スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループディスカッション事例”外資系投資銀行の場合”

相変わらず忙しいですが・・・
大学生も前期試験が近いから忙しい時期なのだろうけれど

夏のインターンの
エントリーシートが順調に通った後輩たちは
ぼちぼちグループディスカッションに呼ばれてるみたいだ



外資系投資銀行のGDは、その答えを重視しないで
キャラを見抜くために用いられる場合が多い
というのも
人数多くて・・・次の面接に通すやつを決めるための足きりに使われることが多いから。

※他の業界とはGDのお題や見ているポイントが違ってくる


【お題】

成功とは何か、キャリアとは何か…ゴールドマンサックス

少子化問題を解決するには…ドイツ銀行

女性がはたらきやすい環境をつくるには…モルガンスタンレー


とか。まぁとにかく答えはなんでもいい。
時間は10分とかだし、
ディスカッションにするにはそもそも短すぎる。
発言数を稼いで、

○ああこいつなんとなくまとめてるな、自信みなぎってるな、あと自分勝手に暴走もしてないな、と思わせる
○俺様状態で暴走している人がいたらグループみんなを率いて落ち着かせましょう
○面接官と会話を意識!終了間際に逆質問など、できるだけ印象付ける、


自分の名前と印象を覚えさせる



あとは、面接官との空き時間会話対策として

●お金好きっす、なぜなら…

●大学時代に打ち込んだことは…

●誰にも負けない自分の長所や実績は…

というような問いに当てはめられそうな
具体的エピソードを話せるよう用意しとく


くらいかなぁ

まずはGDで足きりされませんように・・・
皆様の健闘を祈りつつ・・・


テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。