スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーズ・アレン・ハミルトンが変わっている・・・

外資系の戦略コンサルティング会社として
グローバル全体で最大手の人数を誇っていたブーズ・アレン・ハミルトンの名前が変わりました
ブーズ・アンド・カンパニー(Booz&Co.)です
***Today's Ranking***

とはいっても喧嘩別れなんかではなく
元々、米国国防省の案件が半数近い、など特殊な状況にあったブーズが
その業務の民間部門(=フツウの大手戦略コンサルと同じ業務内容部分)を
独立させたということです

グローバルで3300名とは・・・、
戦略コンサル部門を切り出しても
Mck,BCG,Bain,ATKとかとグローバルで伍する規模だということが
あらためて、明らかになりましたね


コンサルを受けている方々からは、とても評判が良いファームです
面接では
高飛車な態度でもなければ、
単に聞く姿勢に徹して突っ込み待ち、なこともなく
ズバズバ核心に切り込んでくると。

東京オフィスは今後どうなっていくのでしょうか
現状、あんまり大きく規模を変える動きは見られないようです
変わらない”人の良さ”であってほしいですね。
そのうちお話を伺いに行きたいものです


~(引用開始)~

ブーズ・アンド・カンパニー、大手の国際的経営コンサルティング会社として発足

2008年5月22日:ブーズ・アレン・ハミルトンの民間企業・国際事業部門の経営陣は、第一級の国際的な経営コンサルティング会社、ブーズ・アンド・カンパニーを、民間企業、政府官公庁、その他機関を対象とする会社として発足させました。民間企業・国際事業部門の前社長でロンドンに本拠とするシュミート・バナージ が、ブーズ・アンド・カンパニーの最高経営責任者(CEO)に選出され、中東を本拠とするジョー・サディが、17人から構成される取締役会の議長を務めます。

本日の新会社発足は、ブーズ・アレンの米国政府部門の持分の過半数を、プライベート・エクイティ会社が民間企業・国際事業部門の経営陣から買い取るという、最近発表された戦略的投資に続くものです。この結果、米国政府部門と民間企業・国際事業部門は法的に別会社となります。ブーズ・アンド・カンパニーは現在ブーズ・アレン・ハミルトンの子会社ですが、この戦略的組織改編が完了すると、法的に独立した会社になります。この組織改編は、2008年中盤から後半に完了する予定です。

ブーズ・アンド・カンパニー は、長年にわたり二桁成長を続けてきた事業を、優良な顧客ベースと、負債のない良好なな財務状態でスタートします。新会社は経営陣のみが株主となり、世界中の57オフィスで3,300人以上のプロフェッショナル・スタッフを擁する会社となります。経営トップが真にグローバルなバックグラウンドを有していること、200人の経営陣の過半数が米国外を本拠としていることは、新会社のグローバルな特質を表しています。

15年間、民間部門と公共部門の両方のクライアントの支援を行ってきた バナージは、「ブーズ・アンド・カンパニーの発足は、当社にとって重要な進展です。我々の目的は、世界の官民の一流組織の経営者が抱える課題を解決することです。我々は、適切な提案、実践的なインパクトによる貢献、協働の精神をもつスタッフ、そして本質的にグローバルな社風によって、高く評価されています。クライアントが世界中で本質的な競争優位を築くための支援を行うことが、我々の唯一の目標です」 と語っています。

20年以上にわたる戦略コンサルティングの経験を持つサディーは、「世界一流の経営コンサルティング会社の一員であることは、非常にエキサイティングです。我々は会社としての明確な目標を持っており、クライアントのために実質的なインパクトを提供することに注力しています。」と語っています。

1914年にエドウィン・ブーズが経営コンサルティングという職業を初めて開業してから常に業界のリーダーとして変革を続けてきた輝かしい歴史を活かしていきつつ、ブーズ・アンド・カンパニーの発足により、当社は戦略的な優先分野をさらに強化することとなります。創立以来、「プロダクト・ライフサイクル・モデル」、「サプライチェーン・マネジメント」、「組織DNA」、「マーケット・ドライビング戦略」などの先進的なコンセプト開発により、事業経営の大きな進歩に貢献してきました。経営コンセプト研究を主導してきた伝統は、毎年のCEO後継調査、グローバルイノベーション1000調査など、ブーズ・アンド・カンパニーの代表的調査・レポートに継続されます。


ブーズ・アンド・カンパニーとは

ブーズ・アンド・カンパニーは、大手の国際的コンサルティング会社として、世界のトップ企業、政府および諸機関に支援を提供しています。

創立者であるエドウィン・ブーズは、1914年に専門職としてのコンサルタントの役割を定義し、世界初の経営コンサルティング会社を設立しました。

現在全世界57事務所に3,300人以上のスタッフを要するブーズ・アンド・カンパニーは、独自の先見性と知識、深い機能別専門性と実践的アプローチを用いて、新たな能力の構築と実質的なインパクトの提供を行っています。クライアントとの密接な協働を通じて、本質的な競争優位を創出し提供しています。

当社の経営誌 『strategy+business 』に関しては、 www.strategy-business.comをご覧ください。

ブーズ・アンド・カンパニーについての詳しい情報は www.booz.com をご覧ください。

~(引用終了)~
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。