スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商社の入社時配属の謎

(前エントリー)で述べましたが
新卒採用エントリー時から部門別採用になっている伊藤忠商事を除いては
商社マン人生を左右する”入社時配属”という関門がございます
これ、どうなってんでしょうね
商社マンネットワークに長けている友人にインタビューしてみました。


●入社時配属のシステムはどんなかんじなんだろう

「ぶっちゃけ内定出すときに配属が決まっている」みたいです。
最終面接で出てきた面接官がOK出さないと内定は出ないので、
その人たちの部門に行くことになるでしょう。
あとは、まぁ今までの面接でどう話してきたかにも寄るんでしょうが
たとえば学歴見るだけで「機械」が3つ(学部卒、院入学、院修了見込)が並んでいるようなやつはほぼ機械で決まりでしょう。

●入社時点順位はそう大きくは影響しない

新機能系の若手がごっそりコンサルに持っていかれたー、とか
生活産業系で内定出してた女の子が直前になって伊藤忠のアパレルに乗り換えたーとかに応じて微調整が起こるらしく。
入社時点の順位(悲しいかなある程度、内定通知の電話のタイミングでわかってしまう)が影響するとしても、せいぜいその微調整のところでしょう。


●結局「希望者数と空き枠による倍率」に大きく左右されがち


やはりどうしても志望部署は偏りやすいから、
内定を出す時点でも多少は、志望部署同士での争いになる。

オトコはエネルギー・金属に
オンナはアパレルとか食品に偏りやすい。
人事やりたい、経理やりたい、管理やりたいとか言う人は・・・なっかなか見かけませんね

おそらく「なんでもいい」とか言っちゃったヤツ、
「なんでもできそう」と思われたやつが人気の薄い部署にいくのでしょう。


えー、じゃあその人気の薄い部署に持ってかれてしまった人はどうするべきなんでしょうか?

(続く)

スポンサーサイト

総合商社は手広くやってるがキミが手広くできるわけではない

商社はたくさんの部門部署があり本当に何でもやっている
だが、それら全てに、もしくは、好きなものだけに携われるわけではない


そこんとこを誤解してはいけない
夢見がちで現実の見えてない人は選考で瞬殺される
 (※OB訪問をしてなくてホームページだけを見て志願する人のよく踏む罠)
把握しておくべき状況は大きく二つある


●入社後配属はアットランダム
私は繊維の部門でブランドを扱いたいの!
私は食品の部門で○○の輸入を手がけたい!
僕は石油か金属か…国を支える資源を扱いたい!
といったところで、行けるのは同期百数十人のうち、一人か二人
学歴や適正や面接の様子やらで、


●決まったら原則、一生その部門

入社後配属で、
はい、君はアルミね、君はバナナね、君は石油だ、おっと君は・・・
と、ゼッケンをもらったら一目散に残りの20数年(?)の商社生活を走り出す!
扱う商材(モノ)がなにかによって、
将来飛ぶ海外赴任先も選択肢がある程度決まってくるわけだ
わがままを言ってはいけない

なぜかって、たとえば鉄鋼の分野だったら
新日鉄とか海外の大手鉄鋼メーカーや原材料の採掘地の人々や
世界を又に駆ける人脈と仕事のノウハウとを身につけた人が
”飽きたのでほかの部署に行きたいです・・・”ってそれはないでしょう、原則ないです。
よく言えば、本気のエキスパート!
うがった見方をすれば、あまり潰しが効くわけではない




では何がポイントになるのか


(続く)→部門配属の謎  

クリスマシック症候群に侵されるな

クリスマスイブには、
クリスマスっぽいイルミネーション見て、
クリスマスっぽいディナーを楽しむのが勝ち組ですか?

それとも、元をたどれば電通に操られているかのような
商業的な空気は気にしないのが勝ち組ですか?

王道か?反発か?
いや・・・最近のトレンドとしては・・・


--------
こんにちは
今年のクリスマスイブ12/24(月)は翌日仕事だから
別になにもしなくてもいっか、不自然じゃないし、という
なかば安堵感に包まれているようですね

彼氏が美容師さんなので、
「毎年無理だったけど、今年は月曜日だから彼があってくれる!!」
とうれしがる無邪気な子を見てると
素直に「よかったねー」と思えたりするのですが

まだまだ
クリスマスイブには、混んでいるところに行き、クリスマス的なことをしなくちゃ!
という破壊的クリスマスオーラが放たれる11月初旬からの
クリスマシック症候群
にさいなまれている方が多いように思います

ああ、クリスマスが来る・・・やばい、とりあえず付き合わなきゃ!
でも妥協は出来ないし・・・とりあえずバイトの予定は空けておくか
だって、クリスマスに暇だった思われたらイヤだし・・・

と右往左往。
とりあえずこの時期を乗り切るための
刹那的お試しカップルが誕生したり
名前も知らないような男から突然告白されたり・・・
と若者の苦難は耐えません


-----------

京都大学には
脱落派(だつらくは)】:
(もっとも寡少単位のものが会長を務め、少なければ少ないほど地位が高い、夏休み春休みの終わりを憂える祭が有名)

留の会(りゅうのかい)】:
(留年した人ばかりが集い飲み語る会、学部5~8回生とか、卒業式での衣装&パフォーマンスが有名)というなかばアングラな、なかば消極的に明日への希望を見出す互助組織があったり

早稲田大学には
卒業三流、留年二流、中退一流なる
輝かしい言葉があったように
(まちがってたらすみません)


いや、これらはたとえが違うか??
まあとにかく、王道を是としない価値観があった気がしますが



最近、感動したこと


王道じゃなくてもいいんです、でも反発もしません、
家に閉じこもるのも苦手だし・・・
だから


ある女の子は、寺に
イブに座禅にいく!とな
人気の寺だからいつもは予約でいっぱいなんだそうな


クリスマスイブだからこそ空いているところに行く、この機を利用しつくす!というアイデア
王道でも反発でもなく利用という精神!


これ聞いて、引くような女の子には
王道のクリスマスを提供してあげましょう
けど、おもしろい、などのリアクションが得られた子には
自然体での楽しさを提供してみては


クリスマスどうしたい? 
なんて意見のお伺い・愚問を投げずに
空気を読み、いやむしろ、自ら空気を作っていく
というリクルート的な攻め系の精神で!






さて、なにをしようか

テーマ : つぶやき - ジャンル : 恋愛

どうでもいい…コンサルの職業病

点を整理するのに煮詰まった某コンサルタントたち、




そういや食事も忘れていたよ




ミーティング中に出前をとることになって…




ぷるるるっ




はい、XXXです。XX様ですね、ご注文をどうぞ  (←先輩、常連っぽい)




あ、もしもし
注文をお願いしたいんですが、全部で三つあって…





span style="font-size:x-large;">注文まで整理するなぁぁぁ!!!







→深夜まで働く若手を応援◎banner




トップに戻る、ほかの記事とか

極限状況下での優秀さを試される投資銀行

友人が、某外資系投資銀行のウインタージョブで優勝した


チーム戦とはいうものの、
メンバーの処理能力
">…(excelでの分析力、英語や会計資料の適格な読み込み、Powerpointなど)…
が劣っていて過負担だったという彼は、間違いなくスカウトされるだろう。

ちなみにやることはまあ、
どこどこ会社の利益を○年で○倍にしろとかいう
コンサルちっくなお題だったりするんですが、アプローチが全然違う。

コンサルのウインタージョブのように、
社員との議論や社外インタビューからきっかけをつかみ、
ロジックが大事、そもそもこの仕事を楽しんでやれるかが大事、という話ではなく、



おまえはちゃんと賢いのか?(緻密な数字の強さ、処理能力の高さ)
そしてお前は丈夫なのか?(メンタルタフネスと体力)


誤解を恐れずにいえばそんな気がする

激務な社員さんがあまり構ってくれないのでなおのこと、
事前の仕込み&実力勝負になりがち…(ここらへんコンサルとかなり違う)

→気になる人は金融勉強会ShareProjectとかで検索かけてみよう、あそこのテキストはわかりやすい


▼さて、その同じ外資系投資銀行のサマーインターンで苦しんだ経験のある自分としては、一番気になったのは睡眠時間だが…「あいつ大丈夫かな?」

彼いわく

五日間で九時間しか寝れてない

そうな。

やっぱり!

▼知識はあとからいくらでも(嫌でも)つく、体力&精神面での強さが大事。

それも立派な資質なのだ。

▼豪勢なランチやディナーのときも睡魔にだけは負けてはいけない、常に試されていると心がけるべし

それも立派な資質なのだ。

▼お金が好きです、と明言できるか?

それも立派な資質なのだ。



さはいえども
日本で会社員として働くナカでは最も高給取りな世界。
マスコミもコンサルも比較にならない世界
興味のある方はぜひ

テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

もう半数も内定・・・けど勝負はここから

もう約半分に内定が!?


12月・・・のコンサル事情
既に約半数がウインタージョブや冬の選考で
いわゆる内々定が出ています。

ATカーニーのように珍しく冬のみで採用終了するところもあれば
新しくジョブによる採用システムを始めたところもあり

今年も引き続き、業績良好なようで
各ファームとも採用数は伸び伸び
門戸は広がっていると聞きます
考えようによってはチャンスですね

ウインタージョブは
就職活動開始が早く、夏のインターン枠を何重にも獲った猛者や、
普通の学生では真似しがたい経歴を持った人やらがジョブに進み
各社のカルチャーにあう人がピックアップされていったわけですが

秋以降就活を始めた・・・などの多くの学生にとっては
この後のスプリングジョブが主戦場!
12月はじっくり、考え悩んで、話を聞いてもらったりしながら練って
年明け速攻でエントリーシート・・・
もちろん早く送れるなら送ったほうが絶対にいいです


以下、ご参考までに
戦略系コンサルティングファームスプリングジョブ2009
の、ごく一部、さくっと調べた範囲ですので、気になる方は
他にも調べてみましょ



ローランドベルガー(RB)(1/6)
今年からは、ジョブによる採用システム。拡大中。

コーポレイトディレクション(CDI)(早めに)
セミナーが1/18東京、2/2京都とあるが、選考には必須、明記されていないが通過するとだいたいスプリングジョブへとつながる。パートナーは皆、一様に優しい。

ヘッドストロングジャパン・・・ながらく中途採用しかおこなっていなかったコンサルですが、今年は新卒向けのスプリングジョブがあります (1/8)

ボストンコンサルティンググループ(BCG)(1/28)
定番のスプリングジョブ、今期の最終チャンス

↓春の通常選考

マッキンゼーアンドカンパニー(Mck)(1/6)
とりあえず出せるなら早く出しましょう。
12/19が一次締切、締切が複数設けられているということは・・・?
筆記、面接ともに英語がキーポイントになってきます。

ベインアンドカンパニー(Bain)(2/4)
最終(第五回)締切こそ遅いものの、早めに出しておくに越したことはない。

そのほか気付いたもの

●リクルートもウインターに引き続きスプリングジョブ募集かけてますよ

●みずほコーポレートのGCFコースもインターンシップが来月あるようです
①One Dayインターンシップ
 1月15日(火)・16日(水)のいずれか1日
②職場型インターンシップ
 2月上旬~3月上旬のうち数日間
http://www.mizuhocbk.co.jp/saiyou/ (締切12/24)


***応援!就活生向けBlogランキングへ***

スナフキンと朝五時帰宅ラッシュと奴隷根性

▼京都から来た旅人を泊めて毛布を貸したのが月曜日。

薄いカバン一つとスーツ姿で内定先企業に呼ばれて来たらしいが

ど う い う わ け か

昨日また会うことになったんだ、
また上京か忙しいやつやな、こいつ格好変わってへんな、
寒い寒い言いすぎやろ

…と思ってたら

6days 関 東 放 浪


コートも手袋もマフラーも無く
関東を放浪していたらしい
泊まる気ないのに勢いで!
いっちょうらのスーツとかばんのみで・・・



装備貧弱www




そんなスナフキン

浮き世離れした彼の就職先は日本有数のゆる~い某財閥系大企業…(詳細は追って書きますが)

「シゴトに求めるものはなにもない、余暇を楽しむ、九時~五時!」
という、覚悟の決まったいさぎよい態度で就職活動をしていたためサックリと決まる強いコ…



▼そういや街は妙に混んでいたけど、世間は忘年会シーズンなんですね
最終の山手線は混み方がすごかった、ほんま溢れて終電乗れない人も!
だもんで、朝五時の山手線もやたらと、終電のようなテンションで混んでいた。



そんなに忘年会?そんなに忘れたいことが多いのか?




あまりに混み過ぎててそんな疑問が浮かんだ。

大勢で飲むのは嫌いじゃないが
忘年会という響きはあまり好きじゃない。
しんどいことは多々あったけど忘れたいことなど何もない
友が遠方より来たる…なんというか李白的な精神で
どうにか激務な中、都合をつけられた…だから、飲んだだけ。以後よろしく。

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
(2007/07/12)
戸田 智弘

商品詳細を見る

みんな、愚痴を言う前にまずこの本を読んでくれ
きっとひとつは心に刺さるメッセージがあるからさ
・・・と、(たぶん)道行く酔いどれリーマンには届かないメッセージ
サラリーマンを辞める根性もないのに文句ばかりはかっこわるいよー
僕らの仕事にはみんな多かれ少なかれ、理由がある!




▼さらにスナフキンの素直な疑問は続く

続きを読む »

起業に役立つ就職先ってどんなん?(後編)

(前編)の続き

金融系だったら…
どうなんだろう

もし銀行だったら、
なんだかんだ安定してるし
年次を経たらやり甲斐も出るし…(それこそ社内恋愛してるかもしれないし)
行ったらそんな気は失せそうだな
じゃあ短期で活躍&稼ぐあの業界なら?
…と、就活のとき、思ったことはありました…が、


リスク(不確実性)を考えたらバカバカしくてできない

上記の価値観を某外資系投資銀行で知りました

まず稼いでますしね…
現状のシゴトの「評価に連動した報酬」を考えると、
わざわざやる理由が見当たらないのか




インターンで某投資銀行内にいたときに、
若手バンカー(投資銀行部門)に起業の可能性について話しましたが、

「そんな馬鹿げたこと、成功する率とリターン考えたらできないよ、今のシゴトに打ち込んだ方が稼げる」

…ちょっとホンネの垣間見える切り捨てられ方をした。




マネージメントクラスの人に伺ったときは、
ちゃんと
「今のシゴトが楽しいから有り得ないね」
とオブラートに包んだ(マニュアル通りの?)返答をくれました、
が、こんなん聞いたら内定は遠のきますな(笑)



また、株式を扱うトレーダーの方に、

「いまの能力で、個人投資家とか、ファンド立ち上げるとか、なんか独立の野望はないんですか」

と聞いたことがあったが、

「片手間にやるより、本業に精を出した方が(ボーナスに連動するので)遥かに儲かる」




…そうですよね


(※別に金目当てだけだったら起業は割にあわないでしょう)


マネックス証券の松本さんのように、
GSで共同経営者クラスまで上りつめたけど
やりたいことが実現できなかった(成功の見込はあった)、
だから独立…のようにごく稀な例はありますが。



一方で

最近、いいなーと思いつつ聞いたお話が

●起業で成功する方法は知らないが、失敗する方法はたくさん知ってるよ…と、(笑)


気さくに話してくれたのが、起業家に近いマインドでやっている(と思う)、
事業再生系のファンドの先輩
見込みはあるけど、資金繰りに困ってて
銀行から見捨てられたベンチャーを助けてたりする。


ごく最近、新卒を採り始めた業界


ベンチャーキャピタルのように、
見込みあるベンチャーを見分けて投資して
株式上場させて利益を得るシゴトがあることは知ってたが、
こういう裏のシゴト(と言ってた)もあるわけだ。


「起業して失敗するとこの大半は、地道な財務を軽視していたところだよ、学んで損はないと思うが、泥臭いことやってるし…(中略)…で、起業してまでやりたいことって何?」

(屮゜Д゜)屮



-------
「tapiokaさん、将来やりたいことってなんですか?」

(屮゜Д゜)屮

就活中の後輩から受けた無邪気な(刺さる)質問を思い出す

・なぜ、起業なんかに興味を持ったのか?
・起業という手段でしか目的は達成できないのか?
・目的と手段を取り違えていないか?
・いまやるべきことからの逃避になっていないか?

働いて忙しいからって、
自分自身のことを考える時間をおろそかにしていないか?
「So what?」を繰り返して考えてみよう・・・
アタリマエだが、内定はゴールじゃない

------


最後に

●そもそも働いて学んでから起業ってカタチにこだわらなくてもいいんじゃないか
という価値観を紹介して今日はおしまい


尊敬する先輩から夏に
゛はてな゛の
近藤社長からいただいた言葉は

「僕は早くに起業したけど、働いて賢くなったらリスク取ってエイヤッ!と踏み出せなくなってたと思う、やりたいことがあるなら早めに(それこそ25,6歳くらいまでに)やってみるといいんじゃない?」

起業に役立つ就職先ってどんなん?(前編)

そう聞かれるといつもいろんな考えがよぎる…


自分もすごく悩んだし、今もそうだし。


とりあえず、コンサルはそういうのに向いてそう…とは思います。
シゴト内容から相当な起業へのインスピレーションを受ける。
短い期間で本当に多くの業界について調べてアタマ使う。


けど、重要な点が二つ足りていないとも。
起業に大切だといま考えていること。



▼1つは、リクルートに代表されるような「強い営業力

 ビジネスモデルがいくら良く見えても、
 お客さんからお金をいただけないことには話にならない、
 事業を軌道に乗せるまでは恐ろしく大変(-_-;)

 今でこそ有名な「ホットペッパー」や「R25」なんかのフリーペーパーだけど、
 あれを成功に導いた鍵は、粘り強い&賢い営業だったと聞く
 多少の失敗は営業で押し切れる力もあるんだとさ(某R社いわく)


 サイバーエージェントの社長、藤田さんも
 起業直前にインテリジェンスに勤めていた頃、
 営業で神懸かり的な実績を作っていて、
 そのときの経験や人脈が起業後の受注に貢献したとか

 今でも、
 「ああ新規の案件はこうやって取るのか」
 「IT業界はこういうシゴトの流れなのか」
 なんてのを体得するために、こういった業界へ就職する人が少なからずいる。

 DeNA(ディーエヌエー)からは・・・
 「あんたにはまだ早い!」と、
 南場社長(Mck卒)に止められながらも、
 起業・独立を成し遂げた人がいたり



▼二つ目に「まわりが起業家精神あふれる環境であること」

 年功序列で長く勤めるほどお得な業界の大企業にいったら、
 まず独立しようなんて気を保つこと自体難しいだろう。
 大半の人は、まわりの価値観に染まる、本当に。
 職場環境の影響は大きい、本当に。

 リクルートだったら、
 30歳過ぎたあたりから独立支援的に、
 退職金として年俸一年分が出るとか

 サイバーエージェントだったら、
 社内起業コンテストがあったり、
 月500万円×6か月までの赤字を許容してくれて新規事業にチャレンジできる制度がある、
 実際にここから新規分野の子会社設立。とか

 DeNA(ディーエヌエー)だったら、
 稼ぎ頭である某ケータイコンテンツ事業の発展が、若手の発想と開発によるもので
 ガンガン認めて促す、必要あらば別会社設立→連結/他社と業務提携、
 というあの自由でスピーディーな社内風土があったから成功したんじゃないか、と思う。
 実際あそこは、社員に限らず、大学生の長期インターン生もすごい実績作ってるし

…というのが、今のところの考えです
おすすめ企業偏ってるなーと言わないで、好きなんです、上の三つ。

まあそんなかんじの雰囲気近いとこがおすすめ一番手
リサイクルワンもいいですよね
コンサルティング業界もいいんだけど、おすすめ度は二番手か。
自分で足りてないこと(能力?意識?)はなんなのか
常に考えながら働きたいですね

まあとにかく
【まとめ】
起業に興味ある人は
「営業、職場環境」に注意して探すといいんじゃないでしょうか


つづく
金融方面で、これ起業向きな業界なんじゃないか…?と思える話を最近聞きました→

コンサル=すぐ辞める、という概念から離れてみよう

コンサル冬ジョブの選考は終了し、
インターン生がコンサル各社のオフィスを訪れて働く時期になりました

この子、優秀なのにな…と思うのに落ちてしまった学生に共通して(個人的に)思えたのは

●シゴト内容より労働時間を重視する傾向…が見られた人 →楽して稼ぎたい
●成長のステップにしたい、という意志が見られた人     →学んで辞めたい

やはり「コンサルはすぐ辞める人多いんですか?」とよく聞かれます
離職率が高いってイメージ先行があるけれど、実際は他の企業とそう大きくは変わらないようです(大手銀行や商社→コンサルに行った人から聞いた限りでは)

中途採用の人がシゴトのスピード感やプレッシャーが自分に合わなくて去る…のがたまに見られても、新卒採用が数年以内に辞める例は数少ないです

けどコンサルは、中途:新卒=1:1に近いファームが多いし、卒業後に活躍する人も多いので、”すぐ辞める”イメージが付きやすいのかもしれません。

さて

今日ふと見つけた一冊が、
就職ジャーナル 2008年 01月号 [雑誌]就職ジャーナル 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/01)
不明

商品詳細を見る


就職活動生向けの本だけど
この号は内定者やコンサル転職検討者が読んでも面白そう

メイン特集は、フジテレビ・住友商事の面接実録、ですが・・・

ひっそりとコンサルティングファーム特集があり、その中に

○代表的なプロジェクト(仕事)のチーム編成・期間の例
○各ポジションと昇進に要する平均年数


そんな内容が下記ファームについてざっくりとわかりやすくまとめられていました
これらはファームにより差が結構あるので興味深い

アーサーDリトル
IBMビジネスコンサルティングサービス
トーマツコンサルティング
野村総合研究所
フューチャーアーキテクト
べリングポイント
ボストンコンサルティンググループ
三菱UFJリサーチ&コンサルティング

あとは、コンサルを3~4年で辞めるなんてしんどいだけで損だよ、マネージャークラスまでやらなきゃ面白くないよ、という堀さんの言葉

「成功者だから言えるわな…」

というやっかみ半分、会社から投資してもらい育てられてる身分としては、
「たしかに。もっと貢献して恩を返したい…」

とも思うのです

平均的に、コンサル=すぐ辞めるわけではない!
新卒が続けやすい環境はどんどん整備されてきているので、
シゴト内容に興味ある人にはおすすめの業界ではないかなぁ・・・と

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。