スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外務省勤務は雑務が多いと聞くけど

大使閣下の料理人 (1) (講談社漫画文庫) 大使閣下の料理人 (1) (講談社漫画文庫)
西村 ミツル、かわすみ ひろし 他 (2004/09)
講談社
この商品の詳細を見る


この漫画、好きなんですよ☆
基本的に、料理漫画は好きなんですが

主人公・サブのキャラクターが魅力的
外交における歴史問題なども、重くない程度に含んでいる
で、その問題を料理を通して解決する

ただ美味しそうなだけでなく
読んでて、ちょっと役に立つ情報もありつつ
貧しいながらの家族愛とかハートウォーミングな話もありつつ・・・
ほんのわずかに恋の香りも・・・

------------

ところで読んでて気付いたんだけど
この1巻(コミックスで言うと2巻に相当)に

外交官がいかに雑務に振り回されているかの具体例があって、興味深かった。

・東南アジア視察時の(大臣がしゃべる)原稿作り
・空調調節、部屋割り調整、から
・現地にない日本のうどんを作れ!
・選挙区支持者へのハガキをおまえが書け!


などの雑務

なぜやるかと言われたら前例がそうなっているから
前例に背く、前例から外れると、出世に響くから

あー、そういえば・・・外務省の人が言ってた
”もちろん海外には頻繁に行くけど、雑務も多い”という言葉が腑に落ちた感じです

別に薦めてないわけじゃない
官僚は最近、薄給だし激務だし世間の風あたり強いし…
などの理由で人気が下がり気味みたいですが

うーん
たしかに激務は事実なんだけど
各種手当いろいろつくし
出世レースに敗れても、たいがいの省庁なら天下り先があるし

※普通は各省庁とも40代で残る人去る人が決まるのだけど、外務省は50代まで現役外交官だから働ける期間も長いとか
だから、長い目で見たら、損はないし、
そもそも直接国の役に立つ仕事じゃないか!


と思うのだ。


で、そんなん抜きにこの漫画は面白い、と思うのだ。
早く全部読みたい・・・


スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

商社の選考プロセス(面接進出以降)

続き 


●一次面接
”社員(OB/OG)にあったかどうか”
”現在どこかの内定を持っているか”


学生1 に対して 面接官二人(7年目前後の若手社員) の短時間勝負 
一般的な自己PRと志望動機に加えて、上記2点をさりげなく聞かれる

これは、ハズレのない人物を二次面接に通すための指標になっている(と、思う)
どう考えても、この2点を詳しく聞きたがるし、やたらと手元の資料に書き込んでいたし

若手社員は、会社との相性、各部署との相性、を見ているのではない、たぶんそういうのは、もっと上の世代の社員が見る

”御社のここに惹かれどこう・・・” という相性アピールよりは、
”海外へはどれくらい行きましたか” なんて無為な逆質問をするよりは、

自分のキャラや優秀さなど、エントリーシートを補完する情報を伝えてみる
ここでは、上に通すためのおおまかな絞込みを行う面接だと心得ておくと、よいのではないか


●二次面接(人事)
”どういう部署に興味があるのか?”
”他社の選考状況は?どこが第一志望?”


相手は何千と学生を社員を見てきた人事と1対1、のガチンコ勝負
エントリーシートの内容と、一次面接で書き込まれた追加情報を元に

偏った考えを持っていないだろうか、柔軟なやつだろうか
会社との相性を主に見てくる
”ああ、このコはこういうタイプかなー” とか

たとえば
”食糧部門に興味あり、なぜなら・・・” という場合
”ちょっと待って、まさか、有事の際に備えて食糧自給率を上げるべき!なんて話をするんじゃないだろうね?”
など、

さりげなく、商社のスタンスが垣間見える一面も・・・
(もしかしたらさりげなく匂わせ気付くか、試しているのかもしれない)

なので、よくよく空気を読もう
持論をアレンジすることもときには必要かも


●三次、グループディスカッション
”あ、あのコは ○○部署に向いていそうだな”
”あー・・・あのコ、随分でしゃばって頭固そうだなー”


相当上のクラスの管理職の方たちが10人弱集う
学生は6人グループ×6卓×何タームか
待合室から見られていると心得よう

四月まで、多少グループディスカッションを経験した人なら
特に注意することはないのだが
コンサルなおどを受けてた人はやや注意

論理的に議論が進んでいるかが重要なのではなく
周囲を如何にまとめてるか、ただし文句なく不満なく全体調和できていることが前提だから
もし場の流れに”反論”する場合は、相当慎重に言葉を選ぶべき


●ここを通れば、最終面接
あとは選考というより、希望のすり合わせに近い

 もし、希望の部署じゃなくても頑張れるか
 同業他社にとられないかどうか
 外資系や官公庁との併願がないか


相手は
”絶対内定を蹴られたくない”
”蹴る可能性がある学生は落としておこう”

という意識が少なからずあることを
常に忘れずに、適切な対応を・・・











商社の選考プロセス(ES、筆記)

商社の選考プロセス・・・?

四月からだから、そんな焦る必要はないですよ
ただ、OB訪問とかは忙しくなる前に早いうちに行っておきましょう

以下、選考フローと主な注意点のみ

大手はほぼ同じタイミングで選考が進みます、
各社人事同士が通じ合っているので、
「他者の選考状況は?」という問いに対しての嘘は・・・、言語道断デス


●エントリーシート
(注意):ES通過後に、案内メールが到着・筆記予約可能になるが、
     すさまじい速さで、他社と併願しやすい時間帯からがんがん埋まっていくので…

2007年の筆記日程例:
 4/1~2(三菱商事・三井物産)
 4/1~3(伊藤忠)
 4/2~4(丸紅)
※電通の筆記が4/1~2 
など、とにかく日程がかぶる、時間帯選択がちょいと重要

(対策):携帯メールへの転送など、すぐに選考結果に気が付くようにしておくとよいかも、特に高学歴ではない人の場合、表示される筆記の枠がそもそも少ないなどの声も聞くので



●筆記試験
(傾向):SPIを難しくしたようなかんじ、やや英語重視、7割が落ちるとか言われていますが、
     四月までに、外資系の選考などで難しい筆記試験を受けてきている人は、ゼロ対策でも通るくらい

(注意):遅刻厳禁
    本社ではなく大規模な会場ゆえ駅から迷いやすかったりするが、
    そもそも応募者が多すぎるための足切りテスト、時間帯ずらそうにも空きスロットルがなかったり
    高学歴だから、OB訪問で顔を売ったから、許されるかな?などと甘えないこと

通過後は、一次面接の日程押さえあい、4/6~8前後?に集中
これも、ほぼ同時期に一次面接の案内がいくつもかぶる
そして通過すると・・・


***就活生向けBlogランキングもついでに***


続きます<

総合商社の人材は④タイプ?

「総合商社ではたらく人材はざっくり見て4タイプ…あるよねー!」
「えーどんなん?」

なんて、商社内定者と明るく話したんだった(うろ覚え)

1、天下国家…系


自分の働きが国のためになっているという強い自信を糧に働ける
「鉄は国家なり!」「日本の石油は俺が(ウチが)支えているんだ」
「飲み屋で熱く日本の将来を語ったり…?資源関連の部署に多そうだね」
「モロだよ、商社の海外法人(例えば中国)トップのおじさんもそれに近いかも」

2、みんなのために…系

ボランティア精神が強めというか、
「私たちなシゴトは日本の消費者に欠かせないもの」「ついでに発展途上国の役にも…」みたいな。
食糧や繊維系の部署に多いそうだ

3、新しいこと好きです系

リスク恐れず新規事業あれば志願する感じ
通信・メディア系、金融系部署に多そう
社内ベンチャー立ち上げに携わったり…

「あ、そういや、コンサルに転職した先輩は3っぽい人多いなぁ」


4、財務系メガネ君


経理とか法務とか縁の下の力持ちポジション
「商社マンといったら、明るく豪快で…みたいなイメージが大半だけど、末端の数字まできちんとすることを好む人材も絶対必要なんだよね。」
「あー、わかるわかる!で、少なくともお前はそれじゃないと」

「1と3のミックスくらいの認識で採られたんかな」

「そーかー、俺が受けたときはなんだったんだろう…」

そう、ここで話が飛ぶけど、会社と個人との相性を特に重視する総合商社では、

人事面接あたりから、先方が自分をどう認識しているかを把握して、
人物像を誤解されないよう面接での表現に気を使う必要が出てくる…





***就活生向けBlogランキング***

商社をもし受けるなら注意してみたい点<

広告代理店も忙しいが、恋はしたい

サプリ (1) (FC (335)) サプリ (1) (FC (335))
おかざき 真里 (2004/06/30)
祥伝社
この商品の詳細を見る


この漫画、ドラマ化されたんだとか?
知らずに最近読みましたが、グッと来た・・・

要は多忙な広告代理店で働く男女の恋あり働く価値観あり・・・の
「働きマン」みたいな位置づけの漫画です

あ、説明が簡潔すぎたな・・・

でも、就職・転職でこれらの業界考えている人は見たほうがいい
作者も勤めた上で描いてるからリアルに
働くウラの大変さが・・・

なんかー広告ってさーCMつくるんでしょ?
合コンでモテそうだし、華やかそうだし・・・
というほど世の中甘くない

ついでに、忙しさはコンサルとも似たようなものなので
その点も参考になるかな
外資ばっかりが忙しい、ってのは幻想で
実際はどこも忙しいよ!

テレビも広告も出版も新聞も、行ったやつは忙しいと言っていた

まぁ、忙しさ自慢しても進歩はないから
お互いがんばるしかないんだけどね

テーマ : **おすすめbook!!** - ジャンル : 本・雑誌

恋愛戦略会議から釣りの話、海でも川でもない

こないだの会議で話題にのぼった話

●男子における恋愛は「狩り」の文化だが、

※動かなければ飢え死ぬ、単純明快。

●女子にとっては「釣り」の文化だよねー。

(※追ってはいけない、追わせるのだ、なぜならオトコは好かれたと自覚した途端に調子に乗る生き物だから)

餌を蒔いておき、釣りあげる準備を常にしておく

釣り上げる際にもリールの巻き方に気をつける、一気にではなく、釣られてるかわからないくらいに緩やかに…


”じゃあ一本釣りはリスク高いんですか?”

”もちろん!やるなら投網でしょう!”

”いや、既に釣った人はいいんだけどさ…”

”仮に釣ったとしても、リスクヘッジのために餌+糸は、たらしておくべきなんだって!”

”それ誠実なのかなぁ…”

”釣りに出られる時間は限られてるの!!!”




…こうして夜は更けてゆく
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋の駆け引きへ

テーマ : どうしたらいいんだろう・・・・ - ジャンル : 恋愛

美人の気苦労 (地銀の場合) 勤務地どうしよう・・・

某地方銀行の東京ミッドタウン支店…美人ばっか☆


やはり富裕層が集まる土地柄ビジネス的に…というのもあるだろうが、一大観光地でもあるミッドタウンにおいては、知名度向上の広告塔的な…という意味合いがなんか強そうだ(うがった見方でごめん)


じゃあ、そんな花形な支店に配属された女の子がどう思ってるかというと…


゛いやー、地元はあっち(某地銀本拠地)なんですけど、一度もそっちで働いてないんですよ、しょっぱな関東で、気が付いたらミッドタウンで…゛




うーん…



言外にメッセージ性を感じる



゛私は地元に残りたかった!!!゛




かくも、美人は表舞台に引きずり出されてしまうものか…




じゃあ、転勤ないように




一般職(事務職)でお嫁さん候補☆…




という選択肢を取ろうにも、ある程度学歴があるとそれも難しい




総合職を受ける女子は心の片隅においておこう。



東京を離れたくないから(拠点が東京にしかない)外資系!という選択肢を取った子も中にはいる。


さーて、何を取引する担当になるのかな?
意気揚々と入社したら美貌を買われて(?)新卒即→人事、となった商社の女の子も中にはいる




勤務地やシゴト内容…意外と、往々にして、思う通りにはいかない





→恋に、仕事に、迷う若手を応援◎banner


トップに戻る、ほかの記事とか

出会いは貴重、だから、キープ、という論理

娘「キ…キープ??」

母「そう、キープするものよ、男の子は…手のひらで転がすように。そしていいオトコになった時点で彼氏に昇格させる…」

娘「ほ…ほほぉ…」

出所:こどものおもちゃ 


こどものおもちゃ―完全版 (1) (集英社ガールズコミックス)こどものおもちゃ―完全版 (1) (集英社ガールズコミックス)
(2003/07/15)
小花 美穂

商品詳細を見る


なんつーことを小学生に教えるんだ!
…ってのを、懐かしくも思い出したセリフ
これ、作品中では「芸能界のシゴトで忙しい娘に向けた一言」


意外と深い…
重要なんですよ◎


なぜなら働き始めると出会いのポートフォリオが組みにくくなるから。

学生のときは、
学校・部活・サークル・ゼミ・研究室・バイト1・バイト2・合コンなど…
複数コミュニティがあったから…、
異性との出会いの確率も、
ヘタ撃ったときのリスクヘッジも、
撃墜された後の復帰も、
もろもろカバーできた。
稼ぎ頭の商品群を抱えつつ、市場成長率の高い市場へのリソース集中投下…


ところが働いて忙しくなると、
「会社」がポートフォリオ内で大きな位置を締めてきてしまう
要は出会いの範囲が固定されやすく、ヘッジ先も先行投資先も少なくなる


社会人なら合コンでしょーなんて言うかもしれないが、
上記の理由(あとは適齢期が迫るなどの理由)により
社会人は学生のとき以上に信用が大事なのです、資源は有限なのです
中身の伴わないシゴト(合コン)に労力を割く価値はない…
信用を落としたら同一クライアントからの次のシゴトはないのだ


じゃあどうしたらいいのか?
つづきは・・・


ブログ村 恋の駆け引きへ

モテないと嘆く前に甘えを無くそう

「えーっと…、僕はかっこよくなくて、カラダ貧弱だし、君ほど賢くないし、稼いでいないけども…誠実さだけは自信あります、付き合ってください!」



…なんて、言われたらどうですか?


これは極端な例だけど、往々にしてモテない人は

「自分の欠点を全部受け入れてくれる人はおらんかー」
という甘えを全面に押し出し

受け入れてくれそうな(←と勝手に妄想している)おとなしめの女の子にアプローチしたりしている…そんな気がする


行動を起こすんは素晴らしいけど…


自分の有り余る欠点(モテなさの原因)を許してくれる子を延々探し続けるより、欠点を改善する努力してく方が早いと思います

巷にある恋愛マニュアルのごく一部
「オンナは押しに弱い」
「オトコは素で勝負」
を真に受けて、
欠点そのままに延々メール攻撃や、
アプローチは女の子に迷惑ですから!!



…ふぅ

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋の駆け引きへ

恋はときに盲目

最近空気読めない人多くて…気をつけていきましょう

いや本当に。

美人の気苦労 (製薬業界の場合)

行きつけの医院に、よくエーザイ*のMR**の女の子が来ている、待たされている

* エーザイ・・・製薬業界の大企業の一、その営業力の強さなどから給与水準がトップと言われ、武田薬品工業(製薬最大手)を超えている

** MR・・・製薬企業のうち、病院・診療所相手に自社の薬を売る営業のような職種、とはいえ薬の説明など専門性が高いと言われている


MRの彼女の主なミッションは、この医院でエーザイの薬をたくさん末長く使ってもらうこと

MRのオシゴトはこの医院に限らず、
医療機関において何度か見聞きした光景だが・・・

この女の子はいわゆる美人だった
”いいわよねー美人はトクでさ” なんて声が聞こえてきそうだが、
明らかに得しているわけでもなんでもない様子

なぜなら・・・

”製薬会社の人と話すより診療に時間を割いたほうが儲かる”
”ぶっちゃけ、どこの企業の薬を使おうが、儲けにたいして大きな差は出ない(どちらにしろ儲かる)”

と認識しているため
専門性に長けている、説明が上手である、などのスキル以前に

交渉相手に気に入られる”ことが大きなウエイトを占めている場合が多い
しかし
直接の交渉相手がお医者さんではない (忙しい) 

だから事態はフクザツ・・・になる


●小規模な開業医の場合
直接の交渉相手がお医者さんではなくその妻(専業主婦)、である場合が多いために
”姑の嫁いびり”的な構図になっている、これは女同士の宿命か!?
新人のようであり至らない面があるようだが、
いろいろ突っ込まれる、ぞんざいに扱われる、待たされる

この間は、”よろしくお願いします”と上司も訪れていたが、もう一人で担当させられている 
個人の技量が結果に結びつきにくい状況下では、2人で攻めようが結果は同じ・・・合理的に考えたらそうなるのか
彼女の今後の苦労がしのばれる


●大病院相手の場合
これは、別件から愚痴を聞いた話だが
お医者さん相手ではなく、薬仕入れ担当の人相手(男の場合が多い)
仕入れる側である病院の立場が上であるために・・・やりにくい

また、大病院相手だと
製薬同業他社もエース級の人材を投入し競争が熾烈・・・

そしてMR同士、ともに足繁く通うため、
”このあと一杯どう?” 
”あそこの担当を攻略するにはね・・・”  誘われたり、絡まれたり・・・面倒くさい

ポジティブにとらえれば出会いがあるということじゃない?・・・元気付けてみるものの

”なんでシゴト以外で気をつかわにゃならんのだ!”

美人は気苦労を叫ぶ
しかし
”美人はいいわよねー”という無理解のプレッシャーはあとを断たない


***このシリーズ連載のために…BlogランキングもCheck***


つづく

○○に投資…してますか?

10/4は投資の日です

働き始めたし勉強を兼ねて株式投資でも…

と言いたいところですが、

●私は株式買えません。
→お金の問題ではなく、職業がら企業の機密情報を知りうる立場なので、万が一にも不正な取引がおこらないよう、禁止なんです。(※もちろん会社によりけり)

●じゃあ証券会社はどうなんだ?(※部門により違うと思う)
→と聞くと、自分の担当する株式や債権やら以外は買えるとか
→自社で口座開く必要はあるけど

●外資系投資銀行はどうなんだ?と聞くと

「そんなん片手間にやるより本業に精を出した方が儲かる」

…ってさ、なるほど

とか聞いて調べてなんとなく納得

そして思い出す

そもそも株式買えないし、運用するほど金ないし、
てか「一喜一憂するタイプに株は向かない」と忠告もされたし

本買って勉強するかー!
というリスクの小さい投資に落ち着いてしまうのです

戦術と戦略は違うんだ~内定とかキャリア編~

2008年度卒の内定式が終わり、2009年度卒の就職活動にシフトしてきましたね

この時期になると、よく後輩から聞かれるのが

筆記対策は何が良いですか、ケース面接対策はどうする…など

たしかに、戦術のひとつとしてそれは必要、とても大事だ。

一方でそれ以外にも気にしてほしいことはたくさんある…

●そもそもなんでこの業界を志望してるのか
(→安定?金?自己成長?目的によっては、行ってはいけない業界もある)

●どんなシゴトしてるか等、並行して調べているかな
(→勝手なイメージを持って入社して後悔ないかが心配だ)

●他の業界も知りたいとしたらスケジュールは把握してるかな
(→要インターンなとこ、要勉強なとこ、要OB訪問なとこ…制約もあるわけだ)

~対策とか「戦術」それ自体も大事だが、時間に限りもあるし…それだけでは

それらを用いて、ときには取捨選択して、その他条件も勘案する「戦略」が必要ではなかろうか?

【引用】

戦争指導には
「個々の戦闘を計画し指揮すること」
そして
「勝利するために戦闘を束ねること」

二つの異なる側面が生ずる

前者は「戦術」と呼ばれ
後者は「戦略」と呼ばれている

(※クラウゼヴィッツの戦略思考~戦争論に学ぶ…~)

だからこそ、
私は「内定戦略」を提案する。

○大企業だから安定ですねとか
○激務だと結婚に不利だとか
○院卒で研究職以外の選択肢って損しそうとか
○公務員なら早く帰れるんですよねとか
○あそこなら合コンでモテそうとか

落 ち 着 け !

そういう一面的な判断に…
゛ちょっと待ったコール!゛

多くの業界ヒアリングから得た
偏見と独善に満ちたお役立ち情報エンターテイメント☆

進路脱線講演「内定戦略」
11/24(土)12:30~13:30
京都大学 法経本館 第五演習室

各業界の実力主義/年功序列ポートフォリオ
→各々のキャリアパス例
→いわゆる外資系選考突破のコツに加えて…
→財閥系コメンテーターを招いての、遅く始めてスピード内定(複数)の実例も紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。