スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛禽】高学歴わがまま就活生の秘めた強さ

ひさびさに猛禽類

適度なわがままぶりで周りを動かすかわいいお嬢様に会いました



やわらかい要求を次々と⇒

「これ…食べてもいいですか」
「揚げ物…とってほしいです」
「お茶…のみたいです」


とつぶやけば、周りがついつい動いてしまう

注意を引く手段は数多い⇒

構ってもらえずとも手近なもので一人遊び

風船あれば近くの人にぶつけてみたり。

コクコク…と、両手でグラスを持って飲んで空にしてみたり。

ふらー…と首をかしげてみたり。





▽…と、そんな彼女も高学歴かつ進路に真剣な就活生。
一見ちやほや甘やかされてきたように見えたが実は
話してて要領を得ない相手との会話はさくさく切る潔さ…と、ギャップがすごい(笑)


そして、聞いているうちに、やりたいことやりたくないことのハッキリしている子だと感じた。



これをわがままに感じる人もいるだろうが、
これだけ「自分を理解」して
「応募するシゴトのイメージとの相性」を
考えている人は…実際面接で強い。




例えば彼女は言う



「まず総合職バリバリはあわないんです、商社や金融の人と話してきて強く感じました」



じゃあ大手企業の一般職は?
事務系のシゴトを五時ピタで帰って…



「でも、いくらシゴトが楽でも、なんも特色のないOL一般職はいやなんです。なんていうか人間的に?話しててあんなに会社の待遇とテレビ旅行化粧品の話ばかりする方とは合わないなと感じて…」


(おお…そんなんおつぼねさんに消されるぞ笑 しかしその直感は大事だ)
好きな業種を見てみるとか?例えば化粧品とか


「嫌いじゃないけど、女性ばっかの環境下で埋もれて働きたくはないんです。」

なるほど…かといって男性と張り合う環境もいやだと

「そうなんです、でも女性としての強み弱みを理解しあえる環境でかつシゴトの難度が高くて…」

だとしたら…秘書職もいいかもね。プロフェッショナル意識が求められるし実力をつけて

邦銀一般職で入社
→秘書に社内異動
→外資系金融・コンサルの秘書
→投資ファンドのボスの秘書

のように職種でステップアップしていった人もいる

「あ…そういうかんじかもしれませんね。パパの友達の会社がそういうの募集してくれてたけど…」
さすがお嬢!(笑)

「私は自分の力で見つけたいんでみてみます」おお…なんと
就職氷河期だろうが怯まない心がけ◎
頑張って!あんたならいける!

これくらいハッキリ言えちゃうくらいの方が採用側も安心できるだろうね

新卒採用において面接官の様子伺いで

「なんでもできます!」とか言うやつは
「なんにもできません!」とほぼ同義


これは働いてからも同じ。
自分自身の理解すらできていない人に、いいシゴトはできない。

…自戒をこめて

*Today's Ranking*
コメント

No title

あかん、おれこおいう奴切り裂きたくなるわ(笑)

以前、スイーツに

“わたし~根性論むき出しの泥臭い仕事きらいなんですよね”

て言われてマジギレしかけたけど、大人気ないから

“俺、どっちかっていうとそおいうタイプだけど”

て言ったことがある。

No title

それなんとなくわかります


”貴方の働く業界はキライだけど・・・いまはやりの儲かる業界でしょ?なんか教えて”

という受身なスタンスの人、
特に外資金融志望の人に散見。



今回はそんないやな感じじゃなかったですけどね。

No title

だんだんお前の好みがリストアップされてきたな。笑

それなんとなくわかります



否、見たまま事実を述べているのみです
好みとかは極力排して挑んでおります

鉄の理性です
今後ともよろしくお願いします
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。