スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.50】戦略コンサルGD例”ドリームインキュベータ選考概要”

おひさしぶりです。
京都方面ではもう始まってしまったかも…

エントリーシート通過後のお話。
以下は、グループディスカッションの一例として
最も倍率の高いドリームインキュベータ(DI)の例
を示しますが、

その他の戦略コンサル…たとえば
アーサー・D・リトル・ジャパン (ADL)
モニターグループ        (MG)
アクセンチュア戦略グループ   (ACN)

でも見ている点や内容はほぼ近いものと思ってください


●一次グループディスカッション

昨年は「海外への留学者数を二倍にするには?」というお題だったり

するとまず考えるべきは定義なのかな。
●誰がこのお題で依頼してるの?国?じゃあ国のできる範囲での対策になりそうだね
●いま現在どういう人々が留学しているのか?

高校生?
大学生?
社会人?

で、だいたいどれくらいの人数がいるのか…よくわからないので、
日本の人口12000万人を平均寿命80歳で割って一世代を約150万人とさせてください。

だから
高校生は150万×3で450万人
大学生は進学率50%×150万×四年間で約300万人

というように概算して考えていきますね。

※概算力もコンサル系の面接のポイントのひとつ

あとは留学者はそのうち何割くらいいるか考えてみてください。
それから、どのセグメントを狙えば全体で二倍になりそうか、をみんなで議論。

答えがあってるかはどうでもよい。ま、楽しくね◎
グループディスカッション通過者はその日のうちに


●グループ面接3対1に臨みます。

「簡単に一分以内に自己紹介してください」
そのあと、気になる人を中心にエントリーシートの内容を突っ込んでくる
「それはなんでですか?」
「それはなんでですか?」
「そう考えるに至ったあなたの価値観の根底にある経験って何だと思いますか?」

たとえば、こう三回突っ込まれても答えられるくらい考えておこう。
あなたの人間性を知ろうとかなり突っ込んできます
自分のことについても深く考えさせられる…厳しいですが、タメになる選考内容です


gakusei blog ranking

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ういっす

↑めっちゃ役にたった。


DIでは議論をリード、人に受け入れられる意見を言う、というよりも・・・

事前の指示通り「問題を構造化」した人が通ってた。

つまり、4人の中では一番、流れを重視しないというか、自分の意見をガシガシ言う子。

お題は「犬の市場規模」だったんだが、その子が、

「衣、食、住、その他」の4つのブロックで商品を分類したのな。

それを提案した時点で「決まった」みたいな感じだったのかな。


いわゆる「鋭さ」というか、そういう視点が足りてなかったよ。


俺は、みんながブレストみたいにアイディアを出しまくってたので、ひとまずこんな流れで議論しませんか、見たいなことを言った。

でも、議論の方向性や時間調整、みんなの意見と違いすぎることを言わないことに気をとられすぎて、クリティカルな一言:発想力がなきゃ言えないこと、を言うことができなかったんだわ。


しかしこれがホントに戦略ミスであって、頭の問題でないと思いたい。

ほんま精進しますわー◎



次回は7月26日にドイツ銀行内定者呼んでGDやる企画をしてる♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。