スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性コンサルタントとして活躍・生き残るための・・・

戦略コンサルのパートナー(共同経営者)クラスに上った女性達の話を聞く機会があったんです

もちろん
結婚してたり、
子どもがいたり、
サバサバしてたり、
かわいらしかったり…賢いのは確かだろうけど、普通の女性。

どうしてそんなワークライフバランスが可能だったんですか?
というのが趣旨なんだが、
男性にも聞いていて参考になる点は多かった

例えば

●休みをとれば回復する

わかるー。意外と重要。休みはプロジェクトの合間にガッと取ってもいいし…。

出世を焦る業界ではないからね
(役員級ポストに人数枠がない、成長して結果出して条件を満たせばなれる)
いったん退社してもまた出戻りもよくある話だし (これは男性もよくやる)

長い目で見て長く活躍できることが大切じゃない?
周りと自分を比べて焦らない追い込まない。


●必要なサポート体制は望めば作れる

そもそもコンサル業界は新卒を採りはじめてまだ年数が浅い。
歴史のある大企業のように福利厚生が調えられてはいないが…それは軽視しているわけではなく、言えば作れる、風通しのよい業界だからその点は恵まれているよ。
人材が資産の大半を占める業界だしね、辞められたら打撃だから。

使うかどうかわからない社内託児所があるよりも
(→通勤ラッシュに子どもはしんどいよ)
育児補助一時金があるよりも
(→お金より時間じゃないかな)

産休育休を気兼ねなく取れたり、
時間短縮勤務ができる方が
私達のシゴトには数段あってるだろうし…そう伝えていまのように制度ができてきた

とか


●まだ女性が少ないのは受けてる母数が少ないから


例えば業界を志す母数で女子比率が2割なら、採用後の女子比率も2割…というように。

採用基準も昇進基準もガチで男女平等だからこそ、体制は調っても簡単に女性が増えるわけではない

だからこそこうして発信していって…

なるほど

というわけで、自分も発信してみました。
もし興味あったら…YOU!受けちゃいなよ!
サポートいたします◎

***就活生向けBlogランキング***
***ブログ村就活ランキング***
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【託児所】についての検索結果をリンク集にして…

託児所 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。