で部下を持つVPクラスになったとき、言われた仕事をやるだけでなく、仕事を自分が取ってくることを求められたとき…新卒上がりだと苦労して…辞める人もまた出やすくなる


噂されているほど雪崩のように辞めたり辞めさせられたり…というのはないようです。
理由のひとつには


入社してすぐ ボス+4人で一晩(700万円)豪遊させていただいた・・・そもそも家賃水準は年々上げろ!外車(BMW等)もローンで買え!との贅沢奨励の空気が流れ・・・
なんて某大手J社の話もあったり


生活水準はさげられない、というのもあるようです。
誤解を恐れずに言うならば、優秀な人をお金で囲い込む手法
…投資銀行を除いてはこんな水準の給与を複数年もらえる業界は・・・皆無か?


激務⇒そういう価値観じゃなきゃやってけないのか!?
もちろんそういう人ばっかりではありません


うーん
どんな仕事するにせよ
それがバンカーだろうが、トレーダーだろうが
お金持ちになっても変わらずいてほしいなぁ…と思ったり


【本日のblogランキング】
気が向いたら応援お願いします
【TOPにもどる】

外資系はどんだけ稼いでいるのか?

外資系は稼いでいるんでしょ?
との意見を承りますが

外資系ったって、日本マクドナルドもそうだし
外資金融ったって、生命保険会社も含まれるわけで

たぶんイメージしていらっしゃる
最高水準の年収をもらっている
外資系投資銀行ってどうなの?という話を少し


前述の
▼投資銀行部門

新卒1年目で 年収 1000万円弱
  2年目  年収 1500万円前後
  3年目     2000万円前後

ちゃんと激務には耐えているか!?
MAX 9:00~5:00 の20時間労働とかをイメージしてみよう
都内の豪華な1LDKに住み、何不自由ない手取額
目的意識もって頑張れてて、慣れれば大丈夫!と聞きますが


職位が一つ上がり
  4年目     2500~3000万円前後 ・・・とぐいぐい上がっていく、実績さえ出せば、30歳には1億円プレーヤーも夢ではない、というかすぐそこにほら・・・

しかし、ここからがしんどいという意見も一方である
マネージャーとなったとき(6年目以降)に仕事が取れない(=クビ)
の場合が多い、と

新卒上がりは、バリュエーションばかりやってきている。
要はあんまり外との接点がない
「こことM&Aしましょうよ」など提案する経験もなければ
そう提案している上司も見えない世界で育ってきているから

この壁を乗り越えてMD(要はリーダー格)になるのは至難の業
投資銀行部門は大手でも一社当たり10人程度しかいないから
感覚でしかないけど数%とかじゃないかな

しかしながら、内定した後、リッツカールトン東京でお花見
入社後、夏の海外研修は米国一ヶ月だか英国一ヶ月だかという景気のいい話も聞きますしね。セレブな生活をしたいならココでしょう。

さらに投資銀行に関して知りたい方は、ここのブログ外資系への道標がとても詳しい!かつわかりやすいのでオススメです。

続きを読む »

テーマ : どんな仕事をしているのだろう - ジャンル : 就職・お仕事

投資銀行の階級制度と激務さの度合とか

投資銀行のお仕事がハードワーク・・・とは
みんな、なんとなくわかっているようなものの
実際どうなのか??


厳然たる階級がありまして、年齢に関係なく下ほど忙しいです
たとえば

  呼称例
1.アナリスト  (1~3年目、若手下っ端)    
2.アソシエイト (4~6年目、MBA中途採用はここらから) 
3.ヴァイスプレジデント (VP、要は課長職クラス)   
4.マネージングディレクター (MD、要は役員クラス)


で、我々高給な下っ端はどんだけ激務なのかというと
また例として投資銀行部門(バンカー)の
合併買収(M&A)関連の話題を出しますが

企業の売り買い関連になると
資産や負債や将来性を考えてこの企業はいくらくらいの価値があるか調べることを
ときには数日で仕上げなくてはならないため

新人はExcelを鬼のように回し
できたデータを夜のうちに
バックオフィスのパワポ担当の方に入稿しておくと
朝には仕上がっているみたいな

深夜上がりとか当たり前、明け方も普通にありうる
タクシー代は全部会社持ちなので金銭的問題はまったくないが
「あれ?なんか今日はタク代若干安いなー」と思ったら
あ、深夜料金じゃねぇ!(もう朝だった)
なんてことも



この業界
週休0.5日を覚悟しておけと言われ
月曜~土曜はフツウに上記のような感じで働いて働いて・・・
日曜だけは午後から出社
月曜朝のミーティング資料つくり(英語)は新人の仕事なので・・・


そんなバンカーの、楽しい話や高給だとかいう話はよく社員から聞けるので
ダークサイドな面を知りたい人はこの一冊!ある意味、名著です
かつて実在していた某大手投資銀行の下っ端の苦労と華やかな生活の暴露本みたいな位置付け
年のボーナス22万ドルって・・・時代のせいもあるだろうがすごい額だ

ウォールストリート投資銀行残酷日記―サルになれなかった僕たちウォールストリート投資銀行残酷日記―サルになれなかった僕たち
(2001/04)
Peter Troob、

商品詳細を見る


続きを読む »

テーマ : どんな仕事をしているのだろう - ジャンル : 就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。