スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FAQ】エントリーシート高倍率突破のために①

よくある質問について

学歴があれば書類は通るだろ、なんてなめてはいけません
特にESで落とされる率が高い業界(=高倍率)


理系研究職(製薬・化学・食品)
外資系(コンサル・投資銀行)
マスコミ(テレビ局)


などを受ける方は注意してくださいね。



Q1.提出は早い方が良いのか、締切まで粘って練った方がいいのか?


A1.(提出)
早い方が良い。理由は主に2つ

・後になるほど、そもそも印象が薄れやすい、相手は何千本もESを読むのだから
・後回しにすると、他のインターンのES締切や期末試験が近づいて結局、物理的にクオリティ落ちやすい

(実際統計的にもそう、締切ぎりぎりのヤツとかクオリティ低い率が高いんですよね)


Q2.分量は多すぎたり少なすぎたりしてもよいのか


A2.(分量)
内容ちゃんとあるなら少なくてよい。

理由: 冗長なのがイチバンうざい。読みやすい量で。相手は何千本もES読むその苦労を忘れないで。

方針: 「たくさん書いて、いらないところを削って磨き上げること」 文字数足りないからとろくでもないことを書き足す必要は無いです。

指定字数があるときはその八割~10割を目安にすると良いかも
ただあくまで、守らないから落ちるというわけでもありません
内容第一。




Q3.ESの書式は手書きが良いのか、ワードがよいのか?




A3.(書式)
まったくもって、どうでもよい。
指定があるなら従えば良いし

書き始めはWORDで書いた方が文章の添削や推敲がしやすいよ、とだけいっておきます。
そのあと手書きで清書するのは気が向いたらやったらよいのでは。内容第一!



手早く書いて、内定した先輩や社会人の先輩に
Wordで送って添削してもらう
大学の就職相談室/キャリアサポートセンターの人などに
とにかく添削を依頼しましょう

それが高倍率突破への第一歩です


つづきます◎
***そのほかの就活系人気Blogもcheckしてみよう***

テーマ : 転職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。