スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳のときに知っておきたかったこと~スタンフォード大学集中講義

2010年一押しの一冊になりそうだ。

「いま、手元に5ドルあります。二時間で出来るだけ増やせと言われたら、みなさんはどうしますか?」

冒頭から、こんな集中講義の課題で始まる。
たいていこんな考えが出てきますよね。


「ラスベガスにいく」「宝くじを買う」と言うように、
ごくごく低いチャンスにかける庶民的な発想


あるいは


「レモネードスタンドをひらく」というような、
元手を小さくスモールビジネスでそれなりにリターンを目指す
少々賢く常識感のある発想



一読した瞬間、頭に浮かんだのは


私も恥ずかしながらそういった”ありきたりな”考えの域を出ませんでした。



ところが!



目の覚めるような答えを出す学生達がいるんだ。



この課題に向き合ったクラスの


投資リターンの平均は
5ドルに対して4000%にもなったと。


ルールにとらわれない発想を。




常日頃考えていながらでも、ついつい
働いているヒトさながらの常識にとらわれているような焦燥感にかられる
全てのヒトへ。



自分は優秀だという思いこみを捨てて



この本に触れてみて欲しい。


なんなら貸すよ?

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
(2010/03/10)
ティナ・シーリグ

商品詳細を見る

テーマ : お勧め - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。