スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子必見】いま、時代は草食男子かつ鹿系男子。

鹿(シカ)系男子。決して馬鹿というわけではないですよ。



1、賢く


2、かわいげがあり(なつく感じ、つぶらな瞳とか)


3、優しく(ファクトはともかくイメージだけでOK)


4、細身ながら筋肉質で


5、脚も締まって細い


6、(ついでに)実は仲良く近づくと凶暴にもなる。




うんうん。I think so.


blog_ranking
【トップに戻る】
スポンサーサイト

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

忙しいMEN'S結婚観~激務経験のある女子

結局、お互いを“完全に“理解しあうのは難しいわけだが、


●激務経験のある女子はその点よいね。という話はよく出ます。




学生時代からのカップルで、外資系に勤めはじめると、結婚に持ち込まない限りまず一年ほどで別れてしまう。


『こんなに私と会えないほど忙しい仕事が世の中あるわけがないわ!』
→『よって浮気をしているに違いない(泣)』



(彼女的には)極めてロジカルに、、結論づけられる悲劇。


一方、中途採用で前職時代に『一般職の女の子』と結婚している場合も、同様の猜疑をかけられ苦労する。

続に言う『炎上』である。仕事ではプロジェクトが炎上し、家庭では嫁が炎上。






なんとか持つのは、彼女もそれなりの激務経験がある場合(=相手の苦労を理解できる素地がある)


(例)理系のトップレベル研究室経験ありand/or勤務経験→外資系(金融・コンサル・メーカー)、マスコミ、商社(総合職)、国家公務員、医者弁護士会計士、看護師、システム開発系、リクルートなどの営業系。

具体的には

終電連続とか、7連勤とか、
たまにでも起こりうるところ。


愛する相手の気持ちを理解する。
それはとても大変なことだが、その理解する素地は、
育ってきた環境や働いてきた環境にもわりと左右されたり



続くかも



blog_ranking
【トップに戻る】

テーマ : なぜかモテてるあいつの秘密 - ジャンル : 恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。