スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛における狩猟民族型/農耕民族型

▼飲みの席で不意に「狩猟民族型」の彼からの恋愛相談があった。
「アプローチから付き合いはじめるまでは楽しいんだけど、そこから…飽きちゃう、なんでか気持ちが続かないんだよ(>_<)」
・付き合ったら(悪気はないんだが)飽きてしまう
・「獲得力」には長けるが「持続力」に欠ける

こういう男性を「狩猟民族型」と分類する考えがある。都市部に多く生息。

▼今回のケース
IT業界超大手に勤めるシゴトが楽しい彼は、
自分の時間感覚における恋愛のマインドシェアが低い。

例):シゴト50% / 趣味30% / 自己投資10% / 恋愛10%

この中では彼女が一番なんだけど…
この10%を超えて時間や労力を投資する気が起きない→
彼女不満蓄積「なんで付き合いはじめのようなマメさがないの?」

付き合いはじめまではコストに対するリターンが明確なため、
時間・労力・ときにはお金を費やす気がしますが
それ以降はなかなか…これって一種の病みたいなもんか?


過去の事例でも
・もうコイツしかいない!と思うほどの出会い
・同棲生活開始
・もうそろそろ身をかためたいし…という時間的制約


などのフラグが立つまでは治らない場合多かったしね

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋の駆け引きへ


【現時点仮説】:狩猟型民族は時間経過でしか変わらない可能性

つづく


~閑話休題~



▼そんな日、別方面から突然の吉報。6年来の付き合いの友人(女の子)が電撃結婚☆
お相手はなんと、二年半ラブコールを送り続けたという誠実な彼。
遠距離恋愛というハンデをものともせず

雨の日も風の日もせっせと耕し続け、貫いた誠実さと根気!
これぞ前述の狩猟民族とは逆を行く(?)な「農耕民族型」の恋愛展開!
ちょいちょい話には聞いてはいたんだが、
まさか振り向かせて結婚までこぎつけるとは思わなかった
彼女忙しいし、彼より都会にいたし、条件だけ考えたら不利に見えた…。でも貫いた。




そんな心温まる展開になんだか感動☆おめでとう!
…とともに少々さみしくも思う…身勝手なオトコ心。
末永くお幸せに◎


-----------------------
恋愛戦略』 YOU!ドコで詰まっていますか??
まず心を掴むまでに乗り越えるべき「3つの壁」をちゃんと意識!that's why...
1.Target/Interest~感情の壁
⇒2.Demand/Approach~理解の壁
 ⇒3.Keep/Reject~価値観の壁

テーマ : どうしたらいいんだろう・・・・ - ジャンル : 恋愛

コメント

>なんで付き合いはじめのようなマメさがないの?

付き合い始めがマメになってしまったがゆえの悩みですね。

このようなことを言われると面倒くさいので、最初は調子に乗せないようにしています。

で、たまに優しくする。これが良いですな(笑)

YOU!久々にコメントしちゃっていいですか。

前に2010年4月の号でコメントさせて頂いたatrixです。
仕事合間の楽しみに見ています☆

>何か好みであったり人を選ぶ軸があれば
(特に女性の)失敗例は多いので気をつけていきたいですね。このあたりは近々エントリーすると思います。>>>この件楽しみにしています!!

ところで、今回の記事を見ながら思ったのですが、狩猟民族の場合、結局相手を手に入れるために、今の自分と違う行動を取り過ぎるから付き合ってからのgapが大きくてうまくいかないんだろうな~なんて思いました。だからといって狩猟民族の性格故にのんびり、ちんたら・・・ってのも出来ないのだろうけど・・・。ただ、その辺り女子も経験から何となく感ずいている気がします。出会った当初からガツガツしてくる感じの人はきっと、狩猟だから、この人の彼女になってもあんまり「向き合う、構ってもらえる・・・」って意味での幸せな恋愛関係は出来ないのかもな~なんて・・。
って、こういう相手を冷静に見て減点しちゃう感じがまさに女性に多い減点法の失敗例なのか!?って今書き込みながら思ってました(笑&汗)

>のりたまさん

そう!、THE王道!?
付き合いを長引かせる方法の多くはそうやって
 ・男子側からの期待値コントロールをするか
 ・女子側に主導権を握らせるか
に結構集約されているような気がします
要は、女子側に不満を貯めない。かつどうにか自分もストレスフリーに。


>atrixさん
狩猟民族型の場合、たしかにおっしゃるような理由により
長続きしない場合が多いんですけど
ポイントは、”彼らは別にそれでもまぁいっか、今のうちは”と思っている点
まぁ刹那的な付き合いでも若いうちはいっかー・・・という
(↑ここらへん女性には理解してもらいづらい)

だからといって、この人は狩猟だから・・・幸せにしてくれなさそうだから・・・
と減点法で見てしまうのは、ちょっとチャンスをふいにしている可能性もありますよね
自分が誤解しているだけ(実はマメに耕せる人)という場合もありますからね
NO MORE 減点法。

狩猟民族型の男とは、会う回数を少なくすれば続くよ。結婚した後も…

男女で和気あいあいと細やかに暮らす性格じゃないからね

獲物(仕事)を追いかけて出て行って数週間後「ただいま~」で激しく求める、みたいな暮らしがいいよ

No title

>ヒロシさん

ありがとうございます。
なるほど。おっしゃるとおりですね。

たしかに、「基本平日は家に帰らない実績」を持つ狩猟民族は多いですが、
案外(と言ったら失礼になりますが)家庭円満に続いているケースが多いです。
的確なポイントで必要十分量の愛し方(and/orフォロー)ができているのでしょう。

v-10
>獲物(仕事+α)を追いかけて出て行って数週間後「ただいま~」
αが他の女性でないことを祈るだけです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。