スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜマッキンゼーは強いのか~戦略コンサル世界史②~

戦前からあったわけですが、

特に戦後にめきめきとチカラを伸ばしたのが
組織戦略コンサルティングの
マッキンゼー・アンド・カンパニー

第二次世界大戦後、日本は当然として、欧州列強も国力が疲弊していた時代、アメリカの企業(特に工業を中心に)は積極的に海外展開をしていった。多角化をして複合企業(コングロマリット)も増えた。

すると、例えばいままで米国内で数千人を見ていた経営者が、数万人の面倒を見なくてはいけなくなったりする。どうすればいいの?

組織戦略とは、たとえるならそういうこと

この分野は、比較的

「一社で成功した事例を他社に当てはめやすい」

※コンサルでは (通称:ヨコ展開) と呼ばれる
当然今はこんなんで食っていける時代ではない


この時期に一気にマッキンゼーを伸ばし、
確固たる地位を築く立役者となったのが、
マービン・バウアー
創業者のジェームズ・O・マッキンゼーより有名かもしれない・・・


その創業者が亡くなってしまった際に分裂が起こり

ニューヨーク事務所はマッキンゼーとして残り

シカゴ事務所は、今の

A.T.カーニー となったそうな


続く 戦略コンサル世界史③(NEW)

テーマ : 転職 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。