スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜散らすな…三菱商事/三井物産のグループディスカッション

20080409005638

商社の選考も進み…もう水面に花びら散る季節。
慣れたと思っていたグループディスカッション(特に三菱商事、三井物産)は
意外なところで鬼門になってくる
散るなよ、散らすな・・・。



四月になり、いまさらこうやったら通る!
なんてのを語るにはうさんくさいのですが
まだまだ失敗にはある程度共通点がありますので累積経験からひとことだけ

※これ誰に向けて言ってるんだ?

「腰は低く、でも、へりくだらないで。」




注意してほしい/ミスりやすい就活生の属性として、大きくは二つありそうで。
●外資系の選考に慣れてしまった就活生
●まだ内定無し/商社受かりたい気持ちが強すぎる就活生





【外資ITや投資銀行、P&Gやらで攻め系のグループディスカッションに慣れている人】:
発言に価値を出さなきゃ、アピールしなきゃ、主導権とらなきゃ…周りへの気配り不足になる恐れあり



→まず、今までのグループディスカッションとは見ているポイントが違うだろうと肝に命じましょう。



・論理的かどうか
・価値ある発言をしていたか
・場をまとめて結論出したか、



みたいな今までなんとな~く体得してきた
グループディスカッションのコツみたいなのがあまり重視されないからだ。
「この子はうちの中で協調性持ってやっていけるだろうか、スタンドプレーをする子じゃないだろうか…」などなど減点法目線が厳しめ
というのも配属されたら一部署で20年以上働くような世界、社外の付き合いも多い世界、自然と見る目も人物重視になってくる。
今一度、自分の態度と周りの反応を振り返ってみよう




もう一つは
【四月になったけどまだ内定がない/商社が第一志望すぎてあまり他を受けてない人】:へりくだりすぎている恐れあり。

→グループディスカッション中に、「でもこの会社の社風に合わないんじゃないか?」という忠誠心アピールな発言

→なにか質問はありますかと聞かれて「御社は~ですか?」「御社は~と思うのですが」
御社という単語連発

→なんていうか受かりたい気持ちが強すぎてへりくだりすぎな学生をよく見ます。

商社は人物重視だから
腰を低くいい印象でいかなきゃ!
と思う節もあるのかもしれないが・・・





まず、「腰を低く」と「へりくだる」はまったく違う。
じゃあ自然体で!と意識して横柄な感じになっちゃってる例もよく見るんで、さじ加減難しいですけどね。そんな難しい対人関係について、特に就活生と新社会人にフォーカスして分かりやすく綴った名著がこれ

初対面の教科書―おちまさとプロデュース (おちまさとプロデュース)初対面の教科書―おちまさとプロデュース (おちまさとプロデュース)
(2005/05)
「おちまさとプロデュース 初対面の教科書」をつくる会

商品詳細を見る


●絵が豊富、例題が豊富、章立ての構造化、→いい意味で教科書的
●「腰を低く」と「へりくだる」は違うんだよ、など様々なニュアンスの差まで特集→心理学系のこういう本よりやや実践寄りなイメージか
●おまけのコラムも楽しいよ♪
→歴史上の初対面:マッカーサーと昭和天皇
→恋愛系の初対面:負け犬の構造


などなど

商社に限らず、読んで損した感はない本ですねー。こういうのを学校の教科書で教えればいいのに(笑)

***その他のBlog見る?***
コメント

今年は外銀が死んでるから、本来ならそっち行ってる人も商社に流れていると聞く。
どうりで脳みそまで筋肉な後輩がそろっている俺のゼミやサークルのやつらの筆記通過率が低いんだな。

どう考えても08入社の脳みそプリンよりも、ギスギスな09入社の方が要注意だろ、と。

たしかに!後輩見てても、外銀とかハードな実力主義系よりは
最初10年は学ばせてくれそう・・・大手だし安定ってことで、
商社やメガバンクの人気が高まってきているような気が・・・
と、思っていたらAERAのこんな記事もありました。'09就活のトレンドなのかな。
http://www.asahi.com/job/special/TKY200804020099.html
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。