スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資系石油メジャーに乗り込んでみる!?

多彩すぎる外国人たちとの合宿
毎週膨大な量の課題が出され、毎週テスト、60点を切ったらクビ・・・合間合間に石油掘削、石油精製の実習があり・・・宿舎では食習慣も文化もあわない(牛だめ豚だめetc)同期と共に食べられる数少ない主食のインスタントラーメン(肉エキスなし)とオレンジジュース・・・

華やかさとは縁遠い?
とある国際石油資本に乗り込んだ
著者の苦労のエピソードがちょっとだけ載っている本

すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!
(2005/05/18)
大橋 禅太郎

商品詳細を見る


でも、この本の本質(読んでほしい理由)は、
ユダヤ人の師匠から学んできたという「すごい会議」の方法論!

と、それを実際に用いて急成長していくベンチャー企業の実話。
このすごい会議を知っていたから、
成功に近づいた、意思決定が早まった、仲間は散らなかった・・・


”足掛け30年練ってきたことだから、まずはそのまま真似してみてください・・・アレンジはそれから”

という著者の自信みなぎる一冊!!!




さて、後輩が受けるとか言っている
最近水面下で注目を集めている外資系
国際石油資本!石油メジャー
何気に新卒採用もあるんです


アラブの石油王と結婚するんや!とやるきあふれる娘もいたな、がんばれー!!!



たぶんこの石油メジャー業界を目指す方法は大きくは2つあると思ってて

●石油の権益にはちょっと遠いけどまずは日本法人に入って、グループ内転職を積み重ねていく
という方法(いわゆるGE方式)

●第一線の現地法人(中東、露、豪、東南アジアなど)に英語とタフネスを武器に攻め込むと言う方法(冒頭にあるようなややエグめの外資系モロな環境?)

かなぁ
コンサルから転職していく先輩もごく稀にいます


以下はいわゆるBIG3

エクソンモービル
http://www.exxonmobil.com/Japan-Japanese/PA/Jobs/JP_Jobs.asp


ロイヤルダッチシェル(英語しかないよ・・・)
http://www.shell.com/home/content/careers-en/student_graduate/dir_students_graduates_07082006.html


BPジャパン
http://www.bp.com/sectiongenericarticle.do?categoryId=1016&contentId=2018935




最後におまけ
行きたくなった人はやってみる?
石油開発技術者適性チェック(笑)
http://www.japt.org/abc/



だ・・・ダメだこりゃ
私にはどうやっても難しそうです。
いけそうな人、おしえてくださいませ(笑)

異業種メディチ効果からのヒラメキ【No.100】

100回目の投稿になります
いつも応援ありがとうございまーす
こんばんは、最近は公私ともにすこぶる好調です


早く終わったのでひさびさに友達(まったくの異業種)と
会って話してたんですが、それは偶然に
「おおっ、これは!」「その視点があったかー!」・・・と
閃きが、来た、というか
的確な表現をするなら、キターーーー!!! でしょうか
どんだけ語ったやら・・・本業のミーティングに匹敵する濃さであった・・・


このような(?)状況をメディチ・エフェクトと名づけた人がいます



そういえばご紹介していなかった、2007年最も心に刺さったビジネス書!


メディチ・インパクト (Harvard business school press)メディチ・インパクト (Harvard business school press)
(2005/11/26)
フランス・ヨハンソン

商品詳細を見る



▼この本のイチバンのメッセージは
異なる分野や学問、文化が交差する場所では
新しい非凡なアイデアを生み出すことができる

ということ

たとえば、
イタリアはフィレンツェの銀行業で財を成した富豪メディチ家
その財力で、画家や彫刻家、哲学者、科学者、金融業者、建築家などを保護したため、
多才な人が集結し、結果あの街のあの時代の繁栄(ルネッサンス)を花開かせた・・・と
(※ホント、フィレンツェ行くと感動しますよ!!)


これが、この本のタイトルの由来


▼そんな、歴史話だけでは胡散臭いけど
読者のあなたにも起こせますよ
実は近現代のビジネスでも、そんなメディチ・エフェクト起きてます!
というお話
で、その実話がまた興味深いんだもう!



たとえば・・・


アリと、トラック運転手
隕石の衝突と暗号解読
ヒースロー・トンネルと、食べ物のないレストラン
ペンギンと瞑想
暴力と、学校のカリキュラム
飛行機と、連続起業
一頭のゾウと無差別爆撃
 
       


えっ?えっ?何で?何の関係があるの?


と疑問に思った(まっとうな)人は、
読んでみるとかなーり、面白いかも
そんで、私とくだらない/とりとめのない雑談をしましょう
貴方に何かヒラメキが訪れるかも




--------------
▼あー・・・とりとめもない夢をひとつ。
物欲・所有欲が薄くって、お金でモチベーションがあがるタイプではないんで難しいですが
もし、、、稼げたら


メディチ・エフェクト・カフェ   創りたい



奇才・鬼才・変態(?)と楽しい議論をして
くだらない企画を連発していた学生の頃を思い出しました



また損得勘定抜きに、少人数異業種交流会をやりたいな
イヤ、そこで思考止めたらダメだな。
・・・やります!決めた!今年度中に第一弾を!
それが、メディチ・エフェクト・カフェの礎になるかも、ならないかも
まぁそこは期待せずに、楽しく

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

国際貢献をシゴトにする方法っていろいろありそうですよ

【遠い将来を見据えた…課題図書】(※あくまで個人的な)

貧困の終焉―2025年までに世界を変える貧困の終焉―2025年までに世界を変える
(2006/04)
ジェフリー サックス

商品詳細を見る



国際貢献に興味ある人はぜひ読んでみてね。某コンサルのボス級もおすすめしていた。

荒唐無稽な持論でも、現地の写真で問題意識を煽るだけの本でもない。
なんか難しいタイトルだが、意外と事前知識が薄くても理解しやすい。

・なぜ繁栄を享受できない貧しい国があるのか
・貧困をなくすための解決策は?
たとえば…

と、問題点を整理して把握
解決するには大きく三つ~四つの方法があるけど…
それが実践されていない理由はそれぞれ…

とか非常に説得力のある文章。さらに、

・なぜそれを我々がすべきか

にまで踏み込んでいる。ボリュームありすぎなのでちゃんと二周目読みたい。



▼頂点を極めたコンサルのボス級の人たち(お金や人的資源は十分)が
目指す目標のひとつが…インパクトのある社会貢献。

お金稼げたからもう働くの辞ーめた!

ではなくて、彼らが今も働いているのは…いろんなカタチで社会貢献するため

・理想のビジネスマンを育てるための大学院をつくったり
・理想の企業をつくるため起業する人もいる一方で

コンサルとして本業を続けながらでも、
個人レベルで国際貢献するNPO法人に力を貸したり、
ファーム(会社)レベルで本業を生かしてコンサルタントを派遣したりする
国際貢献組織の物流効率化や組織運営を助ける例が多いが、
たとえば、僕らが100円の募金をして41円分しか現地の人に届かなかったところを、
79円分届くように改善したり…というカタチでインパクトを出す。



▼一口に国際貢献したい!と言っても方法はいろいろありそうですね

・直接現地に飛んで個人で動く
・稼いで金を寄付すればいい
・就職活動で国際協力機関を目指す(省庁から派遣されるのもあり)
・その国際協力機関の改善に当たる(コンサル各社はプロボノという無償国際協力活動的なものをやってたり)



▼正直、自分のこと(キャリアとかプライベートとか)で
手一杯で国際貢献とか考える余裕はなかなかないけど…

日々働くなかでちょこっとずつ、
他人への社会への恩返しをどうしたらできるか思い返す時間をつくっていけたら…と

そう思わされた一冊です。


*新年からランキング確認!*


多くの社会人は明日から仕事始めですなー
就活生も本腰入る時期
内定者は入社準備と論文に追われ・・・
今年も頑張っていきましょう◎

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

スナフキンと朝五時帰宅ラッシュと奴隷根性

▼京都から来た旅人を泊めて毛布を貸したのが月曜日。

薄いカバン一つとスーツ姿で内定先企業に呼ばれて来たらしいが

ど う い う わ け か

昨日また会うことになったんだ、
また上京か忙しいやつやな、こいつ格好変わってへんな、
寒い寒い言いすぎやろ

…と思ってたら

6days 関 東 放 浪


コートも手袋もマフラーも無く
関東を放浪していたらしい
泊まる気ないのに勢いで!
いっちょうらのスーツとかばんのみで・・・



装備貧弱www




そんなスナフキン

浮き世離れした彼の就職先は日本有数のゆる~い某財閥系大企業…(詳細は追って書きますが)

「シゴトに求めるものはなにもない、余暇を楽しむ、九時~五時!」
という、覚悟の決まったいさぎよい態度で就職活動をしていたためサックリと決まる強いコ…



▼そういや街は妙に混んでいたけど、世間は忘年会シーズンなんですね
最終の山手線は混み方がすごかった、ほんま溢れて終電乗れない人も!
だもんで、朝五時の山手線もやたらと、終電のようなテンションで混んでいた。



そんなに忘年会?そんなに忘れたいことが多いのか?




あまりに混み過ぎててそんな疑問が浮かんだ。

大勢で飲むのは嫌いじゃないが
忘年会という響きはあまり好きじゃない。
しんどいことは多々あったけど忘れたいことなど何もない
友が遠方より来たる…なんというか李白的な精神で
どうにか激務な中、都合をつけられた…だから、飲んだだけ。以後よろしく。

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
(2007/07/12)
戸田 智弘

商品詳細を見る

みんな、愚痴を言う前にまずこの本を読んでくれ
きっとひとつは心に刺さるメッセージがあるからさ
・・・と、(たぶん)道行く酔いどれリーマンには届かないメッセージ
サラリーマンを辞める根性もないのに文句ばかりはかっこわるいよー
僕らの仕事にはみんな多かれ少なかれ、理由がある!




▼さらにスナフキンの素直な疑問は続く

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。