スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資コンサルのUp or Out(昇進か卒業か)って最近どうなん?

外資系投資銀行の雇用環境悪化と並んで、心配されるコンサル業界ですが

イメージとは裏腹に、
ここも原則、クビはありません。
景気に関わらず。

判断軸になるのはやはり
「自身の成長性 (プロジェクトに貢献した実績/さらに成長するやる気はあるか/さらなる伸びしろがあるか)」


戦略コンサルの業界の級にはだいたい全部で段階あるんですが

新卒はその最若手、
ビジネスアナリストやアソシエイトと呼ばれる層で入り、
ワンランク昇格する二年目~三年目で

「やるなら、もっと頑張れ」
「進退どうする?悩んでるなら相談に乗るが」


などという声がかかる感じらしい

要は
・あくまで自己責任
・頑張る者への支援は惜しまない…
・去るのならそれはそれ追わない
…という環境


他の例ではたとえば

span style="color:#cc00ff">●総合大手A社では
カウンセリングアウトという面接
⇒五段階評価の最低(滅多につかない)を2連続くらったら、
一ヵ月猶予あげるから進路考えたら?」というのがあったり

●日系大手N社では
社外には出さないが社内で調整
⇒例えば官公庁コンサル部門で成果がでなかったり部門業績が悪ければ、金融コンサル部門に移ってみるか?など
⇒一方で例えば、元銀行員は、金融意外弱いから金融コンサル部門が囲ってあげる、などの優しい措置もあるそうな


まぁ制度として ”アップオアアウト” あるにはあると聞くものの、
そ~こまで厳し過ぎることはなさそうです

しかしプライド高い人には・・・
辛辣な評価を突き付けられるのはキツいかもね。
新卒も中途もそこは変わらない。


なにせ、
大手総合商社や大手銀行でトップ評価もらって
ハーバード・スタンフォードをはじめ有名校に海外MBA留学して
鳴り物入りで入社した30過ぎの超エリートでも・・・


新卒あがりの若僧に

「××さん、ここはこう直してください、あの修正はまだですか?あとさっきいただいた分析なんですがこれどういう意味ですか??…」

詰められ焼かれて…悔しくてガチでトイレで泣く…みたいな
とびっきり専門職の世界。

いわんや、学卒をや…です、できなくて当たり前、ただし向上心は持て。

だから…

コンサルってすぐクビでしょー?と短絡的に考えずに

短期的な評価に一喜一憂なんかしないで
⇒マジで無意味

自分の成長を楽しんでやっていけるか…

ってのが重要なのかなと思います



気が向いたらお付き合いください⇒*Today's Ranking*
就活系学生ブログランキング
コメント

No title

総合系Aでカウンセリングアウトした人を知っています。
いままで会ったどんな人よりも魅力的なお兄さん。
向いてない人を働かせないシステムがあるって、何て優しい業界なんだろう、と思います。

ちなみに「焼かれる」って社内用語?業界用語?

No title

おっしゃるとおり!(←GSのクチグセ)
だからこそ”シゴト楽しい!”って人が常にたくさんいる組織/業界なんだろうと思います

焼かれるって・・・、業界用語かな?IBDもコン猿も使うような・・・
わからないですね・・・みんなオフィスの外ではそんなツライ話をしないので(汗)

私も焼かれるという言葉知りませんでした。シンタンク系でコンサルやってますが、うちの会社では使ったことないです~。

>うにょろんさん

なるほど!
そうなんですか~
なかなかここらへんて社外では確認つかないニュアンスの単語ですからね~
貴重な御意見ありがとうございまっす

まぁ…何より焼かれないように準備するのが一番なんですが(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。