スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商社の選考プロセス(ES、筆記)

商社の選考プロセス・・・?

四月からだから、そんな焦る必要はないですよ
ただ、OB訪問とかは忙しくなる前に早いうちに行っておきましょう

以下、選考フローと主な注意点のみ

大手はほぼ同じタイミングで選考が進みます、
各社人事同士が通じ合っているので、
「他者の選考状況は?」という問いに対しての嘘は・・・、言語道断デス


●エントリーシート
(注意):ES通過後に、案内メールが到着・筆記予約可能になるが、
     すさまじい速さで、他社と併願しやすい時間帯からがんがん埋まっていくので…

2007年の筆記日程例:
 4/1~2(三菱商事・三井物産)
 4/1~3(伊藤忠)
 4/2~4(丸紅)
※電通の筆記が4/1~2 
など、とにかく日程がかぶる、時間帯選択がちょいと重要

(対策):携帯メールへの転送など、すぐに選考結果に気が付くようにしておくとよいかも、特に高学歴ではない人の場合、表示される筆記の枠がそもそも少ないなどの声も聞くので



●筆記試験
(傾向):SPIを難しくしたようなかんじ、やや英語重視、7割が落ちるとか言われていますが、
     四月までに、外資系の選考などで難しい筆記試験を受けてきている人は、ゼロ対策でも通るくらい

(注意):遅刻厳禁
    本社ではなく大規模な会場ゆえ駅から迷いやすかったりするが、
    そもそも応募者が多すぎるための足切りテスト、時間帯ずらそうにも空きスロットルがなかったり
    高学歴だから、OB訪問で顔を売ったから、許されるかな?などと甘えないこと

通過後は、一次面接の日程押さえあい、4/6~8前後?に集中
これも、ほぼ同時期に一次面接の案内がいくつもかぶる
そして通過すると・・・


***就活生向けBlogランキングもついでに***


続きます<

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。