スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メジャー褒め」より、「ニッチ褒め」☆

男子を褒めおだてるのは比較的楽だけれど、

女子を褒めるのは難しい。

これは独身・既婚問わず、つきまとう悩み。

============


●外見的な面では、読者の皆様もさすがに
「太ったね」、「予定日はいつ?」とかはまさか言わないでしょうが
いずれにせよここは各々みんな星の数ほどのコンプレックスがあり、難しい。


→「痩せたね」とコメントしたら大ハズレ「ゼッタイそれはない!増えてるもん」とへこまれたり

→「色白だね」と言っても「ファンデ変えただけで結局地黒だし・・・」とか

→「ネイルがきれいだね」と言っても「今日は全然剥がれてるからダメ」とか

→「運動好きでしょう!」と言っても「脚太いから/肩幅広いってよく言われるからね・・・」とへこまれたり


いわゆるメジャーな褒め論点を、
(とりわけ外見的な)ファクトを交えて褒めるのは

見る目が相当養われていないとなかなか難しい
(夫婦間であっても、油断は禁物。)


============


●よし、じゃあ性格的な抽象的な面とかを褒めればいいじゃんか・・・ってのも要注意。

「やさしいよね」と言っても、
「なにそれ適当、、、みんなに言ってるでしょ?」

「賢い感じがいい」と言っても、
「なにその上から目線は?」

「明るいし社交的だよね」と褒めても、
「全然、本質見えてない・・・本当は知らない人に会うの疲れ・・・今この瞬間もね」

「一緒にいると楽なんだ」
とか序盤デートでいつも言っちゃってる男子は目を覚ましてほしい。

「貴方の成すこと話すことに興味がくて、波風経たないようにしてるだけだから!(察してよおバカさん)!」


結局、貴方の見る目のなさ/力不足感がゆえに
無難なコメントに飽き飽き、気分も上がらず。
いわゆるメジャーな褒め論点は、
性格的なファクトを推測して褒めるのも

見る目が相当養われていないとやはり難しい


===========

そこでとある遊び人が解決策として提唱していたのが


「メジャー褒め」より「ニッチ褒め」

1.案外誰も着目しないニッチな(女子から見て褒められ慣れていない)ポイントを

2.客観的な(ex.肌質がいい)論調ではなく、主観的に(ex.肌触りが好きだ)褒める。


例として上がっているのは



・髪質が好き 


・声が好き  


・瞳が好き 



などニッチな部分。

・コンプレックスを抱く女子に否定的解釈をさせない
(だって主観的に好きと言ってるだけ、綺麗とか優れているとか言ってない。)

・とにかく具体的な訴求ポイントを絞る
(美人に対して単に美しいと抽象的に褒めるのは、
この味噌汁からは味噌の香りがしますねと指摘するくらいに芸がない。)



のがポイントなんですって。


中には、告白速攻で

・抱いた感じの華奢な感じが好きとか
・いやだっていっても話したくない
(※ twitterでの某「合コン即カップル追跡TimeLine @渋谷道玄坂」に詳しい)

一見踏み込みすぎな成功例も聞きましたが(笑)
一般論には展開しがたいでしょう。

===========


気になる人を/好きな人を、
褒めるのであれば、それこそ
マーケッターなみに、クライアントの気持ちを考え抜き
コピーライターなみに、伝える言葉を考え抜いて
伝えられたら最高ですねー。



blog_ranking



テーマ : 複雑な心。 - ジャンル : 恋愛

コメント

はじめまして。

へぇ~面白いですね。

へぇ~

・・・といただき、ありがとうございます◎
引き続きどうぞよろしくです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TSE より

しかし。その後のライブドアニュースやグッドウィルグループの介護報酬の不正請求ニュース。08年9月のリーマン・ブラザーズ証券の経営破...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。