スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.200】商社マン最初の海外出張はアレをつくることでした・・・

いやぁ・・・なつかしいね。

はじめての海外出張は工場作業員だったんだよ

そう語る商社マンの目はもはやニヤニヤしていた。
それはそれはいい思い出・・・


----------------
海外現地工場からのTEL。

続きを読む »

スポンサーサイト

別れた彼女を追っても元は取れない~サンクコストの呪縛

大学時代からずーっと付き合ってきたんだよ?
結婚も視野に入っていたんだけど、
忙しさのタイミングが合わなかったな・・・
仕方ないか・・・



そうなんです、外資系の金融や戦略コンサルに勤めていると
最初の一年はとても忙しくめまぐるしく
でも、成長スピードが速くあっという間に過ぎていく。



一方で、学生時代から長く付き合っている彼女とは・・・


結婚の意思確認・約束を早い段階で、
(できたら入社前に結婚!が理想)
しておくべきかな、と私は思います。
そういう業界でたたかう後輩にはおせっかいにもそう伝えます。



そうでないとケアする時間がついつい・・・で、
になりがち。



時間をずっと共有してきた相手と別れるのはつらいと思う。
そこには少なからず、
他の時間を割いてまで会ってきた(無機質に言うならば)労力とか、
代えがたい思い出があるわけです。



けど、そこであえてきっぱり別れて次へいく。
なんだドライじゃないかとか感情論はひとまず置いて、
それが経済学的には合理的よ☆


出社が楽しい経済学出社が楽しい経済学
(2009/01)
不明

商品詳細を見る



なぜなら、
いままでかかった時間やお金や愛情や思い出や・・・は
本来、追っても頑張っても回収できないもの。




という、サンクコスト(埋没費用)
恋愛の例や他多数の事例など用いてキャッチーに解説している

例)
食べ放題も、元は取れないよ。
ツマラナイ映画を見たときも、元は取れないよ。
いくらねばってもねばっても払ったお金は返ってこないからね。
頑張っても、その我慢した苦しさや、かけた時間だけ損をしている


などなど
激・わかりやすい経済解説本です。
NHK教育のテレビ番組にもなっている、おもしろい試み!

注意)ちゃんと経済解説本です。恋愛のたとえは一瞬。数ページ。


でも「経済」と聞いただけで、二の足を踏む傾向があるなら、読んでみてほしい

「機会費用」
「比較優位」
「インセンティブ」
「割引現在価値」

の項は特にぜひ、普通に役に立つ。おさらいにもなる。



まぁ、でも結局私が何をいいたいかって、

前回の記事
でも少し触れましたが


恋愛で元は取れない、取ってはいけない。

って、ことだよ。そこのYOU!
まぁ、気持ちはわかる。
(私でよければ)話を聞く。
でも最近特に、別れを引きずる男子が多い!!!




恋に傷ついたあいつを応援◎→banner

【トップに戻る、ほかの記事とか】

テーマ : どうしたらいいんだろう・・・・ - ジャンル : 恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。